リゾートホテル社長になった(地位保全仮処分申立中)脱原発活動家のブログ           ~街カフェTV/藤島利久~

どんなに苦しくても世の中が真実で満ちていればそれでいい  
どんなに辛くとも信じるに足る社会であれば人々は生きて行ける

野党は『1月20日まで交渉相手もわからなかった』という嘘を追求すべき / 世界に拡げよう I am not Abe ④

2015年02月05日 | 世界に拡げよう I am not Abe

⇒街カフェTVは脱原発や冤罪事件解決に取組んでいます。

1日1ポチ応援よろしくお願いします。

  ■ 街カフェTVの録画一覧 

  ■ プロフィール/選挙情報


 * * *

阿修羅

 

安倍内閣が国会質疑であれこれ嘘を重ねるうちに色々と矛盾が顕になってきた。

野党に頑張って追求して貰いたいので、こちらは資料整理に務めたいと思う。

安倍内閣は、後藤さん拘束について、『1月20日まで交渉相手もわからなかった』と国会答弁しているのだが・・・



 



これは真っ赤な嘘である。

次のように、後藤さんの妻宛てに、イスラム国から身代金を要求するメールが届き、その内容を知らされているのだ。。。野党各党は、先ずは、この安倍首相と岸田外相の嘘を厳しく追及すべきだ。


 

妻のメール通じ直接やり取りしてない~外相

 

日本テレビ系(NNN) 2月5日(木)16時31分配信

 国会では5日も日本人殺害事件を巡る質疑が行われている。中東訪問中、安倍首相がイスラム過激派組織「イスラム国」の周辺国などに支援を表明した表現について野党側が追及している。

 民主党・福山参院議員「(中東で支援表明をした際)最悪の事態は想定したかと聞いている」

 安倍首相「様々な政策判断をするという時については、様々な状況を想定するのは当然のことだろう。その中において、こうしたスピーチを行うことの影響というのも当然、頭に入れる」

 安倍首相はさらに、「私は間違っていなかった」と述べ、支援を表明したスピーチについて問題はなかったとの認識を重ねて強調した。その上で、安倍首相は「テロからの恐怖や脅威を減少させるために何をすべきかという観点から判断した」と説明し、その判断が正しかったのかも含め、今後、一連の対応を政府で検証していく考えを示した。

 一方、岸田外相は「去年12月3日に後藤健二さんの妻から『イスラム国』からメールが届いたという連絡を受け、それ以降、後藤さんの解放のために支援をしていた」と述べた。その上で、政府として後藤さんの妻のメールを通じ、「イスラム国」と直接やり取りしたことはないことを明らかにした。

 





    世界に拡げよう・・・

            I am not Abe !!





⇒街カフェTVは脱原発や冤罪事件解決に取組んでいます。

1日1ポチ応援よろしくお願いします。


■ 街カフェTV活動費カンパ寄付のお願い ■

 

【郵便局】 当座 一六九店 75499  「真実の基金」

  *郵便局ATMからは⇒ 記号番号:016605-75499 真実の基金

【四国銀行】 県庁支店 普通口座 0441092 シンジツノキキン


       * * *

Fujiwan


街カフェTVの活動は、国民の皆様の善意で成り立っております。

ご提供戴いたカンパ・寄付金は、冤罪事件解決、脱原発社会・真実が溢れる社会の実現に向けた街カフェTVの活動費とし、努力を継続致します。よろしくご協力ください。

 

藤島利久のゆるキャラ「フジワン」⇒ 土佐犬キャラです。ヨロシク!

連絡先

携帯 090-1003-1503 

メール kochi53@triton.ocn.ne.jp

 

  

 
 

 ■ 街カフェTVの録画一覧 

 ■ 先頭のページへ

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人道支援は敵も味方も区別な... | トップ | 後藤健二さんラストインタビ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL