ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2017-03-30 09:44:04 | 日記

◎感謝の一念で広布拡大の波を

「一切の草木は地より出生せり、之を以て思うに一切の仏法も

又人によりて広まるべし」

◎名字の言◎

「歌う」には「うったう、訴える」意味がある。作家の石牟礼道子さんは、

漢字学の大家の見解を通し、「人間の力では及ばないものに訴える、究極的

には訴えるしかない、歌うしかないという、そういう魂の呼びかけとして言葉

が汲み上げられたんではないか」と(『蘇生した魂をのせて』河出書房新社)

太陽会の万葉集から聞こえる「魂の呼びかけ」――多くの人に伝えたい

「宝の言葉」である。(川)

〈寸鉄〉 2017年3月30

 御書を拝して境涯をもう一歩開くのだ―戸田先生信行学の利剣で突破口を
      
 中国方面「師弟正義の日」開拓に燃え立つ人は全員青年!幸薫る対話へ先駆
      
 訪問激励と会合での話、幹部は8対2を目標に。徹すれば人材が必ず育つ
      
 文明の一つの尺度はよき女性の勢力に―詩人。創価の婦女の連帯こそ希望
      
 交通事故・死傷、小学1年が多し。左右の確認等、新入生への注意を家庭から

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。