ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2017-07-17 10:57:12 | 日記

◎今週のことば◎

生き生きと友情を育む「友好拡大」の夏!

後継の人材が伸びゆく「信心継承」の夏!

力強いい唱題のリズムで。

◎名字の言◎

文豪トルストイは「われわれは他人のために生きたとき、はじめて

真に自分のために生きるのである」(北御門二郎訳『文読む月日』

筑摩書房)と。友のために行動する中で自身の宿命転換を果たしていく。

学会活動の意義もここにある▼トルストイは先述の言葉に続けた。

「一見不思議に思われるけれど、実践してさえみれば、本当だとい

うことがわかるだろう」(速)

〈寸鉄〉 2017年7月17

 「大阪大会」60周年。正義は必ず勝つ!弟子の闘争で新たなる常勝の歴史を
      
 力は常に快活さとともに―哲人。笑顔咲く座談会は広布の推進力。楽しく
      
 人類に尽くす若者の育成が学会の目的―戸田先生わが地域の後継を大激励
      
 特殊詐欺が都内で急増。不審電話は「平日昼」が大半と。賢く見破り撃退
      
 温暖化対策せねば破壊的―報告書。国超えた課題。地球規模で取り組み急げ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。