竹と遊ぼう。伊藤千章の日記、

小平市と掛川市の山村を往復して暮らし、マラソン、草花の写真、竹細工、クラフトテープのかご、紙塑人形の写真があります

孟宗竹が枯れている?

2017-06-19 11:05:40 | 竹工芸

昨日の日曜日、久しぶりに五日市街道沿いの歩道を走りました。
砂川9番から小平市にかけて古い屋敷が点在します。
そこに生えている竹は孟宗竹です。

今では淡竹や真竹は竹細工に使われなくなったので、なくなってしまいました。
わずかにタケノコを食べるために孟宗竹だけ残されています。

その孟宗竹の一部に枯れた竹が見られます。
でも数本が枯れているだけで孟宗の竹林全体が枯れているわけではありません。


もう少し様子を見なければ。



農林水産省からの回答では淡竹が枯れているだけとのことでした。

でも5月31日の毎日新聞には以下のような記事がありました。


 横浜市中区の日本庭園「三渓園」で、竹とササの花が静かに咲いている。専門家によると、数十年ぶりの一斉開花とみられ、同園の職員、羽田(はだ)雄一郎さん(41)も「一生に1度見られるかどうかの貴重な花で感動している」と語る。

 同園によると、花が咲いたのは高さ5メートル前後のタイミンチクと同数十センチのオロシマササ。園内の計約260平方メートルに生え、4月下旬ごろから咲き始めた。いずれも枝の先に黄緑や茶色のイネのような花をつけている。6月上旬ごろまで見られそうだという。

 横浜市立大の坂(ばん)智広教授(植物遺伝育種学)も「竹やササは、身近にあるけれど謎が多い植物。数十年ぶりに咲くという歴史と夢を感じてほしい」と話している。【杉山雄飛】<

今後どうなるのか分かりませんね。淡竹だけでなくほかの竹の花も咲いている、ちょっと不気味ですね。


今朝は久しぶりにスピードを出して走りました。
記録は16キロ走って1時間48分37秒、キロ6分47秒。
2月からタイムを取り始めて、ベスト2の記録です。
最近は計時をしないで走っているので何か衰えたような気がしていました。
でもまだまだ大丈夫なようです。

10月22日の大井川マラソンにエントリーしています。
後は2月の東京マラソンにエントリー予定。
抽選に当たればいいですね。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツの青年ウリさん来る。 | トップ | 梅雨の富士山。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

竹工芸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。