ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2016-10-19 08:09:25 | 日記

◎唱題根本に不屈の人生を貫く!

         「大事に小瑞なし、大悪をこれば大善きたる。」

◎名字の言    米サンタモニカカレッジのツァン元学長は「自他共にそなわる

         人間性を発揮するためには、互いを認め、たたえ合う交流の場

         が必要」と。一人一人の奮闘に耳を傾け、温かなエールを送る。

         挑戦と努力を心からたたえる――皆が主役となる創価の集いこそ、

         人間の善性を薫発する最高の舞台だ

◎寸鉄      青年を育て自分より偉くせよ―これ学会の伝統。わが地域に人材の流れを
            ◇
         人は信念を求めなければ生活が空虚になる―文豪徹して行学の二道に挑め

◎新・人間革命 源流四十

         伸一は、指導者たちが、未来の発展のために、インドの深き精神性を青少年

         に伝え、教育に力を入れようとしていることを強く感じた。二十一世紀の世界

         を考えるうえでも、極めて重要な着眼点であると思った。物心両面にわたって、

         子どもを守り育てていくことは、大人の責任であり、義務である。「すべての人

         を尊重せよ。しかし子供の場合は普通の百倍も尊重し、その汚れを知らぬ魂

         の純粋さを損なわぬよう努めよ」(注)とは、ロシアの文豪トルストイの箴言である。 

         社会の新たな改革は、未来からの使者である子どもたちに、希望と勇気の光を

         送るところから始まるといってよい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。