製本や御朱印帳作成、和綴じ製本なら高い実績【高知製本】ブログ

製本全般(和綴じ製本、上製本、合本、論文製本、図面製本、御朱印帳など)で多くの実績を誇る製本屋のブログ

助けてください。(西国霊場の件)

2017年02月11日 06時55分17秒 | 製本

お世話になります、高知製本です。大学時代の友達が週刊誌に載っており、かなりの大バッシングを浴びているのを見てびっくりしている今日この頃です。友達を久しぶりに見るのが週刊誌ってなかなかない経験ですね。人生とはわからんもんです。

さて、実は去年より進めております、「西国33か所霊場専用の納経帳」の制作の件で実は決めかねていることがありますので、みなさんからの意見を頂戴したいと思っています。ちょっとネタばらしになりますが、和綴じ式の納経帳にしようと思っていろいろと試行錯誤しているのですが、最終的な寸法を決めかねています。

当初の予定では当社の他の和綴じと同じB5寸法にしようと思っていたのですが、A5の方がいいんじゃないか?という意見が浮上してきており、僕もそのほうがいいのかな?とちょっと揺れ動く乙女心になっています。理由としては以下の2点、

1、四国以外ではB5寸法は大きいと感じられるしたいていA5ぐらいの小型が主流になっているため

2、女性のカバンとかに入れるにしてもB5だと大きい、A5でなんとか。

四国霊場はB5の納経帳が主流なのでそれが普通だと思っていたんですが、知人が京都に行ったりした話を聞くと自分以外はみんなA5ぐらいのものを持ってたとか話を聞きますし、うちのショップでもB5を初めて購入したお客さんからはたいてい「でか!」という感想を頂きます。(笑)実際に御朱印をもらうとその大きさゆえに大迫力って感じで、使ってみるといいね!ってよく言われます。だから、より多くの方に使っていただくには寸法をA5にしたほうがいいのかなと思っています。

ただ、B5だとビニールカバー付きで作れるんですが、A5の場合だとカバー無しになります。B5だと現在の当社の他の納経帳と同じ寸法になるので同じビニールカバーが使えるんですよ。だけどA5だとそれが使えないので、金型から起こさないといけないんですね。そうなるとコスト的にかなり厳しいなと思っていますんでカバー無しになる予定です。

どちらがいいと思うか。実際に廻られているみなさんの意見を聞いて決めたいと思っています。下記フォームからご連絡いただくか、FBのコメントやツイッターとかメールとか、なんでもいいのでご意見ください。

ご意見はこちら

よろしくお願いいたします。

 

===========================

・製本ならなんでもお任せ高知製本
・御朱印帳や納経帳、エンディングノートなど土佐和紙で企画中、高知製本ショップオープンです♪
御朱印帳販売Yahoo!ショップ店
高知製本フェイスブック
高知製本ツイッター
激安、1冊からの出版のカタチ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予約販売終了間近!御朱印帳... | トップ | ご意見、絶賛募集中! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。