「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小坂和輝(小児科医&医学・法務博士)のblog

中央区議会選挙に立候補致しましたが、私の使命はあくまでも小児科医療です。選挙期間中も通常診療を終えた上で選挙に臨みます。

木蜜地域には、個別の消火計画策定を。

2017-08-05 21:30:37 | 月島三丁目南地区第一種市街地再開発問題

 木造建築物が密集しているなどの地域では、個別の消火計画を立てることも必要。


********************
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12946425.html

消火計画策定を提言 糸魚川火災で報告書 有識者会議
2017年5月20日05時00分

 新潟県糸魚川市で昨年12月に起きた大規模火災を踏まえ、火災対策を検討した総務省消防庁の有識者会議は19日、報告書を公表した。火災の危険性が高い地域ごとに消火計画を策定することを提言した。

 また糸魚川大火では、市消防本部が他の消防本部に応援を求めたのが火災覚知から約1時間半後だった。報告書は応援要請の前倒しのほか、近くの消防本部が要請を待たずに出動する仕組み作りを提言した。

 さらに糸魚川大火で消火用水の運搬に役立った民間のコンクリートミキサー車の活用や強力なポンプ車の普及、全飲食店への消火器の設置義務化を求めた。

 消防庁によると、木造建築物が密集しているなどの地域で、個別の消火計画を策定しているのは、全国の消防本部の4割にとどまるという

 (四倉幹木)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小坂クリニック8月6日(日... | トップ | 糸魚川市(被災H28.12.22)の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む