草花探訪

季節の草花苗づくり

秋に似合う花は

2016年10月19日 | 花の写真

今年の暑さは実にしぶとく、10月半ばに差し掛かっても、昼間は30度近くの日もあって、

老体をいじめます。ただ、どんなに暑くても食欲だけは一向に衰えず、メタボを気にして

早朝ウオーキングなど頑張っても、間食をやめて腹八分目を堅守しても、一向に体重は

減らないのが私の今の悩みです。

さて、今週も身近なところにある秋を追いかけカメラに収めましたので紹介します。

まずは北野界隈の近くの氏神様「大将軍八神社」の秋祭り、狭い一条通で御神輿を

氏子が両手で支え持ち上げ「ホイット ホイット」と。

肩に担ぐだけでも大変なのに大したものです。近くに寄れず遠くからパチリ。

    

小学校の運動会や学区民の体育祭はほぼ終わり、今は市立中学校の「体育大会」が

真っ盛りです。中学生になった孫が来てほしいというので出かけて、ついでに元勤務校

やあ近くの中学校の様子も見てきました。

現職を離れて20年、中学校の体育大会は「体育 ”祭”」になっていました。体育学習

の発表の場と言えるのは徒競走だけ。でも、指導が行き届きほとんど全員参加で

全力疾走していました。(孫がトップで走ってるところを)

学級対抗の団体競技(棒引きや大縄跳びなど)が中心、学級担任も一緒になって楽しん

でいる姿に声援を送りながらも、体育の発表(団体演技)が影を潜めている現実に寂しさ

を感じていました。見栄えのする団体演技がないのに、観覧に来られた保護者や年寄の

多さにはびっくりです。

 

気温の変化が目立った一週間でしたが、よく観察すると確実に秋は進行している

ことに気づきます。北野天満宮のモミジやイチョウの葉は少しずつ色づき始めて

いました。

    

 

さて、いつもの通り最後は今週の花、「コスモス」です。晴天の週末(15日)、

「夢コスモス園」(亀岡)に行ってきましたのでその報告です。

土曜日ということもあって、JR「亀岡駅」からの路線バスは中国の団体さんで満員、

車中はわからない会話が飛び回りにぎやかで騒がしいこと。その雰囲気をコスモス園

に持ち込まれているのには閉口しました。

団体さんがあちらこちらにおられ、展望台も団体さんで独占し、展望台の上と下との

掛け合いでにぎやかなこと。

    

4,5ヘクタールの休耕地に20種類約800万本のコスモスが咲き乱れて

いますので、私は団体さんを避けて珍しい花をカメラに収めにかかりました。

コスモスには珍しい花弁の多い八重咲のコスモス「ダブルクリック」です。

    

一般にコスモスは花弁8枚であか・白・ピンクなど単色。しかしここには花弁の

ふちが赤色で内側が白色の「ピコティ」など色々と。

花弁の内側が濃いピンク色で外側が薄いピンク色の「ハピイーリング」

花弁が筒状になっている「シーシェル」

コスモスには珍しい黄色で中心部が白色の「イエローキャンパス」

案山子コンテストが行われていたり、土産物屋飲食店も多くあり、家族連れの

訪問者も多くにぎわっていました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十月十日は快晴 | トップ | 深まる秋の風景と言えば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL