一碗

みんなで楽しく、
何でもありのお茶人生・・

古いお茶

2017-06-22 21:52:24 | 袋井茶文化促進会
     

     

     

7月12日から安城市で行う「松下コレクション」展に出す「世界のお茶」をあれこれ選んでいますが、とにかくその数やスゴイ!!

よくもこんなに集めた・・と感心を通り越して唖然・・・

大掃除の時の古新聞と一緒で、どうしても中身を見てみたくなります。そして、できれば飲んでみたくも・・・

なかなか仕事がはかどりません。

ただ、いつごろのものなのか、よくわかりません。

三重県でかの有名な川戸紅茶の「べにほまれ」が出てきました。
戦後の国産紅茶づくりの第一人者。

それから、北限のお茶といわれる「桧山」のお茶。
どういう風に作っているのか、いいお茶ですね。
能代商業高校で作ったのでしょうかね・・・

それから、湖南の紅茶。缶を開けたらいい香りがしたので、飲んでみました。結構いけます!
10年・・いや20年くらい前のものでしょうかね・・?

来週、松下先生に聞いてみよう。


・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まつしたつあーず | トップ | 40年前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。