ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2017-07-10 12:39:08 | 日記

◎今週のことば◎

光の未来部は「法華経の命を継ぐ人」

全員がダイアモンドだ。

真心の励ましの声で宝の命を輝かせよう!

◎名字の言◎

「病によりて道心はをこり候なり」(御書1480ページ)と。

「病気さえなければ全てうまくいくのにと思っていました。

しかし教学を学び、病気が大成長の力になると知ったのです。

未来が開けるようでした」と、壮年は笑顔で活動に励む

池田先生は「御書には、『希望の中の希望』が説き明かされている」と。

教学試験の意義は、仏法の哲理を学ぶだけではない。

一人一人が人生の勝利へ出発する起点となる。(剣)

〈寸鉄〉 2017年7月10

 会長ほど世界を結ぶ生き方を広げた人はいない―韓国識者。魂継ぐ弟子に
      
 山形の日。今いる場所で信頼を拡大!同志の奮闘こそ幸福の理想郷築く道
      
 さあ行こう!我々は立ち止まってはならぬ―詩人強き祈り根本に日々前進
      
 男性の産後休暇の取得は56%。夫婦支え合う時代。地域社会も協力の連帯を
      
 車の速度30キロに制限する区域導入で人身事故3割減と。命守る対策さらに

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。