產田ノ眞名井戶ノ神ノ末裔ヨリ

天に導かれるままに、旅紀行を綴っていきまする。

フォトはクリックすると大きくなります。

2008年11月15日 薩摩と肥後 7 人吉城跡

2009-01-09 07:48:19 | 中国、四国、九州
((足跡))

1.薩摩國一之宮新田神社 → 2.薩摩國二之宮加紫久利神社 → 3.忠元神社 → 4.諏訪神社 → 5.新納忠元墓

→ 6.人吉城跡 → 7.青井阿蘇神社 → 8.肥後國一之宮阿蘇神社 → 9.國造神社 → 10.阿蘇山 → 11.熊本城跡

→ 12.長崎ちゃんぽん リンガーハット

〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓★〓

 大口から山の中を車で走り、人吉のインターに向かっていたら、同じ方向に人吉城跡の看板が見え、通り道なので、よることにした。

 相良氏自体そんなに大きな大名ではなかったので、そんなに大きな城とは思っていなかったが、意外と、大きな城郭であり、感激した。
個人的には、熊本城よりも感触がよかった。まあ、個人的に、加藤清正が死ぬほど嫌いなこともあるのだけれど。

 素晴らしい城だったと思う。


1.三の丸石垣



2.清兵衛門跡



3.相良護国神社




 人吉城跡(三の丸跡と思われる)に鎮座。人吉および球磨地域の国事殉難の英霊を祀る。

4.大村米御蔵跡、欠米蔵跡



5.御下門跡




6.中の御門跡



7.二の丸跡と御殿跡




8.本丸跡



9.水ノ手門跡



10.武者返し



 ヨーロッパの築城技術である槹出工法を応用した「武者返し」と呼ばれる独特の石垣。武者返しは城壁最上部に平らな石がやや突き出して
積んであり、ねずみ返しのように城壁越えを阻止すると共に、割合簡単に落下させられるようになっており、城壁に張り付いた敵への
攻撃にもなるような構造になっている。日本では、他に函館の五稜郭のみである。


★人吉城跡★ 熊本県人吉市麓町

 国史跡

・梯郭式平山城。
・相良長頼が鎌倉時代に地頭として人吉荘に赴任して以来35代670年の長きにわたって居城であった。
・江戸時代には人吉藩の藩庁があった。
・本丸には天守は築かれず護摩堂があったらしい。
・享和二年(1802)には城内から出火、文久二年(1862)二月には城下町の鍛冶屋から出火があり「寅助火事」と呼ばれる大火になり、
この二度の大火で城は全焼している。
・明治十年(1877)に起こった西南戦争で、西郷隆盛軍の拠点となり戦闘が行われ、この時に幕末に再建された建造物も全焼した。
ジャンル:
その他
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2008年11月15日 薩摩と肥後... | TOP | 2008年11月15日 薩摩と肥後... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 中国、四国、九州

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。