Category : いかすMovie


こっちゃんポイント ★★★★

鑑賞環境  試写会 
上映時間 96分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月 2005/12/10
ジャンル ドラマ/ファンタジー/ロマンス

クリスマス・イヴに一段と華やぐNY。しかしそんな日に、幸せからはじき飛ばされてしまった人々がいた。認知症の母の看病に明け暮れる、バツイチの独身女性ローズ(スーザン・サランドン)。婚約者の異常な嫉妬深さに悩む、美しいニーナ(ペネロペ・クルス)。彼女を愛するがゆえ、つい嫉妬深くなってしまうマイク(ポール・ウォーカー)。偶然出会ったマイクに、執拗につきまとう老人アーティ。そしてローズが母のいる病院で出会った、謎の見舞客・・・。それまで見ないフリをしてきた孤独や悩みに向きあった彼らは、この聖なる日に小さな奇跡と出会う。(goo映画より抜粋)

 

「大停電の夜に」がクリスマス映画の日本代表なら、こちらの「NOEL ノエル」はアメリカ代表ですね。

映画の前半で何人かの人がまばらに配置され、時には互いに接点をもっていくというアプローチは「大停電の夜に」に似たものを感じます。もちろん停電にはなりません。(笑)そして最後に一つに結ばれたりもしませんが・・・・。
もし、聖なるクリスマス・イヴの夜に「大停電の夜に」とこちらの「ノエル」どちらを観たい?と聞かれれば、こっちゃんは「ノエル」の方を選びます。好みの問題ですよ、あくまで。作品の良し悪しではなくてね。

さてこの物語、ニューヨークの同じ空の下で、ごく自然な日常がクリスマスのイブの夜を迎えようとしています。
誰もが聖なるこの夜に、自分の悔いや罪を清め幸せになることを求めていく。どん底を味わうほど不幸ではないけども、決して100%幸せとも言えない_そんな人たちが主人公のドラマです。ありがちな内容ではありますが、この映画で思わず泣きそうになってしまうシーンが2~3箇所ありました。

自分の生活に楽しみを求めるよりも母親の看病に足を運ぶ、そんなバツイチ女性のローズと、1週間後に結婚を控えたカップルのマイクとニーナが物語の主軸となります。この2組の姿を追いながら話が進んで行くのですが、それぞれの心情は「幸せ」というものに対して、寄り添ったり、離れたり、見失いかけたりと大きく揺れ動いて行きます。そんな彼や彼女らの前に待ち受けていたちょっとだけ不思議な出会い

このお話は好きですね~。ちょっとだけファンタジーです。ちょっとだけね。でも、クリスマス・イヴの夜にはこんなことあってもいいなって思えちゃう

初対面の客である同性のマイクに対して、愛しい眼差しで視線を送るカフェの老人男性の登場。「ただのゲイ」か?それとも「異常者」か?という微妙な雰囲気が漂い始めます。やがて自宅まで訪ねて来て、突然とんでもないことを言いだすこの老人。アーモンドクッキーが鍵を握るその話とは?

「え?そっちの話なの?」ってちょっとワクワクしちゃいます。ここからドンドン引き込まれてゆきましたね。

警察官なのにキレ易い。フィアンセに異常なまでの嫉妬心を抱く男のマイクを「ワイルドスピード」のポール・ウォーカーが演じています。口より先に手が出るタイプの役柄です。

彼のフィアンセであるニーナをペネロペ・クルスが演じてますが、どーもこの二人。このマイクの性格がネックになっていて一週間後の結婚もままならない感じ。「実家に帰らせて頂きます」状態のニーナを追いかけることも出来ないマイクは、そんなバッドなタイミングに押しかけ訳のわからぬコトを言い始める老人に当り散らしたりもします。ポール・ウォーカーって、ホントそんな役にピッタリ(笑)

で、そんな話のもう一方で、スーザン・サランドン演じるローズのお話も展開して行きます。こちらも実に痛い!

クリスマス・イヴというこの日に、よりによって心に深い傷を負うほどの思い出を持つ彼女。病院で生活を送る母親の看病をすることにより傷を癒そうとしているのか、はたまた忘れ去ろうとしているのか、とにかく自分の幸せについてはつい尻込みをしてしまします。せっかく言い寄ってくる男性をも受け入れられず、平静を装いながらもちょいと背中を押されれば、いつでも氷の海に身投げをしそうな雰囲気すら持っています。

イブの夜は病院に家族がやってきて、それぞれの病室には明るい光がともる。そんな中、ローズが母の隣の病室に目をやると、だれも見舞いに来ないまま寝たきりの老人が・・・・。「まぁ可愛そうに」と思いつつ、窓に天使のガラス細工の人形を飾り、ひとこと優しい言葉をかけるのでした。

ところがですよ、誰もいないと思ったその病室のドアの陰に、隠れるように座ってた男がいたんです。気が付かないだけで、見舞い客は初めからソコにいたのですよ。彼の役を演じるのはある有名俳優。この映画ではチラシでも名前を明かさず、エンドクレジットにすら名前が出てこない人物です。物語の大切な鍵を持つ人ですので、これからご覧になる方の為に名前は伏せておきます。楽しみにしていて下さいね。

初対面なのに気さくに話せるその男性とローズは、ある出来事から彼女の自宅で夜を明かしましょうということになるのですが、朝が来て彼の奇妙な言葉を耳にしたローズはその途端、彼を拒絶し追い返してしまうのでした。そして、彼女はその事をまた悔やんでしまうのです。さて、この後の展開が見ものですよ。

初めはとにかく色んな登場人物が出てきてあれ?あれ?「ラブ・アクチュアリー」の再来か?とも思ったりしますが、このようにその焦点は二つに絞られて行きますのでストーリー全体はとっても分かりやすく出来上がってましたよ。二話同時進行的なこの話をピンボケに感じてしまう人もいるかもしれませんが、こっちゃんは、それぞれのエピソードに味わいがあって良かったな。

マイクが老人に対して最後に言った「救いの言葉」
ニーナがマイクに捧げた「最高のクリスマスプレゼント」
40歳前にして、いまだ自分を見つめることが出来ずにいるローズに訪れた「一夜の奇跡」

観終わった後に幸せが空から舞い降りてくるような、素敵なお話しですよ。
クリスマス・イヴにはピッタリですね。

この映画ではとにかくスーザン・サランドンの演技が光ります。悩みや葛藤などの心の痛みを実に素晴らしい演技でじっくりと見せてくれます。母の病室で飾ろうとしたクリスマスツリーのイルミネーションのささやかな光りさえも消え、やり切れずツリーを壊してしまうところなんか、もうグッ!ときますから。まだまだ美しい、そして可愛らしい一面も持ち合わせた素晴らしい女優・・・・いや女性ですね。あ、それとペネロペ・クルスも今まで観た映画の中で一番キレイに感じましたヨ

公開時期がクリスマスにかかるということで「大停電の夜に」を引き合いに出しましたが、どちらも良い作品です。どちらを選んだとしても「幸せ」を味わうことができますよ。
こっちゃんが心地良い「余韻」を長く味わえたのはこちらの「ノエル」の方でした。オススメです。年に一度しかやって来ないクリスマス。大好きな人と、こんな映画はいかがですか?


みなさまにも素敵なクリスマスが訪れますように。

心より_メリークリスマス

《2006.08.04記事一部改訂》

 

【作品】NOEL ノエル

 

ラブ・アクチュアリー ギフト・スペシャル

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

2枚入りです♪一枚は大好きなあの人にプレゼント♡品切れご注意下さい♫

 



Comment ( 22 )  |  Trackback ( 15 )
     
« Mr.&Mrs. スミ... 男たちの大和... »




 
コメント
 
 
 
ヒャッホ~~、1番乗り! (m52387177)
2005-12-06 14:11:10
久しぶりの一番乗り~。



おいらが見られるのは、来年のクリスマスかな?(笑)

DVDまでお預けです。(笑)

 
 
 
観たいけど~ (yuki)
2005-12-06 17:46:12
この作品気になって観たいのですが…上映してくれる場所が近くに全く無いんです。もう少し検索して調べてみたいと思います。

クリスマス~~・・・私も来年のクリスマスになりそうです。
 
 
 
前売り買ったばかり! (choro)
2005-12-06 18:45:30
きゃ~~!こっちゃん、もうご覧になったのね!



先日から何度か予告を観て、大好きなスーザン・サランドンだし、何と言ってもやっぱりクリスマス映画も一本くらい観たいな~と思って、前売り買っちゃいました~

(今月は忙しくて水曜日には行けなさそうなのです

し、しかし大好きな人と一緒じゃなくて一人で行く予定・・・

 

こっちゃんのポイントも高いし楽しみだな~

ノンクレジットの俳優って誰だろう・・?



でもyukiさんがおっしゃっているように上映館、少ないんですよね~どうして?・・
 
 
 
いやぁ~良い映画だ (マックス・サンタ晴郎)
2005-12-06 20:00:29
ゴキゲンいかがですか。サンタ晴郎です。

いやぁ~、これは久々に良い映画ですね~。

クリスマスにピッタリ。

こっちゃんポイントも高いし、観なきゃソンですね。

でも、上映館がメチャ少ないのは何故でしょう?



それでは、またお会いしましょう。

いやぁ~ペネロペって、ほんッとにイイ女ですね。

・・・あれ?
 
 
 
これ観た~いけど・・・ (ska)
2005-12-06 20:27:08
上映館の関係で観れるかは不明っす。

ポスターからしてラブアク意識♪きっとワタシ好みの

映画だと思って。。。こっちゃん、一足早く観られて

うらやましいなぁ。
 
 
 
観たいなぁ (はんな)
2005-12-06 23:52:02
観ようと思っています。スーザン・サランドン、いいですよね。

テルマ&ルイーズの頃から、いいナと思ってます。プラピも出てますが…。



スウェーデンにノエルの投票があって、トップになった若い女性が各国を訪問して賛美歌を歌う、というのがあります。



 
 
 
あたしもっ! (miyu)
2005-12-07 00:03:59
観ようと思ってます。

ミニシアターの招待券が当たったので、

コレにしようかなぁって思ってるんだぁ♪

こっちゃんもオススメなら安心して観に行けるわっ

あっ!こっちゃん♪今も1位だぉ

やったねっ

メリメリクリチュマチュッ
 
 
 
邦画好き…も (やっぱり邦画好き…)
2005-12-07 08:03:14
コレ観ようと思っています。

招待券は当らなかったけど前売買おうっとっ
 
 
 
おおおおお~ ()
2005-12-07 09:21:55
見たいかも

なんたって「サランドン」なわけですね



こっちはいつ公開かな~?
 
 
 
おやおや?意外と人気があるのね・・・(^o^; (【お返事】こっちゃん)
2005-12-07 14:04:27
▼mさんへ

あはは。そうだねmさんは。

来年のクリスマス・イヴにはこれで楽しんでね♪

その頃には素敵な女性と一緒に観れたらいいね~。

素敵な魚じゃないよ(笑)



▼yukiさんへ

そうみたいですねぇ。

これ札幌でも一館だけの上映のようです。

なかなか公開範囲は広くはないようですね。

クリスマスまでにお近くで上映になったらぜひどうぞ♪



▼choroさんへ

きゃ~~~!そうですchoroさん。ご覧になったのです(笑)

これchoroさんは一人で観る予定なんですね。

でも一人でも幸せになれますよ、きっと。

ノンクレの俳優は割と前半から登場するので

すぐに分かりますよ。

楽しみにしててね。

って、ガッカリだったりして・・・・



▼マックス・サンタ晴郎さんへ

おお!ますますニセモノ臭くなっていくなアナタ。

こっちゃんも「ヨボ川ながはる」にしようかな?
 
 
 
途中でエンタ押しちゃった! (【お返事2】こっちゃん)
2005-12-07 14:16:25
▼skaさんへ

「アブアク」ホド一杯の人は出てきませんよ。

でも、これはこれで良かったよ♫

やっぱり、近くで上映なし・・・・?

ショボン



▼はんなさんへ

観ますか?これ。

「てるま&るいーず」の時はまだまだ若かったね彼女。

ブラピもいたしね(笑)

でもキレイですよ今だって。

是非観てね。

あ!ぶらぴは出てないよこの映画

こっちゃんのお家にも賛美歌隊来て欲しいな♪



▼miyuさんへ

あ!ミニシアター券ゲットですか~。

是非観て下さい。

この時期を逃すと、盛り上がりは一気に半減します(笑)

感想聞かせてね~。

めりめり~♪でちゅ



▼やっぱり邦画好き・・・さんへ

わお!これも観るんだねッ!

ぜひ、どーぞ。

コレ観て今年も乗り切りましょーっ!



▼るさんへ

サランドンドンです!

そっちはいつかな?

正月だったら、どっちらけだなぁ。

この映画、旬の時期は短いですの
 
 
 
まだ・・ (foo)
2005-12-07 18:41:59
大停電の夜にを観てないので、なんともいえませんが

このNOELは幸せにしてくれるいい映画ですよね。

ちょうど今日、見る映画を探してて、あったかい映画がみたいなあという気分でした。

そんなときにぴったりですよね。
 
 
 
▼fooさんへ (【お返事】こっちゃん)
2005-12-08 13:48:03
まぁ、今年のクリスマス、無理して2本とも観る必要はないとは思うけど、

どちらをとってもそんなに損な気分にはならないでしょうね。

ちなみに、こっちゃんは、やっぱり「大停電」よりもコッチの方が好きです。



暖かい映画がみたくなりますね、冬って。

ほんと、そんな時にぴったりの映画です
 
 
 
あのーー (kuu)
2005-12-08 18:12:48
大好きな人が手近にいない場合は、どういたしましょう?
 
 
 
▼kuuさんへ (【お返事】こっちゃん)
2005-12-09 23:11:00
う~ん

キツイなぁ~。

その場合はレオの写真持参で映画館に行くしかないんじゃないか?

kuuさん。人間夢見るのは自由だから

レオ様に一生を捧げるのも悪くないかもよん

ちょっと悲しいクリスマス
 
 
 
1時間くらいの遠方に・・・ (ska)
2005-12-12 20:05:15
名古屋の小劇場でやってる。。。

行くか迷い中。駐車場有料だし~って。

セコイ私・・・観たいなでも。。。

 
 
 
観てきましたよ~ (choro)
2005-12-12 23:08:23
よかったです~♪

こっちゃんのレビューの通りの映画でした。

 

クリスマスの雰囲気を存分に味わえると同時に、クリスマスってこうして過ごすものだな~って思える温かい作品ですね。



私は登場人物たちのそれぞれのラストには泣いてしまいましたよ~

とくにローズとノンクレジット俳優さんのラストシーンは涙がダ~~と出てしまいました。

 

ところで一人で行こうと思っていたら「観たい」という友達がいて今日は女性二人での観賞でした。(笑)

でも劇場は午前中だからオバサンばっかり・・・ハハハ

TBさせてね~
 
 
 
ノエルの反響がボチボチ・・・ (【お返事】こっちゃん)
2005-12-13 12:58:07
▼skaさんへ

う~む(。・ε・。)

お金かかりそうだねぇ~。

そこまでして見る価値あるか?って聞かれると

微妙だけど、これは期間限定作品だから

クリスマスのこの時期に観るというのはとっても意味のあることだと

思いますよ。

駐車場もいれたら結構な出費になっちゃうかぁ~。

悩みどころだね。

おサイフは何て言ってますか?( ̄∀ ̄*)



▼choroさんへ

あーーーーー!

観ましたかッ!で、良かったですかっ!

そうですよね。

これはそれぞれの物語の結末が良くて泣いちゃいますよね。

ノンクレジット俳優は「ああ~っ!コノ人かぁ!」って思ったでしょ。

友情出演だったのかなぁ。

一人よりも二人で観る方が幸せ分かち合える気がして

良かったでしょ。

友達でもね(笑)

トラバありがとね~(´ω`*)ノシ
 
 
 
Unknown (マダムS)
2005-12-16 08:23:42
こんにちわ♪ 

とっても丁寧で好感の持てる感想文、読ませて頂きました。

こっちゃんさんと一緒にいるだけで幸せになれそうな気がします(^^)/

私は「大停電の夜に」が気に入ってしまったので、この映画はイマイチに感じてしまったのですが・・笑
 
 
 
▼マダムSさんへ (【お返事】こっちゃん)
2005-12-16 13:31:30
あはは。

結構不幸になりますよ。

でも安心。幸せは映画が運んできてくれますからね。



こちらと「大停電~」

どちらも悪くないですよね。

好みだと思います。

切り口も違いますからね~。



こっちゃんはどちらかと言えばこっちの方が満足できたんですよ。

でもどっちとも幸せになれることには違いありませんもんね。



コメントありがとうございました。

あ!こっちゃんはこっちゃんなので「こっちゃん」と呼んで下さい。

みんなそう呼びます(笑)
 
 
 
こっちゃん・ど・ノエル (miyu)
2005-12-23 23:54:34
観て来たよぉ~。

残念ながら、超ガラガラでした

公開劇場も少ないし、お客さんも少ないなんてもったいない話だよねっ。

あの秘密の俳優さんは、好きな俳優さんなので嬉しいサプライズでしたっ
 
 
 
▼miyu・ど・のえるさんへ (【お返事】こっちゃん)
2005-12-26 14:58:21
観たのね~。

ってガラガラ????!∑(゜Д゜ノ)ノガーン!

そんなモンなんだね現実は。



いくらクリスマスったって

結局みんなキングコングに行くんだね。

ホントもったいないわぁ~ん。



miyuさんはサプライズ俳優さんでサプライズ出来たんだね。

良かった、良かった。



分かりやすいサプライズでした
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
NOEL (毎週水曜日にMOVIE!)
かれこれ1ヶ月前の東京国際映画祭で見てきた作品。そのあとジャパン・プレミア続きで非常におそいレビューになりました。 東京国際映画祭なんだから、舞台挨拶にひとりぐらい来ても・・と思いましたが、監督のチャズ・パルミンテリが来るはずなのに来られなくて、ビデ
 
 
 
「ノエル」 (choroねえさんの「シネマ・ノート」)
{{{: 原題:NOEL 製作年:2004年 上映時間:96分 製作国:アメリカ ジャンル :ドラマ/ファンタジー/ロマンス 監督:チャズ・パルミンテリ プロデューサー:ハワード・ローゼンマン 脚本:デヴィッド・ハバード 音楽:アラン・メンケン 撮影監督:ラッセル・
 
 
 
『NOEL』 (Brilliant Days)
(原題:NOEL) 2004年アメリカ 監督:チャズ・パルミンテリ 出演:スーザン・サランドン/ペネロペ・クルス/ポール・ウォーカー/アラン・アーキン/某有名俳優 「ラブ・アクチュアリー」のような華やかなクリスマス映画とはちょっと違いました。 実はこの時期の世間の華や.
 
 
 
NOEL-ノエル- (キャバ嬢このはの気まぐれ日記)
今日試写会行ってきました。                                                          NOEL-ノエル- って映画です ????????? ? ????????????????? ? 内容は クリスマス・イヴのニ
 
 
 
『NOEL ノエル』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『NOEL ノエル』公式サイト:http://c.gyao.jp/movie/noel/原題:NOEL製作:2004年米監督:チャズ・パルミンテリ出演:ペネロペ・クルス/スーザン・サランドン/ポール・ウォーカー/アラン・アーキン 《公開時コピー》 すべての人に幸せが降る夜がある。 クリスマス
 
 
 
NOEL (ヨーロッパ映画を観よう!)
「NOEL」2004 USA 舞台はニューヨーク、クリスマス・イヴ、素敵な人間模様を描いたヒューマン・ドラマ。主演ローズはオスカー女優(デッドマン・ウオーキング/1995)のスーザン・サランドン。偶然に彼女と知り合うニーナにペネロペ・クルス(赤いアモーレ/2004)。ニ
 
 
 
クリスマスは奇跡が起こる日?◆『NOEL(ノエル)』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
12月19日(月)ゴールド劇場にて クリスマス・イヴのニューヨーク。40代の独身女性ローズ(スーザン・サランドン)は、病院で認知症の母親の看病に明け暮れていた。年下の同僚にデートに誘われても、あまり乗り気にはなれない。彼女には、忘れることが出来ないクリスマス.
 
 
 
クリスマスは奇跡が起こる日?◆『NOEL(ノエル)』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
12月19日(月)ゴールド劇場にて クリスマス・イヴのニューヨーク。40代の独身女性ローズ(スーザン・サランドン)は、病院で認知症の母親の看病に明け暮れていた。年下の同僚にデートに誘われても、あまり乗り気にはなれない。彼女には、忘れることが出来ないクリスマス.
 
 
 
映画:「NOEL(ノエル)」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。クリスマスイヴのニュー・ヨーク。街中にはツリーが飾られ、聖歌隊
 
 
 
ノエル / NOEL (我想一個人映画美的女人blog)
NYは今、最高の季節(それはクリスマスの時期だから{/kirakira/}{/kirakira/}) 去年のクリスマス映画は「ポーラーエクスプレス」 今年は、コレだ!と楽しみにしていた作品、、、。 東京国際映画祭招待作品だったけど、やっぱりクリスマスに観なくちゃ♪ NYのクリスマス、ス
 
 
 
NOEL(ノエル) (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
クリスマス・イブのニューヨーク。一人で過ごすには寂しい夜に、ふとしたことから幸せから弾き飛ばされ、孤独を抱えた人たち。母の介護に疲れたバツイチ、独身、40代のローズ、嫉妬深い婚約者を愛しながらもその嫉妬深さに耐え切れずケンカしたニーナとその婚約者のマイク。
 
 
 
NOEL ノエル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『すべての人に幸せが降る夜がある。』  明日はクリスマス・イヴですねっ♪  というワケでこちらの映画を以前からあちこちで予告してました通り、観て来ましたぁヽ(´ー`)ノ  こっちゃんの感想で、「大停電の夜に」を引き合いに触れていたので、あたしもちょっと.
 
 
 
NOEL ノエル (toe@cinematiclife)
クリスマスは終わってしまったのに、NOEL(ノエル)(フランス語でクリスマスを意味する)。 なぜならば~、スーザン・サランドン、ペネロペ・クルス、ポール・ウォーカーというキャスティングが気になったっから。 監督が俳優のチャズ・パルミンテリだと知ったのは、観る直
 
 
 
ノエル (Alice in Wonderland)
関西では梅田ブルグでしか上映してなくて諦めていたのですが、梅田に行くついでに見ることが出来ました。あっ、今年ラストの映画です。今年は97本映画を見ました。目標に三本届かず残念。 イヴという特別な日に、それぞれの事情で孤独を抱えた人々にささやかな奇跡が...
 
 
 
ノエル (八ちゃんの日常空間)
よくある、クリスマスの奇蹟を描く出会いと感動もの。それだけだった。スーザンの演技に魅入られるだけで、ちょっと何か足りない。期待はずれなのは、クリスマス前に観なかったから?やっぱりカップルが幸せなひと時を味わう映画なのだろう。
 
 
 

アクセス解析