製本や御朱印帳作成、和綴じ製本なら高い実績【高知製本】ブログ

製本全般(和綴じ製本、上製本、合本、論文製本、図面製本、御朱印帳など)で多くの実績を誇る製本屋のブログ

続・製本屋3代目、大稼ぎ!

2017年04月01日 09時09分20秒 | 技術継承

オス、高知製本です。

先日、小学校の息子を2日間会社に連れてきて仕事をしました。いつもは学校が終わると学童に預けているんですけど、年度末のこの二日間は学童もお休みなんですよね。なので、自宅に小学1年生を置いてくるのもなんなので会社へ。

工場は紙だらけ、まあね、一年で一番忙しい時期なんですよマジで。要領よく、1人で2つの機械を動かしたりしながら仕事したりしてます。普通のオペレーターにはできないと思いますし、ケガするといけないんで従業員にはやらせませんが、僕や社長なんかはそれやっちゃいます。素敵、俺ってば素敵。

仕事の段取りを考えながら同時や交互にできる作業は一緒にやったりしないと間に合わないんすよね。この時期だけ忙しいからと言って期間人員を雇ったとしても、使えるようになるのに半年ぐらいは最低かかるのでそれだともう繁忙期終わっちゃうって感じ。この業界のこの時期はなかなか辛い、取引先の某謄写堂も職人や営業関係なくみんなで夜中の4時まで仕事やって、その後8時出社とか言ってましたね、ブラックどころの騒ぎじゃねえよな。

そんな中、とある製本で版付けの間違いを発見。せっかく見本通りに折丁までやったのにページが逆になってたという、製本屋あるある。けど印刷屋にミスされるともう回らないんすよねこの時期は、無理だあ~。ってわけで、なのでたまたま会社に来ていた息子にそれの直しをやってもらいました。まあ、紙を裏返すだけの簡単な作業なので。

紙をせっせと裏返している息子、そこへその印刷屋の社長が来ました。

「ごめん、俺のミスや。ようし、おんちゃんがおこずかいあげよう。」

けなげにお手伝いしている息子になんと1000円も。めっちゃやる気なさそうにやってた息子ががぜんやる気になってたのが笑えた。その後も年に数回しか来ないようなレアキャラな他の印刷屋の社長も来て息子にお小遣いや!といって1000円いただきました。

すげえな、たまたま会社に来て2千円も稼いだぞ息子よ。小学1年生にしては多くないか?俺なんか小さいころ、一日手伝わされて100円とかしか貰えなかったぞ。工場の断裁機の下とか潜り込んで隠れたりしてたなあ、今思うと危険だなあとか思っていたら、あっという間にコンビニで1個400円の仮面ライダーエグゼイドのおもちゃを5個ご購入。

こいつは金の使い方が刹那的だ。誰に似たんだ?

===========================

・製本ならなんでもお任せ高知製本
・御朱印帳や納経帳、エンディングノートなど土佐和紙で企画中、高知製本ショップオープンです♪
御朱印帳販売Yahoo!ショップ店
高知製本フェイスブック
高知製本ツイッター
激安、1冊からの出版のカタチ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番組オファー | トップ | 忙しさの隙間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。