ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2017-06-19 10:06:20 | 日記

◎今週のことば◎

「一度も退く心なし」大聖人直結の勇気で

祈り抜き、走り切ろう!「水魚の思」の同志と

励まし合いながら!

◎名字の言◎

悩みや困難に直面すると、絶望して諦めるか、何とかなると甘く

考えてしまうのが人間のさが。だが、それでは何一つ変わらない。

環境に委ねる受け身の心を排し、「必ず打開してみせる」と決め、

自ら行動を開始することだ。過去は変えられないが、現在の行動

で未来を変え、過去の意味を変えることができる。強き祈りは、

その偉大な一歩である▼今月の座談会拝読御書では、広宣流布の

激戦に臨む姿勢を学ぶ。人を頼る心や中途半端な気持ちを退け、

「但偏に思い切るべし」(1451ページ)と。直前の御文では

「責めて」「責め給へ」と、折伏精神を強調されている。これが、

日蓮大聖人が示された勝利の方程式である▼広布と人生の勝利へ、

一日一日を大切に、黄金の自分史をつづっていこう!(川)

◎〈寸鉄〉 2017年6月19

 「只法華経の事のみさはくらせ給うべし」御書。信心を貫け。そこに栄冠
      
 調布・狛江よ強気でいけ。対話の大旋風で逆転を!新時代の東京凱歌を共に
      
 中野が力闘。破竹の勢いで反撃だ。激戦勝ち抜け。皆で勝利と歓喜の万歳を
      
 勇者は運命に逆らっても希望を捨てぬ―歴史家。負けじ魂こそ創価の本領
      
 熱中症は条件さえ揃えば誰もが発症―医師。水分・塩分補給を。油断排して

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。