一碗

みんなで楽しく、
何でもありのお茶人生・・

西郷文書

2017-06-15 08:29:41 | 袋井茶文化促進会
松下コレクションに「西郷文書」が戸棚に入れて展示してあります。
中身がわからないというごもっともなご意見を頂いたので、面白そうなところを拡大コピーして展示しようと、読み始めたら・・・
おもしろいのなんのって・・・たとえば・・

大正15年から5か年かけて全米へ大々的な広告宣伝をするのですが、その結果は・・逆効果!

現地からのこんな報告が届いています。

「広告を読んで、早速、日本茶を飲んだところが、まずくてとても飲めたものではない
・・・口コミで悪評が瞬く間に・・
広告宣伝する金があるなら、すぐに古いお茶を回収、焼却処分すべし。そして、いいお茶を送れ・・」

間もなく、アメリカでの日本茶は終焉をむかえます・・・

午後は、チャ茶へ。
「岩茶房」さんの資料によると岩茶が高騰。「水金亀」10グラム、1080円也。

     

すごい壺に入った「水金亀」、有名な「伯夷茶業」さんからの頂きものです。壺入りで15万円の値札が付いています。でも、なかみはそれほどでもなく・・でも、今なら結構な値打ちもの。
チャ茶では、無料でお飲みいただけます。

来週水曜日もやってます。


・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の茶文化資料館 | トップ | マル秘文書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。