映画とワンピースのこでまり日記

映画の感想と月曜日にはワンピースのネタばれ更新中~♪
簡単な内容ですが映画の感想もボチボチ更新していきます。

「SPIRIT」(49)

2006-03-24 | 映画・DVD  さ行
病弱なユァンジアは、修行を重ねて天津一の格闘家に成長した。だが、傲慢さゆえに周囲の反感を買い、結果的に家族を皆殺しにされる。復讐を果たしたものの、それが無意味だと知ったユァンジアは、真の強さを求めて異種格闘技戦に出場する。


    満足度・・・70点
    

格闘ものはこれが最後になるのでは?とウワサされるジェット・リーの最新作。
本人も、実在の人物であるフォ・ユァンジアを尊敬しているそうで、
演じるにあったっては、気持ちの入り方も違っているのかも・・・。

私が何本か見たリー作品は、ほとんどが寡黙な役でしたけど、
これはセリフも沢山あるし、喜怒哀楽がちゃんとありました。
とはいっても、喜と楽はほとんどなかったですが・・・

ストーリーは、このての格闘ものにはありがちなストーリー。
目新しさはないのですが、私は好きな話です。

実在の人物はあの後、亡くなってしまったそうですが、
毒を盛ったのは日本人、というのも事実なんでしょうか・・・?
事実だったら、ちょっと悲しい・・・

その悪い日本人を演じた原田真人・・・「ラスト サムライ」の時も思ったんだけど、
なんでこの人なんだろう・・・?
もともとは裏方さんでしょ?この人じゃなくてもよかったんじゃ・・・?
中村獅童が最後に「お前は日本人の恥だ」みたいなことを言ったけど、
まさに、それです・・・

中村獅童は、侍に通じる日本の武術者をよく表現できていたと思います。
物静かなんだけど、やるときはやる、負けは負けと潔く認める、
そんな感じのね。

それとエンディングの曲・・・
なんで日本語なの??
中国語の明るい曲のほうがよかったな~、ちょっとガッカリ・・・

ジェット・リー、ほんとにこれが最後の格闘ものになるのかな~
いろんな表情を見てると、演技だけで勝負できるようなものをやって欲しいし、
でもぜんぜんアクションがないのも寂しい気がする・・・
次回作が楽しみです。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「大いなる休暇」(48) | トップ | 「あなたが寝てる間に」(50) »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはよ! (猫姫少佐現品限り)
2006-03-24 10:26:25
あたしはもうこれ、大好き!!

李連杰の最高傑作!だと思っています。

そか、、最後、死んでしまったから、日本憎し!が最高潮に達して、、、

獅童くん、よけいにかっこいいんですね。

なんかすごく、獅童クンに気を遣っているなぁ、、って感じました。

このあたりも、実話なのかしら?
キャリア~ (cyaz)
2006-03-24 12:23:51
こでまりさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



ジェット・リー、かっこいいですよね^^

彼が色んな映画を経験して得た内面的なパワーがこの映画に活きていました!ただのカンフースターに留まらなくてよかったですね^^
TB&コメントありがとうございました♪ (こでまり)
2006-03-25 09:43:36
 猫姫さん、こんにちは!

最後、あんな結果ではなく、ちゃんと勝負できたらよかったのに・・・

と思います。(勝ったんだけど・・・)

中村獅童、これからどんな役のオファーが来るんでしょうね~

渡辺謙とは違うタイプだしね。





 cyazさん、こんにちは!

私、J・チェンも大好きですが、J・リーも好きです。

・・・というかクンフー好きです

だから、クンフースターにはがんばって欲しい・・・
こでまりさんTB&コメント有難うございます (hide)
2006-03-25 13:09:35
『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです

こでまりさんTB&コメント有難うございます

DVDに《主題歌差し替え問題》と《カットされた所の復活》が改善されればいいですね

中村獅童にも注目してます
TB&コメントありがとうございます♪ (こでまり)
2006-03-26 10:29:45
 hideさん、こんにちは!

そうですね~、DVDが出たら、も一回見てみようと思います。

カットされた部分、すご~く気になります
エンディング曲、なんで! (もじゃ)
2006-03-28 00:10:43
こんにちは。TB&コメントありがとうございます。

ジェット・リーの格闘アクションはカッコ良かった。

これが最後だなんて勿体ないですよね。

中村獅童のあの潔さも観ていてグッときました。



日本だけ、別のエンディング曲ってたまにあるんですよねぇ。

もぅやめて欲しいですね。
ホントに・・・ (こでまり)
2006-03-28 09:25:23
 もじゃさん、こんにちは!

日本だけ別バージョンというのは、大人の事情なんかがあるんでしょうが、

止めて欲しいですよね・・・

オリジナルより良くなるなんて、あまりないですもん。



獅童クンはサムライのようでカッコよかったですね~

コメント&TBありざっしたっ! (白髭)
2006-04-18 12:05:32
リンチェイの雄姿に、すっかりヤラれた一本でした。

火の見櫓みたいな舞台での戦いに大笑いの一本でした。

大陸作品の無茶はぶっ飛びすぎてて、突っ込みが追いつきません。

完全版のDVDが出るといいんですけど・・・
こちらこそありがとうございます♪ (こでまり)
2006-04-19 08:59:51
 白髭さん、こんにちは!

映像も結構カットされているらしいので、

DVDでは完全なものを出してほしいですね
TB&コメント、ありがとうございました♪ (cherry@Cinemermaid)
2006-07-20 21:25:30
あらゆるシーンで少林寺と重なって懐かしさに胸はドキドキしました

私も勉強不足なんですがユァンジアの最期は毒殺ではなかったようですよ

伝説化している人物なので、ホントのところは謎らしいですが・・・

リーはまだまだアクションやれますよね~

世界中のファンのために頑張って欲しいです♪
TB&コメントありがとうございます♪ (こでまり)
2006-07-21 08:09:47
 cherryさん、こんにちは!

あのヘアースタイルも懐かしかったです。

まだまだ体があれだけ動くんだから、

続けて欲しいですよね~

良かった~! (メル)
2006-08-21 07:59:47
期待以上にすごく良かったです、これ♪

美しいくらいのジェット・リーと、フォの人生が

重なって見えるような、良い映画だったです。

これが最後の・・・と思うと悲しかったんですが

どうも、決心を変えてくださったようで(^^ゞ

まだ数本出てくださるとか^^♪



教えていただいた40分長いバージョン、私も是非是非見たいので、今、予約しようか、どうしようか・・と悩んでます(^^ゞ でも、買っちゃうかも~(^ー^* )フフ♪



TB,どうもありがとうございました♪

こちらからもさせていただきましたm(_ _)m
TB&コメントありがとうございます♪ (こでまり)
2006-08-21 08:57:10
{/kaeru_wel/} メルさん、こんにちは!



ジェットリ・リー、またマーシャル・アーツをやるんですね~

よかった~

でも、「もう終わり」と言うと、周りの反響が大きすぎて、

きっとしばらく止められませんよ

私達にとってはいいことですけど



完全版DVD、とっても楽しみにしているんです。

ミシェル・ヨーが出てるみたいで・・・

彼女の出演シーンをなくしてしまうなんて、大胆すぎますよね~・・・

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
SPIRIT-霍元甲 06年58本目 (猫姫じゃ)
SPIRIT - スピリット - (霍元甲) これぞ 李連杰 系!!やっぱり、チャイナ服に辮髪でクンフー。 これ、サイコー!! いぁ、ダニー・ザ・ドッグ も、悪くはなかったですyo。でもね、やっぱり彼には、こういう中国クンフー映画に出てもらないと、、、英語しゃべったり、
『SPIRIT』 (京の昼寝~♪)
世界よこれが俺たちの勝ち方だ。 ■監督 ロニー・ユー  ■脚本 クリスティン・トー、クリス・チョウ■キャスト ジェット・リー、中村獅童、スン・リー、ドン・ヨン、ネイサン・ジョーンズ、コリン・チョウ□オフィシャルサイト  『SPIRIT』 病弱だった少
SPIRIT (tosiブロ 物欲優等生)
思ってたのと全然違った。
SPIRIT 評価額・1350円 (Blog・キネマ文化論)
●SPIRITをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 武術の強者として名をはせるフォ。あ
『SPIRIT(スピリット)』2006・3・19に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『SPIRIT(スピリット)』  公式HPはこちら ←クリック 中国公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 父に武道に憧れて天津一の挌闘家になった霍元甲(フォ・ユァンジア)(ジェット・リー)は、その高慢な人格が災いして、人生のどん底へと突き落とされてし
【劇場鑑賞27】SPIRIT(霍元甲) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1910年9月14日 世界初の異種格闘技戦 開幕 世界よこれが俺たちの勝ち方だ。
【劇場鑑賞27】SPIRIT(霍元甲) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1910年9月14日 世界初の異種格闘技戦 開幕 世界よこれが俺たちの勝ち方だ。
【 SPIRIT -スピリット- 】 (もじゃ映画メモメモ)
中国に実在した伝説の武闘家、霍元甲の生涯を描いたアクション作品。主演はリー・リン・チェイと言おうじゃないか。 全編にわたるジェット・リーの骨太格闘アクションがカッコイイ!...まぁ見所そこしか無いんだけどね。クライマックスの対戦相手としての中村獅童は、...
映画館「SPIRIT」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
日本のチョンマゲも相当変な髪形ですが、中国の前ゾリロン毛もね。。。 マーシャルアーツ!カッコいいネェ!この手の作品、久々に観た気がしましたよ~♪ジェット・リーがジェット・リーじゃなくてリー・リンチェイだった頃を思い出しましたねぇ~!本当にもうマーシャ...
映画「SPIRIT」主題歌差し替え関連記事 (SPIRITの魂はジェイ・チョウの霍元甲にある。)
このブログは映画SPIRITオリジナル上映を願い、配給会社様にアピールすべく立ち上がりました。公開後も変わらず訴え続けます。 1館でも、1日でもいい。オリジナル版の霍元甲を日本で見たいという気持ちに賛同いただける方はコメントをお願いします。
SPIRIT (Alice in Wonderland)
リー・リンチェイだった頃のジェット・リーから私は彼のファンです。ハリウッド映画界でも祖国の映画でも素晴らしい活躍をしている彼にです。今回はただのカンフー映画を超越した何か熱いものをこの映画からもらい大満足です。 世界的なスマッシュ・ヒットとなった「HE...
SPILIT (映画評論家人生)
動物園前シネフェスタ 今や何でもOKのワーナーブラザース。日本全国隅々爆撃映画。人気なのか、まだ終わらない。でも終映は近い。ようやく重い腰をあげ、やってきた。 枝葉もなく単純明快なストーリーで、娯楽
2006/03/29(水) 映画『SPIRIT』(原題:霍元甲) (大阪武術文化研究会-Qingxiangの日々的話話-)
この日、“水曜レディースデー”を利用して観に行ってきました。映画を劇場で観るのは、基本的に1年に1回も無い私ですが、なにせりー・リンチェイ(世代的にジェット・リーというイメージではない私←汗)最後の武術映画ということと、テーマが興味深いので、劇場でちゃん...
―― SPIRIT ―― (映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン●)
『SPIRIT』 / 香港・アメリカ ●公開中●  最高っ!!  毛穴ダダッ開きの最強・武術映画!  スタンディングオベーション for 李 連杰(ジェット・リー)!  渾身の演技、気合溢れるアクションシーン、  そしてひさっびさの弁髪。(やっぱ似合
『SPIRIT』+自作連載小説 『ネゴシェイション』 第22話 (ストーリーの潤い(うるおい))
ジェット・リー主演の『SPIRIT』、テーマが興味深かったです。 「憎しみの連鎖はなぜ生じるのか? いったん始まった連鎖を断つには、どうすればいいのか?」 という点、『ボーン・スプレマシー』のラストシーンにも通じるところがあり、かなり良かったです。
SPIRIT (Cinemermaid)
これはジェット・リーのファンには見逃せない映画だ ここ数年のハリウッドで活躍してるジェット・リーとしての彼ではなく、原点の李連杰を彷彿とさせる作品だから クライマックスで中村獅童演じる日本人格闘家と戦うシーンでは、少林拳の最強にして最も扱いづら ...
「SPIRIT (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
SPIRITワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る 優れた武術家を父に持つ少年フォ・ユァンジア(ジェット・リー)。 強さに憧れを抱くフォだったが、息子が同じ道に進むことを嫌った父は 稽古をつけることを拒み続けた。だが、彼は秘かに鍛錬を積み、やが ...
【洋画】SPRIT -スピリット- (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本2/撮影4/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力4/テンポ3/合計33) 『評論』 「SPR
映画『SPIRIT』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Fearless(霍元甲) およそ1世紀前の1910年9月14日、初めての公式な異種格闘技戦が上海で開催される・・伝説となった実在の武闘家、心優しき男の生涯がここに綴られる フォ・ユァンジア(ジェット・リー)の幼少時代は喘息持ちで身体が弱 ...