愛くるしいゆっきょんが綴るPCゲー雑文
独りで歩いてく人のブログ  




仕事から帰る

ブログ書こうかな、でもその前にちょっとゲーム・・・

あ、もう深夜2時か。
眠いし明日も早いし・・・
日付変わっちゃったら今更新しても明日仕事終わりに更新しても同じだよね!

最初に戻る

以下無限ループ



という感じで更新不精になってます。
まあ現在プレイしてるゲームもChivalryシムズ4かっていう、
最新ゲームを全く遊んでない状況でもあるので・・・。
なんとなく更新ネタあんまりないよね。




そういえばリアル系現代戦の100人対戦FPS、
『Squad』が12月15日からプレイできるようになる。
今はやっぱりこれに一番胸を躍らせてるね!

改めてこのゲームの特徴を書くと・・・

・BF2のMOD、Project Realityがベースで、リアル系現代戦。
・オープンワールド型MAPで100人対戦の大規模マルチプレイヤー。
・分隊システムがあり、兵科ごとに人数制限もある。
・歩兵の他に車両や航空機など多数の兵器が登場。
・司令官もいて、基地の構築、拡張などができる。


などなど。
楽しそうな要素てんこ盛りである。
実はBF2MODのPRをプレイしたこと無い俺からすると、
オープンワールドで色々な兵器があり基地を建設しての大規模なマルチプレイってのは、
Armaシリーズによく似てると思う。
動画の雰囲気的にも。

公開情報によるとArmaほどMAPは広大すぎることもないようだが、
その方がいい感じに人が密集して迫力ある展開も出てきそうで良いと思う。
Armaのゲリラ戦に向いた広大さも魅力的ではあったけどね。

数年前はArma2のマルチにかなりハマり、当ブログでもArmaカテゴリ の過去記事に
Arma2戦場日誌として定期的に更新していたが・・・。
そんな俺からすると、このSquadへの期待はハンパない。


ゲームモード的にはどういうルールなんだろうか。
ArmaのCTIルールのように、お互いの司令官がまず基地を建設し、
そこがリスポン地点となり、相手の基地を破壊したら勝ちなんだろうか。

あれはArmaの広大すぎるMAPでは、
まずは偵察・索敵フェイズから始まり、ところどころで小規模なドンパチが起こり、
敵軍との接触地点や進行方向などから敵基地の位置を推測し共有地図に書き込み、
発見したら死にものぐるいの総攻撃で突撃したり防衛したり。
戦車もヘリもジェット機もあるが対空砲なども設置できるので本当に油断ならない戦いであった。
一旦ゲームが始まるとそのラウンドが終わるまで2,3時間かかるのはザラ、膠着戦になると5時間とかも有りえ、
最初から最後まで参加すると消耗するが、それだけ長い戦いの中に身を投じるのはそれはそれで楽しかった。

Squadではもう少し短いサイクルにはなると思うけど、
それでもオープンワールドでこの規模なら、
BFシリーズとは全く比べられない対戦時間になりそうだ。


リリース直後は登場する車両類も限定的だろうけど、
いずれ種類は増えるらしいし、12月15日がすごく楽しみ。
久々に軍事をからめたゲーム記事がたくさん書けるかもしれない。





爆発表現も綺麗でよくできてるなと思った。
迫力ありそう!


コメント ( 4 )  新作情報 / 2015-12-02 20:46:16


« Life is Feuda... 私がPS4購入を... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2015-12-03 01:37:57
草がテクスチャでなくモデリングされてるところにすさまじいロマンを感じた。爆発音も乾いた陶器っぽさが出てて素晴らしい...
 
 
 
Unknown (ゆっきぃ)
2015-12-04 03:11:21
>>Unknown
良いよね!
爆発時の破片の表現も良い。
パラパラッってかんじ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2015-12-06 06:33:33
こんなゲームあったんだ!ほんとarmaとBFの中間みたいな感じだね。もうちょっとBFに近い方が自分的には好きだけど。
 
 
 
Unknown (ゆっきぃ)
2015-12-06 23:02:51
>>Unknown
実際どのぐらいのバランスでくるかな。
リアル系とはいえBF2のMODだったわけだし、
割といい塩梅で出てくる気がする。
楽しみにしてようぜ!
あと10日切ったしね
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。