映画とワンピースのこでまり日記

映画の感想と月曜日にはワンピースのネタばれ更新中~♪
簡単な内容ですが映画の感想もボチボチ更新していきます。

「ユナイテッド93」(6)

2007-01-17 | 映画・DVD  や行

この便に乗り合わせていたら、私には何か出来たんだろうか・・・。



’06 アメリカ 111分
監督・・・ポール・グリーングラス
出演・・・クリスチャン・クレメンソン トリッシュ・ゲイツ



2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。うち2機はワールド・トレード・センターに、もう1機は国防総省ペンタゴンに激突炎上した。しかし残る1機、乗客40人を乗せたユナイテッド航空93便は、なぜかターゲットに到達することなく、ペンシルヴェニア州に墜落した。



これは映画の出来がどうのこうの言う作品ではありません。
音楽もなく、主人公もなく、ドキュメンタリーとして進められています。

最後のハイジャックがいつだったか、忘れている指揮官。
ハイジャックらしい、という情報が流れても、事実を把握できない管制センター。
上層部との連絡がスムーズに行かず、後手後手になる軍。
誰もがこれがテロだったなんて、想像だにしなかったあの日の出来事。
決して忘れてはいけない事なんだと、改めて思い知らされます。

自分の乗った飛行機がテロに使われようとしている・・・
そこにいたら、自分は何か出来たんだろうか・・・
いくら考えても、答えが出ません。

ずっと緊張しながら見ていました。
最後はどうなってしまうのかを知っていても、
ラストでは操縦桿が上がって欲しい、という願いをどうしても持ってしまいました。
来月には「ワールド・トレード・センター」もリリースされるので、
それも見てみたいと思っています。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マイアミ・バイス」(5) | トップ | 「ハイテンション」(7) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
管制官の混乱ぶりが (メル)
2007-02-13 10:05:38
とても印象に残りました。
機内の混乱や恐怖は勿論ですが、管制塔も管制官も
軍も、混乱に混乱を極めてましたよね。
こんな事態に陥ったことがないわけですから
ああなるのもわかりました。

映画としての感想を書くっていうのが難しい映画でしたが、いろいろ想像したり、思ったり、感じたり
考えさせられたりする映画でしたよね。
そう、結末はわかってても、なんとかなるんじゃないか?なんて思って見たりしている自分がいました。

TBさせていただきましたm(_ _)m
難しい (こでまり)
2007-02-13 10:39:49
 メルさん、こんにちは~!TB&コメントありがとうございます

感想書くの、私も難しかったです。
ついこの間起きた出来事だし。

混乱を極めるほど誰も想像できなかったってことは、
裏返せば平和だったってことですよね。
(平和でない地域はたくさんあるのですが)
今じゃあ、同じことが二度とないように、もしあってもそれに対処できるようにしているってことは、
悲しい気がします。
もしも乗り合わせていたら (ジュン)
2007-07-24 00:02:05
自分がもしあの便に乗っていたら・・・と想像しただけで
恐怖が押し寄せてきてしまいます。
あの時機内からの電話を受けた人もどんな思いで
愛する家族の声を聞いたのか。。。
本当にたまらないものがありますね。
本編を見終えた後の特典映像の遺族と俳優の面会場面では
さらに悲しみがつのり号泣してしまいました(T_T)
本当に。 (こでまり)
2007-07-24 09:15:47
 ジュンさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございます

家族から最後の電話をもらっても、こっちからは何も出来ないし・・・声を聞けて最終的にそれが良かったのか悪かったのか・・・
想像しようとしても、状況があまりに悲惨で想像できないんですよね・・・。
地面に激突する寸前で映画は終わっていましたが、その後の遺族の様子を納めた特典映像は、最初から泣きっぱなしでした。
映画を見た直後だったので、余計そうだったのだと思います。
でも遺族が少しずつでも前向きに生きようとしている姿を見て、少し救われる思いでした。

ラスト・・・ (なな)
2007-12-12 13:11:48
こんにちは
結果がわかっていても
あの操縦桿が何とか上がって欲しいと祈る・・・
私も同じ気持ちで見ました。
特典映像を観た後で 再度見たときは
最初の,乗客たちが乗り込むシーンからもう泣きっぱなしでした。
この映画を見つめている遺族に,感情移入してしまった・・・。
「ボーン・シリーズ」も凄いけど,こんな映画を撮れるの点でも,深く敬服しました。
グリーングラス監督。
特典映像 (こでまり)
2007-12-12 15:15:31
 ななさん、こんにちは!TB&コメントありがとうございました

本編では涙が出なかったのですが、あの特典映像はダメでした・・・
もうずっと泣きっぱなしだった。
ななさんのように特典映像を見た後では、遺族の事が思い出されてしまいますよね。
映画をみた家族はどんなに辛かっただろうと思います。
でもみんな前向きに生きようとしていて感動しました。

ホント、映画だけ見たら「ボーン・シリーズ」とこの映画の監督が同じなんてネェ、想像できないわ。
スゴイですよねっ!

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
追悼9.11 ユナイテッド93 06年180本目 (猫姫じゃ)
ユナイテッド 93 2006年   ポール・グリーングラス 監督ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン・ブッシェ 出演者、全員新人? トウシロー??てか、管制員の方々も、himself というの、 ...
「ユナイテッド93」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ユナイテッド93ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る 2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った 旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。 うち2機はワールド・トレード・センターに、もう1機は国防総省 ペンタゴンに激突炎上した...
ユナイテッド93 (BLACK&WHITE)
【UNITED 93】2006年/アメリカ 監督:ポール・グリーングラス   出演:ハリド・アブダラ、ポリー・アダムス、オパル・アラディン、ルイス・アルサマリ、デヴィッド・アラン・ブッシェ、リチャード・ベキンス 200
ユナイテッド93 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
この作品は、アメリカ同時多発テロでハイジャックされた4機のうち唯一目標に達しなかったユナイテッド航空93便の離陸から墜落までの機内の様子を残された資料や証言などにより可能な限り再現、製作されたドキュメンタリードラマだ。 ・・・・これは,是非,特典映像と合...
ユナイテッド93 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2001年9月11日 4機の旅客機が ハイジャックされた。 3機はターゲットに到達。 1機のみ到達せず。』  コチラの「ユナイテッド93」は、8/12公開になった9.11を初めて真正面から描いた映画として話題になった作品ですが、早速観て来ました。5年前に感じた衝撃を...