ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2016-10-25 08:34:22 | 日記

◎夫婦愛が咲かせた“花の小道

        「ただ女房と酒うちのみて南無妙法蓮華経と・となへ給へ」

◎名字の言   1978年(昭和53年)7月、池田SGI会長は小豆島を訪問。

        2度の台風により甚大な被害を受けた同志を激励した。

        “一生懸命、信心に励み、20年、30年たてば、格段の違い

        になる”――SGI会長の言葉を胸に、友は力強く前進した。

        今、小豆島のあちこちには、“功徳の果実”が大きく実っている。

◎寸鉄     広布の大願に立った団結こそ勝利の根本―恩師。「11・18」へ同志と肩組み
         ◇
        人間の偉大さとは絶えず自己を再創造する事に―哲人。挑戦と成長の劇を
        

◎新・人間革命 源流四十五

        新しき朝は来た。人間のつくった差別という歴史の闇を破るのは、

        人間の力である。その三カ月後の十月、インドを訪問した伸一は、

        大統領府を表敬訪問し、ナラヤナン大統領に長編詩「悠久なるインド 

        新世紀の夜明け」を贈った。また、二〇〇四年(同十六年)十月、伸一

        は二年前に大統領の任期を終えていたナラヤナンと、聖教新聞社で

        七年ぶり四度目の会談を行った。この日本滞在中、創価大学から名

        誉博士号が贈られている。「民主主義の本質は、民衆の幸福に尽くす

        ことである」(注)――これは、ナラヤナンが大統領の任期を終えるに

        あたって議会で語った、ガンジーの不滅の言葉である。

        

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。