京都みてあるき

旅の覚え書きと写真のおきばと感想集。ついでに園芸の話。母君と二人旅で、近畿の名所に参ります。写真整理中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

石光寺(染寺)の寒牡丹

2007-12-25 18:35:04 | 奈良・冬(12月~)
2007/12/22(土)

石光寺の寒牡丹
他の花 梅・桜・春牡丹・芍薬・百日紅・蝋梅など
去年の寒牡丹はコチラ

冬になれば、外せないのが石光寺。今年も寒牡丹を見に行ってきました。
冬に咲く牡丹は当麻寺奥院や長谷寺に多い冬牡丹
(一部寒牡丹もあるようです)と、石光寺にある寒牡丹です。


満開の寒牡丹。
春牡丹より楚々とした風情。

寒牡丹は二季咲きですが、冬に綺麗に咲かせるために、
春は咲かせないこともあるようです。
石光寺のは、二季咲いているのかは、春に行ってないので
不明です。


雨に濡れる寒牡丹。
少し寒そうです。

寒牡丹の見分け方は、葉で、寒牡丹の方が、寒さに対応して、
葉が小さく、花も少し小さめのようです。
寒牡丹は一度には咲かず、(冬の花にはままある性質)
ここ石光寺でも、50~60株ぐらいしか一度に見ることはできません。


↑石光寺の寒牡丹

↑当麻寺の冬牡丹(参考)


笠をかぶった寒牡丹は雪を被ればすごく風情がありますが、
この日はあいにく冷たい雨の日で、うなだれた牡丹が多かったです。
しかし、ここの笠はしっかり深く作ってあり、雨が降っても
思ったより花が傷んでなかったので、綺麗でした。


早咲き性質の侘芯椿。
一般に侘助椿とは、太郎冠者(有楽椿)の系統を言う。
この花が、太郎冠者系統かは不明だが…


去年より多く咲いていたので、見頃だと思います。
去年は多く咲いていた山茶花は、この雨でかなり散ったようでした。


万両の実が一層華やかで目立っている。


週末はまた雨なのが残念ですが、1月上旬までは見頃の
ようです。
他にも樹齢約300年以上という百日紅、
染井吉野の大木(樹齢は100年ぐらい)などもあり、四季を通して
見所の多いお寺だと思います。


珍しくしっかり開いた寒牡丹で締めです。


もしかしたら、今まで行った奈良のお寺の中で一番好きかも
しれない?です。
『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葛井寺の秘仏公開 | トップ | 當麻寺奥院の冬牡丹 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見事な寒牡丹 (ciba)
2007-12-28 23:31:41
きれいな寒牡丹ですね。

でも、冷たい雨の中、ご苦労様です!
私は一日家の中で過ごしました。
ピーク (Mini)
2007-12-29 00:21:37
私が行った時はまだ咲き始めでしたが、ピークの頃だったんでしょうね。雨に濡れた寒牡丹も素敵です。
ここは蝋梅もたくさん咲くんですね、是非訪ねてみたいです。
奈良の冬花 (kodama)
2007-12-29 02:14:11
>cibaさん
さすがに雨には辟易しましたが、
今週末も雨ですね。場所によっては雪かも…!?
って感じの天気予報なので、冬眠にはまだ
早いですよ~♪
万が一、雪情報入りましたら、ご一報よろしく
お願いします!(ちゃっかり)

>Miniさん
公式HPを見ると、今もかなり咲いてるみたいですよ~
50~60株ぐらいでも、寒牡丹の名所は少ないので
貴重です。

蝋梅の頃もいいですよ♪この時期は花が少ないので
いってみる価値はあると思います。公式HPに
情報、出ると思います。






コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。