ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2017-06-02 09:40:42 | 日記

◎どこまでも信心が根本◎

ただ心こそ大切なれ、いかに日蓮いのり申すとも不信ならば

ぬれたる・ほくちに・火をうちかくるが・ごとくなるべし、

はげみをなして強盛に信力をいだし給うべし

◎名字の言◎

先日、行われた第13回卒業式。多くの卒業生が、両親、友人、

教職員、そしてスタッフへの感謝を口にした。ある卒業生は、

「普段の生活で、スタッフと接する機会は、ほとんどありま

せんでした。しかし、陰の献身が、最高の学習環境を支えて

くれたのです」と▼支える人の「喜び」と支えられる人の「感謝」

。心の共鳴が、美しいキャンパスを形づくっていた。学生を第一

に思う創立者の心が生きていた。(芯)

〈寸鉄〉 2017年6月2日

 「いよいよ道心堅固にして今度・仏になり給へ」御聖訓。青年よ祈り勝て
      ◇
 杉並よ好機は今!縦横無尽に動き、語り捲れ。東京凱歌の突破口を断固開け
      ◇
 豊島女性の日。婦女一体の輝きは太陽のごとく!勝利即幸福の歴史を共に
      ◇
 障害にぶつかる程強さを増す―偉人。天才は努力の異名。使命の地で勇戦

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。