奈良市北部・高の原の昆虫

奈良県と京都府の境の町、高の原周辺の昆虫を紹介します。
旅行や、でかけた先のお店や、日々の事などもつらつら。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

うちのセキセイインコ

2016年08月01日 | CATEGORY別 詳細一覧(目次)
うちのセキセイです。
緑のはオス、白いのは多分メス。
仲良しです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャコウアゲハのお子さん

2016年05月12日 | チョウ目チョウ アゲハチョウ科
今年もジャコウアゲハが来ました。
冬の間、どこでサナギになってるんでしょうね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和葛城山の、あのチョウ

2016年04月16日 | チョウ目チョウ アゲハチョウ科
昨日、大和葛城山へ行ってきました。
「大和葛城山の自然を大切にする会」の宮平さんが誘ってくださったので、
有難く、久しぶりに1人で行ってきました。


シュンランを教えていただきました。
他にもいろいろ植物を教えていただきましたが、
載せて良いものかどうか判断できないので、載せず。


おっ、いました。


ゆっくり近づいて、撮りました。


 

横顔です。

植物を踏まないよう、踏まないよう、
注意して歩くのですが、足の筋肉が疲れますね。
というか、つま先がつりました。
 
この後は、ロッジに昼食を食べに行きました。
行く時は、楽させていただきました。
ありがとうございました。


かも丼を絶対食べようと心に決めていましたので、かも丼!
ロッジの名物の鴨料理が大好きです。
合鴨の肉は濃い味付けですが、山芋おろしが添えられていて、
濃いままの味を楽しんだり、卵の黄身や山芋と和えてマイルドにしたり、
薬味にわさびもあり、いろんなパターンで味わえました。
吸い物にメレンゲが浮いていて、汁の味も良く、
口当たり良く、丼の友になりました。
卵の黄身とメレンゲで、ちょうど全卵1個分かなあ、
よく考えられているなあと思いました。


お盆に添えられていた説明。
こういうの読みながら食べるのって、いいですよね。


カタクリを撮りに行きました。
夢のツーショットは、少々粘りましたが叶わず。
帰りのバスの時間が気になっているのでは、あきまへんわ。


大きなカメラを下げた方が、
きれいなカタクリが撮れる場所を教えて下さいました。
ありがとうございました。


テングチョウもよく見かけました。


調べるのが苦手な方面です。予想だけしてみます。
モモブトカミキリモドキかな…自信は無い。


ツチハンミョウの仲間のメス。
マルクビ…でいいのでしょうか?
1ヶ所にパッと見て5匹ほどいました。
1頭のハナバチに何頭も同乗するようで、
同じハナバチの巣で育った兄弟かな?


フキの花。花も葉の色も美しい。

ロープウェイ登山口駅前の売店で、
合鴨肉のパックを買って帰りました。
私にとって、パーフェクトな1日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

難易度高い、奈良市内から野迫川村へ公共交通での旅計画、覚書

2016年03月15日 | 旅行記
いつか奈良県と和歌山の境の、野迫川村へ行って一泊、と思っています。
夏がいいですね、虫がいっぱいいそうで。

観光で行く人は、高野山とセットで高野山側からのアクセスがほとんどです。
私が泊まりたい「ホテルのせ川」さんは、高野山へ送迎バスを出しています。
または、車でのアクセスですね。
しかし、私は、野迫川村と同じ奈良県に住んでいるので、
奈良県側からの公共交通機関でのアクセスにこだわりたい。
奈良県内での移動だもの、奈良県民として堂々と行きたいではありませんか。

下記、調べたアクセス方法の覚書。



Googleの青い線は車での経路。
電車とバスを使っても、ほぼこの線の通りなのでこのまま参考にします。

経路は、下記これっきりしかありません。
ちなみに、野迫川村コミュニティバスは平日のみの運行。


12時45分発 近鉄高の原駅(近鉄)
  ↓↓
13時26分着 大和八木駅(片道440円)


13時45分発 八木駅南バス停(奈良交通バス・新宮線)
  ↓↓
16時05分着 小代下バス停(2,000円)


16時03分発 小代下バス停(野迫川村コミュニティバス・小代下線)
  ↓↓
16時42分着 野迫川村役場前バス停(850円)


17時00分発 野迫川村役場前バス停(野迫川村コミュニティバス・弓手原線)
  ↓↓
17時33分着 北今西小学校前バス停(690円)

北今西小学校前バス停から徒歩4分(250m)「ホテルのせ川」到着。


えっ、午後のこれっきり?
五條バスセンター始発の新宮線があるじゃん、
アレは、小代下バス停でコミュニティバスに接続しないの?
はい、しません。

午前の、五條バスセンターが始発の新宮線は、小代下着は9時13分、しかし、
この時間帯の、小代下バス停から野迫川役場前へ行くバスは9時ちょうど発なので、
ちょっと間に合いませんねえ〜。ちなみに午前と午後で1本ずつ、計2便です。
ようは、朝に電車でJR五條駅に行ってもしょうがないという事です。
この新宮線バス、あと15分早く走らせて接続してくれたらいいのにねえ…
でも、他にもっと優先すべき何かがあるんでしょうね、きっと。
(こういうことも、ちゃんと書いとかないと自分が忘れちゃうもんで)

そして、上の経路中で、わざわざ赤字にした箇所の接続…
えっ、これ2分差で間に合わないんじゃないの? とお思いのあなた!
耳寄り情報ですよ! これ接続するんです!
電話で奈良交通さんに聞きました。待ってくれてるんですって! コミュニティバスが!
(奈良交通お客様サービスセンターのKさんNさん、いろいろ悩ませて調べて頂いて
 お手数をおかけしました! ありがとうございました!)

それなら、野迫川村コミュニティバスさんが、
小代下バス停16時05分発って、ついでに奈良交通バスから接続可能って、
サイトに書いててくれたらいいんだろうけど、まさか何か結界を張っている?(冗談)
きっと、時刻表を見て、ここで諦めてる人いっぱいいますよ…
あるバスマニアさんがブログに「接続しない」ときっぱり書かれていましたが、
そりゃ時刻表をみればそう思うよね。
タイトルの「難易度高い」はこの点からということで。

ちなみに、奈良交通バスの1本前の便は、14時05分に小代下着なので、
2時間も小代下で待つ事になります。虫探してたら持つかなっ!?

これで無事、夕方に「ホテルのせ川」に到着できます。
しかし、帰りもタイトです。朝がタイトなんです。
朝ごはん、食べてる時間なんてありませんよ!
そんな、朝早く出る人のために「ホテルのせ川」さんは、
朝食を弁当にしてくれるそうです!
それに加えて、昼食弁当も作ってくれるプランもあります。


07時15分頃 「ホテルのせ川」出発

07時25分発 北今西小学校前バス停(野迫川村コミュニティバス・弓手原線)
  ↓↓
08時00分着 野迫川村役場前バス停


===荒神社往復(片道4kmほど)などなど、散策===


15時15分発 野迫川村役場前バス停(野迫川村コミュニティバス・小代下線)
  ↓↓
16時00分着 小代下バス停


===1時間44分のバス待ち 虫でも探すかっ!===


17時44分発 小代下バス停(奈良交通バス・五條線)
  ↓↓
18時42分着 五條駅バス停(1,240円)


あとは、JR五條駅から、吉野口で近鉄に乗り換えて、成り行きで帰宅。
小代下線は、もう1本早いバス(8時発・8時42分着)があり、
小代下バス停で五條行きの奈良交通バス(8時49分発)に接続しますが、
これだと、どこも寄らなかったら、昼には家についてしまいます。
泊まって帰ってきただけになっちゃいますよね。

せっかくなので、
高野山へ参ってあっちから電車で帰ってくるという方法もありまして、
高野山へは宿から無料の送りのバスが10時にあるそうで、これはありがたいですね。
以上、覚書でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カワセミがいた

2016年03月07日 | 鳥の仲間
家の近くの、池から流れる川にカワセミがいました。

娘が言うには2羽、飛んでいたそうです。
私は後の1羽しか見られませんでした。
写真もいつものことながら、こんなのしか撮れてません。


橋の下で影になってるので、綺麗な色は写らず…


大きくしてもこんなもん。
鳥の写真を綺麗に撮る人って、ほんとすごいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイソーさん、これ作って下さい!

2016年02月26日 | 
いつも、便利商品でお世話になっています、ダイソーさんに、
是非お願いしたい事があります。

テレビやエアコンのリコモンの、フタを開けると、
爪(ポッチ?)がありますよね、

フタを開閉するヒンジを挟んで、そのポッチの反対側に、
爪が押す小さなボタンがあります。
フタが閉まってる時は、ボタンが押されてる状態になる、アレです。
この爪とボタンによって、フタが閉まってる時は、
フタの表面のボタンが有効になる、アレです。
正式名称が分からないので、このような表現ですみません。

この爪が、とても折れやすいのです。
落とした衝撃で、フタが外れたりして、折れてしまいます。
初めは接着剤で応急処置をしますが、いつしか爪自体を失い、
メーカーさんに聞くと「リモコン自体を買い替え」なので、
とても高価です。この爪さえ、なんとかなればいいのに。


(補修あとの接着剤が哀れを誘う。てか結構汚れてましたね、拭きます…)

テレビのリモコンが壊れたら、DVDデッキのリモコンも使えますが、
微妙に機能が違うので、結局、テレビのリモコンの、ボタンを爪楊枝で押しながら、
操作することもあります。非常に不便で不細工です。

そこで、この爪を修理するグッズを
作って販売していただきたいのです!


一応、インターネットでそのような商品がないか探したのですが、見つからず、
何かで代用できないかと考えましたが、どれもこれも、
数日で取れてしまいます。固定しにくい場所なので、しょうがないですが。

かならず、需要があると思います!
どうかよろしくお願いいたします。

 
 
と、いうお願いを、ダイソーさんのご意見フォームより、
送らせていただきました。実現していただけるかしら…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

歩いて一泊の旅、っていうか宿泊付き散歩。

2016年02月01日 | 旅行記
歩いて旅行に出かけました。とは言っても近所です。
これは旅行と言えるのか… 娘と2人。
娘のiPhoneによると、2日間で歩いた距離は25kmほどでした。
へえ〜、結構、歩いてますね!

30日に家を出て、まずは平城宮跡へ向かいました。


天気が心配でしたが、雨は午前中に止み、安心しました。
水上池の横を通ると、コガモがたくさんいました。
フェンスのギリギリ近づいても平気にしています。


遠くにはコブハクチョウのコブちゃん
水上池では有名なコブハクチョウです。
コウちゃんとも呼ばれています。元気な様子で何より。
コブハクチョウは、本来、日本には渡ってこないはずが、
飼育されていて逃げた個体が、日本各地に定着し繁殖しているとのこと。
出雲大社の近くの川に居たのは、オスメスにヒナ連れでした。
水上池のコブちゃんは、ずっと独身です。

「そこにカワセミいるわよっ!」と、
バードウォッチャーのおばさんが声をかけてくれました。ええっ!
私のすぐ横にいたそうです。気づかなかった! 飛んで行った!


この鳥は、やけに青いスズメと思ってたら、
別のウォッチャーのおばさんが「アオジというのよ」と教えてくれました。
こんな写真しか撮れてなくて、おばさんのコンデジの、
しっかりくっきり美しく写ってるのを見せていただきました。
カメラが悪いのではない。私の撮り方が下手なのです。


奈良大立山まつり準備中の平城宮跡、大極殿前。
右の人だかりからは「ボランティアの方はこちらに!」と聞こえました。
男性ばかりなので、どうやら山車の曳き手の集合時間かと。

大立山まつりに関しては、奈良県民からしたら、
一言も二言も三言も言いたいことがあります。
何年も続けば、定着し観光客誘致効果も上がるのでしょうか?
パクリでも、1000年やれば伝統と言い切った人もいます。
しかしもっと他に、奈良らしい、正攻法な企画はできなかったのか。
今回、お宿を予約した時点では、大立山まつりの日程を認識しておらず、
たまたま開催期間中の「散歩」となりましたが、
私の宿泊した分も、「県外からの宿泊者」にカウントされ、
大立山まつりの功績に足されちゃうんなら、微妙な気分です。


スタンバってるの四天王の1人、多聞天さん。
四天王さん達には、罪はないんや! 愛して親しんであげたい。


南下して朱雀門。
ま〜、何度も何度も来たことのある場所ですわ。

近くのコメダ珈琲で休憩でも、の話が、
時間が余ってるので、近くのネカフェでも行きましょうか、
という話に変わりました。若者の旅行にネカフェはつきものです!
私は若くないが、娘は若いので、2時間半ほど滞在。


ネカフェを出て、のこのこ歩いて、30分ほど。
今日のお宿、山代屋さんです。
料理が美味しいと評判で、何年も前から泊まりたかった。
宿泊なしのディナーも提供されてますが、
お宿なので、せっかくなので、泊まりたかったのです。
が、あまりにも近い、近すぎる。
今回は、ふるさと割利用で、有難く宿泊させていただきました。


朱雀高校ヴィユー!
明石家さんまさん卒業高校の、
朱雀高校ヴィユーです。

夕食は、和洋取りあわせたコース料理です。
少し前までは、オーナーさん自ら調理をされていましたが、
海外で料理の勉強をしていた息子さんが帰国され、
厨房に立っておられるそうです。
一品ずつ、お酒を飲むのに良いタイミングで、給されました。


オードブルです。
天使の海老と赤海老のオーガニックサラダ。
天使の海老って? 私は知りませんでした。
ニューカレドニアの美しい水で、飼料に添加物一切無く、
自然食のみで養殖された、流通名ブルーシュリンプのブランド名だそうです。
和名が決まる前にこの名が定着した故、和名はまだ無い。
エビを飼ってる者としては、ブルーシュリンプと言われれば、
違うエビを思い浮かべてしまいますが、
こちらのブルーシュリンプは、非常に美味であるにもかかわらず、
日本での流通はかつて辛酸を嘗めた年月があったと。へえ〜。
グミのようなしっかりした繊維の歯ごたえがありました。
赤エビはおなじみですね。どちらも柑橘と合わさるとまた、
違った味わいがあり、家でも真似しようと思いました。


前菜盛り合わせです。上から時計回りに、
ゆり根の素揚げ、胡麻豆腐の揚げ出し、さば寿司、奈良漬とチーズのカナッペ、
サツマイモの玉子焼き、ヤーコンのきんぴら、真ん中がゴルゴンゾーラチーズのムースです。
こういう小さな料理の盛り合わせを、酒とともにいただくのは、
本当に楽しいものです。酒を飲まない娘も美味しい美味しいと言っておりました。
さば寿司、見た目は分からないですが、真ん中までサバです。2〜3個食べたい!
自家製の寿司酢を45日寝かしたそうで、酢の味や風味に角が無い。
ごま豆腐のあんかけは、意外な食感でした。
恐ろしいことに、これら前菜のちんまりした料理、すべて適温で出てきます。
厨房の人(息子さんですね)はきっと「当然です!」と胸を張られるんでしょうが、
モラルが飽和した飲食店や宿では、残念ながら為されていないことです。
実践するには細心の配慮と緊張が必要でしょう。どうかこのままで。


舞茸と、タラの白子のムニエルです。
きのこに隠れて見えませんが、白子は外はカリカリに焼かれています。
舞茸の香りが白子に移り、滋味深い一品でした。


魚料理のプレートは、鯛のグリルと、筍とフォアグラのリゾットです。
ここまではお箸でしたが、フィッシュソーススプーンが出されました。
フォアグラ…悲しいことに食べつけないので、よく分からなかった。
娘は分かると言ってました。
タケノコは季節の早取りでしょうか、春を期待させていいですね。
鯛はふんわり、皮だけカリカリ。
魚の皮好きには、たまりませんね。バジルのソースで香り良くいただきました。


肉料理です。
三つ葉とミョウガが添え野菜、薬味が柚子胡椒、山葵、山椒の実です。


ご飯もの。スパイスの効いたカレーライス。


デザートに、ほうじ茶アイス、ロールケーキ、サツマイモとりんごのきんとん。


コーヒーとミルクティー。
料理の話が思いがけず長くなり、最後、駆け足ですみません。
18時半に始まる夕食は、給されるに任せて、お酒とともにゆっくり楽しむと、
食べ終えたのが20時半! 素晴らしい時間でした。


翌日は、8時からの朝食にしていただきました。
私は5時頃には起きてしまいますので、持ってきた本を読んだりゴソゴソ。


朝食は、写真の御膳に湯豆腐です。
お腹いっぱいいただきました。

暖かくお見送りいただき、宿を出発ました。
今日は、大和北部八十八ヶ所霊場の続きです。
薬師寺、唐招提寺、すぐ近くです。


薬師寺の西塔と金堂。
娘は薬師寺で、写経をしたいと言い、
写経体験させていただきました。


唐招提寺、金堂。
昨日とはうって変わって、すごい青空です。


鑑真さんの御廟へ続く、通路の周りは苔の絨毯の庭園。


唐招提寺の戒壇です。復興と消失を繰り返し、現在の遺構の姿だそうです。
一番見たかったのは、宝蔵と経蔵でした。
意外としっかり建ってることに驚きでした。
食堂も残ってて欲しかったなあ。

最後に、近鉄を越えてすぐの、唐招提寺奥之院である西方院へ向かいました。
快慶作の阿弥陀如来立像は、ふだんは公開されていませんので、
外側から拝ませていただきました。
ご朱印もいただけて、目的を果たせました。

娘の買い物で、二条通りのダイソーへ行った後、
遅い昼食にくら寿司へ。


その後、またまた平城宮跡へ行き、あったかもんグランプリ参加の
鍋料理をいただきました。


私の一番の目当ては、御所市の、葛城高原ロッジの鴨鍋です。


棚田さんの合鴨は旨い! 正義!


ちょうどこの時間から、風が強くなりだし、寒さが増して、
鍋料理を食べるには絶好のタイミングとなりました。


こちらは斑鳩町の、竜田揚げとみぞれのハリハリ鍋。
近年「竜田揚げ発祥」で頑張ってる地域ですが、
鍋に入れてしまう発想は、なかなかのものですね。
娘が、旨い旨いと言って食べていました。

今回、野迫川村さんが初参加で、楽しみにしていました。
牛テールのポトフという、初参加にして「勝ちにきました!」って満々の、
すっごい魅力的な鍋料理!
絶対食べるつもりだったのですが、31日は参加されてなく、残念!
(チラシにちゃんと書いてありました…)
来年も期待してます、野迫川村さん!

家までの途中に、暗いと歩きにくく危険な箇所があるので、
暗くなる前に、歩いて家路に着きました。
家に帰ってから、足にシップを貼りまくりました!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新しいMac

2016年01月19日 | 
私のMac歴で、4台目のMacを、先日購入しました。

今まで使っていたMacは、iMac Late 2006で、
ほぼ10年ほど、同じパソコンを使い続けていましたが、
正月早々に電源が入らなくなり、Appleサポートでは、
ここまで古いのは部品が無く、修理対応してないとのことで、
「10年間のご愛顧をありがとうございました」と。
見放された!(笑)

パソコンに詳しい人なら、不具合を見つけ、パーツを探して直せるのかも。

1台目は初代Power PC、2台目はシェル型のiBook、3台目は一体型ときて、
今回はMac mini(竹)という選択で、セパレートにしました。
その方がいろんな意味で安価…
ところで、今のMacは、光学ドライブは内蔵じゃ無いんですね、常識なんですね!?
今まで知らなんだ〜!

Apple以外のモニタ単体を買うのも初めてなので、
どこのメーカーのものにするか相当悩み、IO-DATAのLCD-MF211EWにしました。
モニタは、白いのに慣れてしまってるので、黒いと違和感あるなあと。
そして無理やり貼られたリンゴシール!↓ 本人に自覚させる為です。



モニタを机に置くと低く感じたので、省スペースを兼ねて、
上にモニタを置いて、下にMac miniを置ける台を探しました。
ネット上にはいろいろあるのですが、高価…。
カインズホームであちこち見てたら、写真のコロコロ付きすのこ(400円程)を
見つけました。机に置くと、下にちょうどMac miniが収まりました。
すのこなので、隙間があるので、放熱にも役立ってくれることを期待。

iMacのハードディスクは、HDDケースに入れて、データ救出してのち、
外付けでBootCampにでも使おうかという予定。ハードが無事なら。
あと、TimeMachine用に、2TBの外付けを別に欲しいところ。



古いMacの筐体も、可愛くて処分するのが勿体無いので、
中に昆虫の写真を入れて飾る額縁として、使おうかと考えています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

また、会おう!

2016年01月03日 | 
今日、15時15分頃、
ウチの最後の猫が永眠につきました。

18年前、雑巾の様に汚れて落ちていた仔猫でした。
獣医師から「もう死にますよ」と言われてから、18年生きました。
2年前から、末期の腎不全と診断されてまして、
ここ数ヶ月かけて、だんだんと弱っていった感じです。

最後の1週間は、衰弱は急激に進行しましたが、
痛い・苦しいの様子は全くなく、後肢から前肢と徐々に麻痺し、
麻痺が全身に行き渡ったあたりで命が途絶えた感じでした。



スターウォーズ6を見ながら、笑っていた時間に、
そろそろ床ずれ防止の為に身体の向きを変えてやろう、水も飲ませようと、
水の粒を指で、1粒ずつ口の端に乗せていました。

30杪に1粒ずつ位です。ゆっくり喉を動かして飲んでいました。
何か言おうと、私の顔を見て、口を動かした気がします。
そして、水を飲むのをやめました。

まさか死んだとは思わず、「もういらないのね」と、
身体の向きを変えてやろうと抱えたら、既にぐにゃりとしてました。
つい数秒前まで、水を飲んでいたのに。

今は喪失感でぼんやりです。
足下をちょろちょろしたり、膝に乗ってこようとする黒い影が、
もういないのだと思うと、ぼんやりします。
またいつか、会う事ができたらと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カイツブリのヒナ(写真ボケボケ)

2015年07月16日 | 鳥の仲間
台風の気配ですが、今日また、
池に鳥を見に行きました。
ボケボケなので、小さい写真にします。


コサギですか多分。ニワトリのメスくらいの大きさです。
最近、シラサギと言う和種名の鳥はいない事を知りました。
ダイサギ、チュウサギ、コサギなんですね。


大きなアオサギが、風に吹かれながら、たたずんでいました。
カワウも3羽、いつもの定位置にいました。


この池には南側の巣と北側の巣、
2組のカイツブリ親子がいます。これは北側。
いつも統制がとれてるのか、まとまって居ります。
親が厳しくしつけているのでしょうか。
写真を撮り始めると、すぐに全員で離れて行きました。


これは南側の親子。
この家族は、子ども達はいつもバラバラに、あっちこっち離れています。
フリーダムな家風なのでしょう。
でも、私が写真を撮ろうとすると、親が警戒の声をだし、
子ども達は慌ててピューッと集結しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加