ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2016-10-13 10:07:52 | 日記

◎永遠なれ創価の大城

        冴え光る 宇宙の英知が 名月を

           心に抱けや 御書とともに

◎名字の言   現状に満足せず、あえて困難を選び、新しい挑戦を開始する。

        その勇気こそ信仰者の真髄ではあるまいか。そこに真の幸福と

        安穏があることを、師と幾多の同志の人生行路が証明している。

◎寸鉄     指導者は御本尊の功徳の偉大さを伝えよ―恩師。信心の息吹が組織の命脈
         ◇
        配偶者に日頃の感謝を伝える夫婦ほど「円満」と。思いは口に出してこそ。

◎新・人間革命 源流三十五

        山本伸一は、ガンジーの碑に献花し、祈りを捧げながら、深く心に誓った。――非暴力

        の象徴たる対話の力をもって、人類を結び、世界の平和を築くために、わが生涯を捧

        げていこう、と。さわやかな風が吹き渡り、木々が揺れた。献花のあと、一行は、管理者

        に案内され、園内を視察した。太陽の光を浴びて緑の樹木は輝き、色とりどりの花々が

        咲き乱れていた。敷地内の一角に、「七つの罪」と題したガンジーの戒めが、英語とヒン

        ディー語で刻まれた碑があった。――「理念なき政治」「労働なき富」「良心なき娯楽」

        「人格なき知識」「道徳なき商業」「人間性なき科学」「献身なき祈り」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。