製本や御朱印帳作成、和綴じ製本なら高い実績【高知製本】ブログ

製本全般(和綴じ製本、上製本、合本、論文製本、図面製本、御朱印帳など)で多くの実績を誇る製本屋のブログ

いろんな法律家

2017年08月19日 10時34分25秒 | 高知

押忍、高知製本です。

当社では新規事業として製造小売りを数年前に始めましたが、新しい事をやるときってのはいろいろとわからない事が多いんですよね。そんなときに頼りになるのが専門職、法律関連なんかもそう。商工会議所の会員なら年に何回か無料で相談ができるので何度か利用させていただきました。弁護士には仕事におけるまあなんというかトラブル関連、弁理士には商品の商標や意匠、著作権の事などで何度か相談して具体的なアドバイスも頂きました。あと最近は県外の紙工屋さんとか製本屋さんとかも知り合いが増えてきたってのもあり、それらの方にもいろいろと相談に乗ってもらったりしてます、ありがたいですね。みなさん、ありがとうございます!

商工会議所の弁護士への相談は会議所の人間もいっしょに行って内容を一緒に議論するので法律の先生もしっかりと対応してくれます。よく自治体の無料相談で弁護士に相談することが全国どこもできると思いますが、あれって当たりはずれが激しいらしく、やる気あんまない先生にあたるとただの時間の無駄だったりするそうです。知人が何人か相談に行った事があって、話を聞いた事もあるんですが、めんどくさそうに対応されて時間がすぎてはい終わり、みたいな感じだったみたい。具体的なプランも何も提案もなく、専門家への相談というか、おじさんに愚痴を言いにいったレベルで終わったとか、、、逆にすごい良かった。って言ってた人もいたけど、まあ人によるんでしょう。

人によるといえば、ちょっと面白い話を聞きました。先日うちの取引先が某弁護士のチラシ制作の仕事を受けて、いろいろとデザインやらなんやら進めていたらしいですが、急にやっぱりやめると言われて、そこまでの仕事の代金を払ってくれなかったようです。印刷屋としてはまあ、工数かけて人件費やらなんやらかかっているわけで、その分だけでも支払ってくれと言ったらしいですが、払うどころが逆切れしてきたらしい。終いには「契約書を交わしてないので無効だ!」だって。

たかだか3万円ぐらいのチラシの仕事で普通いちいち契約書なんか交わさないし、せめて経費だけでも払ってくれって事は1万円程度とかでしょ?そんなのを踏み倒す人ってまず人としてどうよ?なんつうか、確かに契約とかしてないけどもやね、その前に人間としてというか、公序良俗というか、モラルというか、あるやん人間ってそんなんがと思っちゃいますね。

仕事なくてお金ないのかな?まあいろんな人間がおりますわな。ちなみにその先生の名前は教えてもらったのでうちも仕事は受けないようにしますし、その印刷会社さんは「やめちょきよ!達悪いで!」っていろんなところでベラベラと力説してたので、仕事受けてくれる印刷会社なくなるかもしれませんよね。横のつながり結構あるからねこの業界。

人のふり見て我がふり直せ。ってことわざがありますが、こんなかっこ悪い大人にならないように努力します。ってか十分もうおっさんやけども。

 

===========================

・製本ならなんでもお任せ高知製本
・御朱印帳や納経帳、エンディングノートなど土佐和紙で企画中、高知製本ショップオープンです♪
御朱印帳販売Yahoo!ショップ店
高知製本フェイスブック
高知製本ツイッター
激安、1冊からの出版のカタチ

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・新作芳名帳 | トップ | 再販、土佐和紙御朱印帳カバー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

高知」カテゴリの最新記事