ああ 黎明はちかづけり

一日一回自分に活を入れる

きょうの聖教から

2017-05-06 10:40:45 | 日記

◎わが友に贈る◎

「賢者はよろこび愚者は退く」御聖訓。

いかなる困難も壁も喜び勇んで立ち向かう。

その人が真の勝利者だ!

◎名字の言◎

日蓮大聖人は、法華経に説かれる不軽菩薩に御自身の闘争を重ね、

「在世は今にあり今は在世なり」(御書916ページ)と記された。

仏典が描くのは「今」「ここで」起きている出来事にほかならないと

御書を拝するのは、私たちが「今」「ここから」自他共の幸福へ行動

を起こすためだ。その時、日蓮仏法は生きた哲学として脈動を始める。(値)

◎〈寸鉄〉 2017年5月6

 学会員は正義を広げる平和と調和の使者―市長。心結ぶ対話、弾む勢いで
      
 御書「教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ」。大誠実で信頼拡大
      
 本物の一人を育てるのだ―戸田先生。まず自分が。必死の一人に人材は続く
      
 8割以上の自治体で耐震工事助成と。家具の転倒防止などの備えを地道に
      
 乳幼児の胃腸炎が過去最多。入院が必要な場合も。小まめな手洗いで撃退を

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうの聖教から | トップ | きょうの聖教から »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。