遠藤こどもクリニックは小平市の小児科アレルギー科のクリニックです。こども達の近くにいる診療を心がけています。

腰痛とメタボからの脱却とアンチエイジングを決意した58歳体育会系小児科医の日記

借り物の言葉

2017年05月05日 | 日記
3連休が終わってしまう。
明日の仕事が辛くはないけれど、
やや土曜日休めば良かったとも
感じている金曜日。

溜まったメールを読んだり、
ネットを巡ってみたりした。
その中で見つけた言葉は
借り物だけれど腑におちた。


上機嫌に振る舞うことは社会人と
してのマナーともいえる。
イギリス人の作家サッカレーは、
「上機嫌は人が着ることができる
最上の衣裳である」
と言っている。
アランも『幸福論』の中で、
「私は義務の第一位に上機嫌を
もってくるにちがいない」、
「不機嫌というものは、結果でも
あるが、それに劣らず原因でもある」
と述べている。
不機嫌は不機嫌を誘発し、
全体を不機嫌にしてしまうからだ。


『仕事ができる人はなぜ
モチベーションにこだわらないのか』



人と会いすぎると一回の出会いの
価値が下がる。
本当に大事な出会いがあったと
しても気づけなくなる。
一回一回の出会いを大事にするために、
自分の許容量を超える出会いを作らない。
お互いに「会ったことある」だけの
人にならない。
出会いを断捨離して空いた時間は
大事な人と自分のために使う。

はあちゅう ブログ


明日も小さな希望を持って、
一日過ごせますように。

高校の同級生の奥さんの仕事と主婦と
介護の日々を真摯に書いているブログ。
「とみきち雑記帳」


休みが終わってしまう位で
暗くならないのはもちろん、
不機嫌にならずに、
出会いを大切にして、
ささいなことを幸せに感じて
生きていきたいと思う。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW | トップ | 遠出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL