一碗

みんなで楽しく、
何でもありのお茶人生・・

まつしたつあーず

2017-06-21 08:28:51 | 袋井茶文化促進会
今日は大荒れのお天気なので、「チャ茶」は臨時休業します。

いま、7月12日から愛知県安城市で行う「松下コレクション」を中心とした展示会の準備で忙しくしています。

そこで、「松下ツアーズ」をご紹介したいと思ているのです。
この名前は、たしか愛知大学の有薗先生がお付けになったのでは・・

たしかに、特別な旅なんです。

最初が、昭和37年、ビルマ。
なんとこの時は、11月27日に出発して年をまたいで、2月19日まで・・・日付の間違いではと思ってしまいます。
当時のことを詳しく松下先生にお聞きしたい。

以来、百回以上!
そのたびに、同行された人たちがいるのです。

「誰も行ってないところに行く」というのが、目的なので大変です!!

何度かご一緒させていただいたけど、ほんとに大変! でも、こんな面白い旅はありませんね。

       

何年か前、湖南省?に行ったとき、お酒の飲み比べをやりました。上の写真、注いでいるのはお酒です。それも50度以上・・

勝ったら、茶器をくれるというので・・・コレクションも命がけなんです。


・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 達筆 | トップ | 古いお茶 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amane)
2017-06-21 15:22:49
松下ツアーズ、なんと魅力的な! きっと色々なドラマが…ご一緒したかったですね^ ^
Unknown (kodomari)
2017-06-26 09:00:09
amaneさん、アフリカ旅行と一緒で、「もう、いきたくない」というひとと「また、いきたい」という人に二分される旅行です。私は後者なんです。あの時、飲み取った少数民族の貴重な湯沸(酒の癇つけ?)は「お茶の郷博物館」に寄贈しましたが、誰もいわれを知りません・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。