產田ノ眞名井戶ノ神ノ末裔ヨリ

天に導かれるままに、旅紀行を綴っていきまする。

フォトはクリックすると大きくなります。

2006年2月23日 3 粟飯原氏の始祖

2006-02-23 23:00:03 | history
「粟飯原常基 生没年不詳」

 平安時代後期の下総国の豪族。初めは、常益、孫平と名乗る。父は、千葉常永の三男で伊北郡領主であった常房。常基はのちに岩部五郎を称し、さらに粟飯原氏を名乗るようになる。粟飯原氏は代々千葉氏の臣下として活動する。常基の子、、有胤は源頼朝に使えている。

『鎌倉・室町人名事典』 (新人物往来社)より・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 昔から辞書は好きなので開いたページを読んだりしている。意外と、面白い知識を得たりもできるものです。この粟飯原氏に関しては、ふと開いたページにあって読んだのでついでに紹介するだけです。
 粟飯原という苗字はどこぞかで見たことがあるんだけど、この流派だけなんでしょうか?結構、平安中期から鎌倉初期の本は読み漁っていた経緯があり、結構詳しいつもりでしたけど、まったく知らない人だったので、いつか将来に平家の系図を作るときに参考にしたいですね(系図マニアです)。
ジャンル:
話題の人
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2006年2月23日 2 H... | TOP | 2006年2月23日 4 ... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
千葉さんですyね (@塾長)
2006-02-23 22:12:49
粟飯原さんって、「あわいいはら」さんですかと聞いたことがあります。

神奈川の当人は「あわいはら」でいいですよ。

って返事をされておりました。

結局、本当のところを訪ねられませんでした。
Unknown (湖澄)
2006-02-23 22:33:21
塾長、訪問ありがとうございます。

『あいはら』と読みます!

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | history

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。