森の散歩道

近くの丘陵や公園でバードウオッチングを楽しんでいます。

ジョウビタキ モズ

2017-03-20 | 水辺の鳥

 前ページのミコアイサを見た河原で、ジョウビタキくんが愛想よしでした。

今季はもうジョウビタキと会えないと思ってたのですが、まだいたのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 木の天辺に止まっていたモズ  灰色味が強い個体でした。

モズは百舌と書いて、雄は他の鳥や動物などの鳴きまねが上手ですよね。鳴きまねをするのは、メスの気を引いて誘う求愛だそうで、

これからいろいろな声が聞かれそうですね。

 

 

 

 ホオジロを、あちこちで見かけるようになりました。

 

 

3月19日第三日曜日環水公園の日に、水鳥観察会がありました。冬鳥のカモたちが少なくなり、ミコアイサもいなくなると急に水辺が寂しくなった感じがします。

代わりに野鳥舎の周辺へ飛んで来る野山の鳥たちが賑わっていました。観察した水鳥13種 野山の鳥10種

今年3月で水鳥観察会が終りましたが、4月からはカヌー体験や他いろいろなイベントが始まるようです。

 
にほんブログ村
 ご訪問ありがとうございます。

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミコアイサ | トップ | ビロードキンクロ♂♀ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (畦夢)
2017-03-20 16:20:11
ジョウビタキを綺麗に撮られていますね。
こんな姿はしばらく見せてもらっていません(笑)。
環水公園の水鳥観察会が終了したのですか。
それは淋しいですね。いろいろイベントがあると
鳥たちも来にくくなるということもあるのでしょうけど・・。
ジョウビタキ (korekore)
2017-03-20 22:05:39
こちらでもまだ元気に闊歩していますよ。
飛来してきた日に気持ちが行きがちな私ですが、いなくなる時に注意を持っていくことも
面白いかもしれませんね。
モズを百舌と書いて物まねが上手なこと、よくわかりました。
ジョウビタキ (鳥魅童心)
2017-03-20 23:17:29
冬鳥、いまだ健在!
綺麗な雄ですね。
今日、いつもの森に行きましたが、あちこちで歓迎してくれました。
こちらでも、まだ楽しませてくれています。
水鳥観察会、お疲れ様でした。
ご苦労もありますが、いろいろな方とお会いできる楽しみもあったりして、ちょっと寂しいような・・・。
畦夢さん (kogamo)
2017-03-21 08:47:33
ありがとうございます。
ジョウビタキは逆光で、角度も良くなかったんです(^^;
畦夢さんもジョウビタキをしばらく見られてませんでしたか。
私はちょっと懐かしかったです。(^^
環水公園での冬季の水鳥観察会が4年ほど続いたのですが、
年々カモの飛来が少ないこともあり、(公園管理の主催者の方が)今年で止めることなりました。
観光が優先すると、鳥たちも敬遠してしまいますね。(-"-)
korekoreさん (kogamo)
2017-03-21 08:56:15
ありがとうございます。そちらもジョウビタキが健在なのですね。
そう言えば、梅や桜絡みで撮られている方もいらっしゃいますよね。
いつまでいるのかなあ?と見ているのもいいかも(^^;
モズは、秋の高鳴きとは違って、春は可愛らしい声で鳴くのでちょっとカッコよく見えました。(笑)
鳥魅童心さん (kogamo)
2017-03-21 11:05:05
ありがとうございます。
まだ3月ですから、冬鳥がいても当たり前ですよね。
夏鳥との交代は4月末頃になるのでしょうか?
いつもの森へ行って来られたのですね。楽しそうです。

ここの公園では、観光船が運行しやすいようにカモの餌になる水草が全面的に刈られてしまうのです。
それで、飛来するカモの数も年々少なくなり寂しくなりました。
Unknown (おおむらさき57)
2017-03-21 19:39:56
ジョウビタキ、まだいるんですね。
私も神奈川で、一度だけ出会うには出会えましたが、完全にチラ見状態でした。
もう一度・・・と思いながら、会えずに奈良に帰ってきました。
おおむらさき57さん (kogamo)
2017-03-21 20:14:39
ありがとうございます。
ジョウビタキはもう少しゆっくりして行くみたいですね。
おおむらさきさんも、神奈川で見られましたか。
お忙しい中、時々鳥見をされてましたね。

奈良にお帰りになられたのですね。お疲れ様でした。
これからまたきれいなお写真をたくさん撮って見せてください。楽しみにしていますね。(^^
Unknown (自然を尋ねる人)
2017-03-21 21:01:33
畑を耕運機で耕しました。
カブトムシの幼虫が出てきました。
目ざとく見つけた百舌君、私を見ながら幼虫のそばと
木の枝を行ったり来たり。
百舌が遠ざかるとジョウビ吉君が来て餌をとります。
百舌が帰って来て追い払います。
かぶとの幼虫はまだそのまま、
カラスが2羽やって来てさらっていきました。
ああ面白い鳥の世界!
自然を尋ねる人さん (kogamo)
2017-03-22 05:18:51
わあ~っ 面白いものを見られたのですね。
人が畑仕事をしている時に、モズやジョウビタキが近くへ来てよく見ていますよね。
モズとジョウビタキの縄張りが一緒なのも珍しく、とても興味深いです。
最後はカラスのものになってしまったんですね。悔しいですね。
私もそのような面白い場面に出会ってみたいものです。( ^^)
ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。