「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小坂和輝(小児科医&医学・法務博士)のblog

中央区議会選挙に立候補致しましたが、私の使命はあくまでも小児科医療です。選挙期間中も通常診療を終えた上で選挙に臨みます。

中央区においても、中央区役所庁舎内に保育施設整備の必要性を感じています。

2017-04-04 15:21:42 | 子育て・子育ち
 中央区においても、中央区役所庁舎内に保育施設整備の必要性を感じています。

 そこにおいて、通常保育と共に、区役所に手続きや相談に来られたかたのお子様を一時預かりする役割を担っていただくことが、非常に求められていると考えます。


******************************
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017040490095457.html

【社会】


「子育て環境づくりに画期的」 豊島区庁舎内に認可保育所開園

2017年4月4日 09時55分


 新年度が始動した三日、東京都豊島区庁舎ビル内に私立認可保育所「グローバルキッズ東池袋園」が開園した。ゼロ~五歳児の定員四十九人に対し、四十三人が入園。長洲晴美園長(53)ら職員が「小さな世界」を歌って園児と保護者を歓迎した。

 区によると、自治体の庁舎内に認可保育所を設けた例はないという。ゼロ歳児クラスに入った三谷篤史君=五カ月=の母、裕梨さん(37)は「注目を浴びる中、安全な保育園であって」と話した。

 区庁舎ビルは地上四十九階建てで、認可保育所は医療施設が集まる二階の約四百平方メートル。保育事業者「グローバルキッズ」(千代田区)が運営する。園庭はないため、近くの南池袋公園や庁舎ビル十階の「豊島の森」へ散歩する。

 豊島区では、認可保育所誘致に向けて、賃料の補助額を引き上げた。高野之夫区長はあいさつで「これからの子育て環境づくりに画期的」と期待を込めた。目黒区でも一日、庁舎敷地の駐車場に私立認可保育所「中目黒ちとせ保育園」が開園している。(増井のぞみ)

(東京新聞)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かかりつけの皆様、ご確認を... | トップ | 小坂クリニック4月のお知らせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子育て・子育ち」カテゴリの最新記事