映画とワンピースのこでまり日記

映画の感想と月曜日にはワンピースのネタばれ更新中~♪
簡単な内容ですが映画の感想もボチボチ更新していきます。

●スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(11)

2008-01-24 | 映画・DVD  さ行


挽肉見たらしばらく思い出しそうだわ・・・特に粗挽きなんか・・・





2007年 アメリカ 117分
監督・・・ティム・バートン
出演・・・ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム・カーター アラン・リックマン ジェイン・ウイスナー ジェイミー・キャンベル・バウワー 
           サシャ・バロン・コーエン ティモシー・スポール




19世紀、ロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは愛する妻と娘と共に幸せに暮らしていた。しかし、美しい妻に恋をしたターピン判事の陰謀で、バーカーは無実の罪を着せられ、投獄されてしまう。15年後、妻と娘を奪われたバーカーはスウィーニー・トッドと名前を変え、フリート街に戻って来た。理髪店を構え、パイ店の店主、ミセス・ラペットの協力を得て、ターピン判事への復讐を始める。




良かったですねぇ~
血をすごく意識させるようなオープニング。
ちょっと朱色がかった色だったので、グロさはそんなには感じなかったけど、
チラッと挽肉が出てきたときには、ちょっと気味悪かったなぁ。

全編モノクロに近い色調で、血の赤が非常に際立つようになっていて、陰鬱な雰囲気が色調からも感じられます。
ストーリーもドロドロとした復讐劇。
だけどティムとジョニーの手にかかるとこうも素晴らしいものになってしまうのは、
驚きと言うべきか当然というべきか・・・


主な登場人物はこの人達。
     
     スウィーニー・トッド、本名ベンジャミン・バーカー。
     判事のトッドの妻を手に入れたいという欲望から無実の罪で投獄されるが、
     15年ぶりにロンドンに帰ってくる・・・

    
     ラヴェット夫人。投獄される前のトッドを知っていて、その頃から秘かに思いを寄せていた。
     帰って来たトッドに部屋を貸す。だが彼女はトッドに言っていないあることが・・・。

    
     ターピン判事。トッドの妻に横恋慕し、彼女を手に入れるためにトッドを投獄した張本人。
     今はトッドの娘の後見人となり、その娘と結婚しようと目論んでいる。


トッドはただただ復讐だけを考える毎日。
ラヴェット夫人はそんなトッドに思いを寄せ、彼の復讐に手を貸す事に。
でも一方では彼との幸せな日々を夢見たりしている。
ターピン判事といえば、トッドの娘に歪んだ愛を押し付け、
彼女が駆け落ちしていなくなるかも、という不安から結婚を決意。

トッドはターピン判事への復讐をもう少しで遂げられるという所で邪魔が入り、
それからはプッツン切れて、次々に店に来る客の首を掻き切り、その人間をミートパイの原料にする事に。・・・。


最終的に復讐を遂げられたものの、悲劇的なラストを迎える事になります。
やっぱり復讐は人の目を狂わせてしまうものですね・・・。
ちょっとしたボタンの賭け違いでトッドは小さな幸せを手に出来たかも知れないのに。


ジョニーもヘレナもめちゃくちゃ歌が上手、というわけではなかったけれど、
それでも役者が歌うのはやっぱり違う、と思わせてくれました。
曲も良かったです。
不安をかき立てるようなものはもちろん、明るいものもある。
特に人肉パイを作る相談をする曲なんて明るい曲調だから、楽しそうにやってるように見えちゃった。

ジョニーはこういう普通じゃない役をやらせたらピカイチですね!(←褒めてますよ、モチロン!)
映画が始まってしばらくはジョニーの顔に見とれて、字幕を読むのを忘れるほどでした・・・


ジョアナとアンソニーのその後、そしてトビーのその後がとても気になりました。
もう真実を語る人は誰もいない訳ですし、3人とも幸せになれるのか疑問です・・・。


余談だけど、 「世界でいちばんパパが好き」 の中で、
主人公の娘がこのミュージカルを学芸会で上映するんだけど、
首を切る場面で校長先生が卒倒してたっけ・・・

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ▲ヒース・レジャー急死 | トップ | ●ヘンダーソン夫人の贈り物(... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (由香)
2008-01-24 16:22:45
お邪魔します♪
TB&コメントありがとうございました。

もちろん、多過ぎる血に「ゲッ」ではありましたし、猟奇的人肉(変な言葉・汗)に「ウッ」とはなりましたが・・・バートンマジックにかかると素晴らしい世界になるから不思議ですよね~
ジョニーなんて、どっからどう見てもトッドになっていたし♪
ジョニーは元々内なる狂気を秘めている方なので(と、勝手に決めている・笑)、こういう役をやらせたら天下一品です!!
歌だって、恨みの籠り具合が凄かった!!

また観に行きましょうね♪
TBありがとうございました (ミチ)
2008-01-24 16:59:00
こんにちは♪
美声で聞かせるというのではなかったけれど、みんなセリフを言うように丁寧に歌っていらしたのがとても良かったです。
残された人たちのこれからがとっても気になりますね。
あの少年はトラウマにならなければいいけれど・・・(汗)
マジック (こでまり)
2008-01-25 12:15:38
 由香さん、こんにちは!TB&コメントありがとうございます

バートンマジック炸裂してましたねっ!
ホラーやスプラッターが苦手な人にはちょっとキツイ場面もあったでしょうが、
それでも見させてしまうのはゴールデンコンビのなせる技ですよ。

ジョニーはこういう役(普通の人じゃない役)って好きですよね~!
オマケにちゃんとなりきってるところがスゴイ。
次は何をやるのかわからないけど、またまた期待しちゃいます。

役者 (こでまり)
2008-01-25 12:19:01
 ミチさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございます

役者さんならではの歌いまわしでしたよね!
確かにミュージカルなんだけど、そんな風にあまり感じなかったのはそのせいかしらん??
トビーはあれじゃあ、トラウマになっちゃいますよね、確実に・・・
細切れになった人間見てるし、パイ食べてるし・・・
素晴らしかったですね (なな)
2008-01-26 21:34:04
>挽肉見たらしばらく思い出しそうだわ・・・特に粗挽きなんか・・・
ぷぷぷ,この見出し,面白すぎ。

バートン監督とジョニー,二人の天才が揃うとこんな
完璧な芸術作品ができるのですね。

おっしゃるとおり,ジョニーは普通じゃない役をやらせたら
天下一品ですねぇ。
普通でないメイクやコスチュームが,あんなに魅力的に見える人って彼しかいない気がする。

この作品でまたジョニーのファンが増えるでしょうね。




こんにちは! (アイマック)
2008-01-27 14:15:08
観てきました~
オープニングはよかったよね!
俳優のみなさん、歌がうまかった。
このミュージカルって、オリジナルもダンスをしないんだろうか・・
難度が高そうなミュージカルって感じしたよ。
最後は唖然としちゃったけど、バートンテイストでした。
ジョニデの歌に興奮した映画だったわ^▽^
こんにちは! (こでまり)
2008-01-27 14:18:05
 ななさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございますぅ

血がタップリのグロい作品でありながら、こんな芸術作品になってしまうのは、
やっぱり2人のなせる技なんでしょうね!
これからも続いていくコンビだから、次回作も楽しみです。

ジョニーって普通じゃない役が似合う数少ない俳優の一人ですよね。
またさらに度が上がってしまいましたよぉ~!
ほんとだ・・・ (こでまり)
2008-01-29 16:11:12
 アイマックさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございます

そういえば、ダンスなかったですね。
ミュージカルっぽくないミュージカルでしたものね!
ラスト、悲劇になってしまったのが残念だったけど、
2人がタッグを組むといい作品になるのが凄いです。
次に見るときは、余裕がある分、もっと堪能してきたいと思います!
ホラー嫌いのあたしには。。。 (ム~ミン)
2008-01-30 21:53:44
こんばんわ。私も20日に観に行ってきました。ものすごく楽しみにしていたのですが、あまりのグロさ(というか血の量)にびっくりしてしまい、終始顔の前に覆いをかぶせながら観てました(笑)

血に気を取られていましたが、後で振り返ってみるとこの映画の素晴らしさ・哀しさを実感し、改めてティム=バートンとジョニー・デップの凄さを思い知りました。
サントラも買ってもらい、また観に行きたいと思っていますが、当分ホラーは勘弁したいです(笑)
苦手 (こでまり)
2008-01-31 19:26:03
 ム~ミンさん、こんにちは!コメントありがとうござます

確かにホラー苦手な人には、後半厳しかったでしょうね~!
それでもみんなを劇場へ足を運ばせてしまうのは、やっぱりティム&ジョニーのなせる技なんだと思います。
2回目はもうちょっと落ち着いて見られますよ、きっと!

おっ、サントラ買われましたか!
どうです?いいですか?
私が今、頭に蘇る歌は「ジョアナ~」ってあれだけ・・・
セリフは思い出せるんだけど、メロディーが浮かんできませーん・・・

そうそうスネイプ先生とワームテールが一緒にいるとろくな事がないのね・・・
なーんて一人でほくそ笑んでました、わたし・・・
ム~ミン (お勧めです!)
2008-02-02 07:01:50
サントラ良かったですよ。ただ、歌しか載ってないので『サントラ』というより『歌集』のような気がします(笑)でも、映画と同様すばらしくて、観てない人も楽しめますよ(現に私の家族は『(これだけ聞いてると)面白そうだね』と言っておりました 笑)。

確かにあの二人がいるといいこと起こったためしがないですよね。6巻の映画もそこら辺のシーンから始まるらしいので、心配です(笑)
うーん! (こでまり)
2008-02-02 11:13:24
 ム~ミンさん、こんにちは!コメントありがとうございます♪

オススメですかっうーん、どうしようかな迷っちゃうわ
ストーリーはグロイわりに音楽は楽しげなものが多かったから、
ご家族がそう仰るのもわかる気がします。

6巻の映画は暗そうですよね・・・ラストも悲しいし・・・
楽しみなような、そうでないような・・・でも見ますよ、絶対・・・!
オープニングからゾクッ (ジュン)
2008-02-04 00:37:10
音楽とあの映像、オープニングからもう素晴らしかったですね。
これぞティム・バートンの世界だ~~と嬉しくもなりました。
トッドが殺人鬼になってしまってからはグロいシーンも数多く
もういい、もういい・・・と心の中では拒否しながらも
狂気に満ちたジョニーの姿は美しくもっと見ていたい・・・という
矛盾が生じていました^_^;
ジョニーはこういう役が実にお似合い。
このテの役をやらせたら彼の右に出るものはいないでしょう。
素敵でしたね。
魔力? (こでまり)
2008-02-05 15:43:35
 ジュンさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございます♪

いつもはグロイのを敬遠する人にも劇場まで来させてしまうのは、
ティム&ジョニーの魔力ですよね~
なんでジョニーってこんなに普通じゃない役が似合うのかしらっ!?
そこが彼の素晴らしさでもあるんですよね~!
また見たいぃ~~!
Unknown (けい)
2008-02-05 23:48:54
こでまりさん、こんにちわ。
TBしようとして全然違う映画のせちゃいました。
ほんと初心者ですみません
お手数ですが削除していただけるとありがたいです・・・。
了解です (こでまり)
2008-02-06 22:59:57
 けいさん、こんにちは!

大丈夫ですよ~~!TBの件了解しました!
始めてしばらくはわからないことばっかりですよねぇ~!
(って、わたし今でもわからないこと多いけど・・・

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿ら...
映画 【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 トニー賞受賞ミュージカルをティム・バートン監督が映画化。 おはなし:19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフ...
血まみれジョニー~『スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』 (真紅のthinkingdays)
 SWEENEY TODD:  THE DEMON BARBER  OF FLEET STREET  ロンドン・フリート街の理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、悪徳判事 ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニ...
『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
今年一本目はこちら『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』です。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (シェイクで乾杯!)
なんて素敵なコピーだろう。観る前からワクワクさせられた。
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (Akira's VOICE)
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (映画鑑賞★日記・・・)
【SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET】R-152008/01/19公開(01/19鑑賞)製作国:アメリカ 監督:ティム・バートン原作:スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィーラー出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (映画を観たよ)
さぁ、色々楽しみ!
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月19日 日本公開 肉まんに段ボールってのは聞きましたけど ミートパイに・・・・ほにゃららが使用されてるとはねぇ (|||_|||)オエーッ "はさみ"から今度は"カミソリ"に持ち替えて さすが&qu...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ジョニー・デップとティム・バートンの黄金コンビで贈る、伝説の殺人鬼の復讐物語。殺人鬼好き、リベンジもの好き、ヴィクトリア朝の英国好きの私にとってはこのうえなく期待の高まる作品で,封切り日に劇場にかけつけてわくわくして鑑賞。 19世紀末のロンドン。ターピ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (小部屋日記)
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サシャ・バロン・コーエン いらっしゃいませ。 そして、永遠...
スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ(スウィーニー・トッド/ベンジャミン・パーカー)    ヘレナ・ボナム=カーター(ミセス・ラベット)    アラン・リックマン(タービン判事)    ティモ...
【2008-12】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」□監督 ティム・バートン □原作 ヒュー・ウィーラー □脚本 ジョン・ローガン □キャスト ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシ...
SWEENEY TODD THE DEMON BAREBER OF FLEET STREET (銅版画制作の日々)
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。   1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルです...
【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師…普通に悪趣味 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況{/face_ikari/}。 短時間でたくさんのトラックバックをg...
狂気に果てた、哀れな男 (MARGARETの徒然草~DiamondDiva~)
猟奇ものはどうなのだろうと思ったが、徐々にあぁ、そういう作品か。と、いうことになりました。『パイレーツ・オブ・カリビアン』からのジョニーファンはショックかもしれない、猟奇もの。ウチの母がそうだった。血の量は多く、グロテスク。しかしそれよりも、ジョニー・...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (BLACK&WHITE)
【SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET】2007年/アメリカ 監督:ティム・バートン  出演: ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、ア...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (2007) (シネマ・コネクション)
ストーリーも微妙だし、ジョニー・デップの歌声も微妙。それから、印象に残る曲が無いってのもミュージカル映画としては致命的。好きなシーンは結構あるけどティム・バートンっぽいのはオープニングだけ。グロいだけの中途半端な作品。 設定だけもらってストーリー(オ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (2007) (けいのよりみち)
ご存知ティム・バートン&ジョニー・デップが組んだホラー・ミュージカル。 昨日観てきました! ジョニーはこの作品でやっとゴールデン・グローブ賞とりましたね。 おめでと~! 残酷なシーンが多くて 「子どもに見せたい映画」ではないなぁ・・・と。 やっぱりこ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (pure's movie review)
2007年度 アメリカ作品 117分 ワーナーブラザース配給 原題:SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET STAFF 監督:ティム・バートン 脚本:ジョン・ローガン CAST ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター アラン・リックマン ティモシー・スポール 道...
映画『スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師』を観て... (KINTYRE’SDIARY)
11.スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師■原題:SweeneyToddTheDemonBarberOfFleetStreet■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■日本語字幕:佐藤恵子■鑑賞日:1月25日、セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□....
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男からカ...