子どもと文化の森

特定非営利活動法人<子どもと文化の森>が行っている
様々な活動現場から、生き生きとみんなの声を発信します!

ちゃすぺスタッフ研修

2017年01月30日 | 子育て支援_ちゃいるどすぺーす
今年も早いもので1か月を過ぎようとしていますね。

今日はちゃいるどすぺーすは第5週でお休みです。

お休みを利用して、ちゃすぺのスタッフ研修と会議を開催しました。

研修では、大口町北児童センターの尾関恵子先生に来ていただき、

大口町の保育園が取り組んでいる木育のお話を聞きました。

子どもと文化の森では、できるだけ木のおもちゃを子どもたちに出会ってもらえるようにと整えてきました。

木のおもちゃは親の世代、子の世代と使いつなぐことができます。

食育は野菜、果物、魚、肉、海草などの命を調理していただくこと

木育は木の命を道具として作り変えて命を使わせていただくことだなと思いました。

「木とふれあい 木に学び 木と生きる」という言葉を教えていただきましたが

この言葉が木と人間との営みを表しているとかみしめることができました。


   ここで木のクイズ

   1.日本の木は?

   2.愛知県の木は?

   3.大口町の木は?

   4.トトロの木は?


皆さん わかりますか?

答え・・・1.日本の木は決まっていません。 2.はなの木  3.きんもくせい  4.クスノキ

あまりに近くにありすぎて知らないことが多いですね。興味を持つといろりろみえてくるかもねです。

恵子先生ありがとうございました。


会議では、来年度の予定を決め最後は来週のおやつの試作を賞味し、心もおなかもたっぷりと豊かになったひとときでした。

来週のおやつはりんごを使ったとてもおいしくておしゃれなおやつです。

皆さんお楽しみにね





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内閣総理大臣賞の恩恵? | トップ | 愛知県子育て支援員研修の最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む