黒坂黒太郎コカリナブログ

黒坂黒太郎のコカリナコンサート活動、東日本大震災被災地支援活動など

新しいCD「青春の森」「あなたに会えて」を聴いてみてください

2016-12-07 12:46:30 | 日記
 10月下旬から11月下旬まで約1ヶ月、毎日のようにスタジオに通い、夜遅くまでかけ録音してきたCD録音がようやく終わりました。
新年1月11日にキングレコードより発売になります。
 今回は、「コカリナ」と「矢口の歌」のCD2枚同時発売です。
 「コカリナ」のCDにはここ1,2年の間に作ってきた新曲を沢山入れました。
 原発事故により人口がゼロとなった福島県双葉町の公園や学校の校庭で懸命に命をつなげようとしているクローバーの花を曲にした「双葉町のクローバー」や国立競技場から「学徒出陣」した若者達に思いを寄せ創った「青春の森」、そしてCD製作が始まってから曲が完成し、いきなりボーナストラックとして入れさせていただいた「少年よ行け。広い世界に」。その他、楽しい曲「飯能 山歩きマーチ」「コカリナの森のキツツキたち」そしてコカリナ上級者アンサンブルの重厚なハーモニーで「故郷の山に」「歓びの歌ファンタジー」など16曲入っています。
 また矢口周美のCDは、子ども達の卒業のために何年か前に創った「思い出を越えて」で始まり、「郷」「夏の終わりに」など木管アンサンブルや弦楽四重奏をバックに周美が軽やかに歌い上げます。そして里唄として創った「アンダンテ鉄道」「美(うつ)くしむ知床」。「美(うつ)くしむ知床」はコントラバスコカリナからソプラノコカリナまで7パート、コカリナだけのハーモニーに乗せて周美が歌っています。また最近コンサートでよく歌っているアイルランド民謡「ふるさとの古い家」「ダニーボーイ」も入れました。
 是非お聴きになってみて下さい。先行予約を始めました。コカリナ友の会の皆さんには様々な特典があります。お問い合わせください。 ℡03-5626-1581
        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新国立競技場工事安全祈願コンサート盛況の内に終了  11月27日(日)

2016-12-01 17:56:01 | 日記
 コンサート3日前の東京は猛烈な寒波が押し寄せ、観測史上初の11月の積雪。その寒さはまだ尾を引いている。当日の天気予報は曇り時々雨。会場は小学校の体育館。観客には地域のお年寄り達も沢山来てくれるとのこと。寒い中聴いてくださり、体調を崩されたらどうしようか?と心配しました。
 ところが、天気予報は見事にハズレてくれ、日差しも見えている。気温も昼になりグンと上昇。体育館でも寒くはない。会場一杯のお客さんがご来場下さった中、黒坂コンサート、子ども達と地域のお年寄りで作る合奏団の演奏、年齢制限71歳以上のコカリナ合奏団「LIFE」、東京コカリナアンサンブルの演奏、と続きました。校長先生達も「コカリナと子ども達」について語ってくださったり、会場の垂れ幕を書いてくださった83才の地元のお爺さんが戦争中国立競技場で行われた「学徒出陣壮行会」の悲壮な光景についてお話ししてくださいました。
  もう決して同じような事が繰り返されてはなりません。新しくできる新国立競技場が「平和の新国立競技場」であり続けるを祈りながら、コンサートの最後にアメージング・ピース(素晴らしき平和)を被爆樹コカリナと矢口周美の歌で演奏、締めくくりました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新国立競技場工事安全祈願コンサート  11月27日(日)

2016-11-21 10:26:15 | 日記
まもなく、新国立競技場の建設工事が始まります。工事が安全に行われ、素敵な国立競技場できることを祈りながら、みんなで、旧国立競技場を取り囲んでいた木でできたコカリナを演奏します。会場は国立競技場から高速道路を隔て500メートル北にある四谷第六小学校。
 私黒坂も演奏しますが、東京コカリナアンサンブルや、LIFE、そして近隣の小学生からお年寄りまで「国立競技場コカリナ」を持っている人みんな集まり演奏します。
面白い集まりになりそうですので、是非お出かけ下さい。入場は無料。どなたでも参加できます。上履きは持参してください。11月27日(日) 午後2時からです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レコーディングが進んでいます

2016-11-16 11:08:10 | 日記
 新しいCDの録音が進んでいます。10月下旬から毎日のようにキングレコードのスタジオにでかけ、11月下旬までかけて録音します。今回は「コカリナの20周年CD」と併せて「周美の歌」のCDも同時に発売するため30曲近く吹き込まなけれならないので、大変です。朝から夜10時近くまで全く日の当たらないスタジオに籠り、キングレコードのスタッフの皆さんやアレンジャーの皆さんと懸命な作業を続けています。コカリナアンサンブル(講師、一級)40名の皆さんにも6曲ほど手伝ってもらい、コントラバスコカリナまで使って重厚なハーモニーも作りあげています。
今まで20枚近いアルバムを作ってきていますがこれほど苦しいレコーディングは初めてです。でも産みの苦しみで良いものができそうな気がします。アレンジも今回は福澤達郎氏一人ではやりきれない量なので、作曲家横山淳氏、新倉一梓氏のお二人にもお願いし、それぞれに個性を生かしたアレンジになっております。収録曲はコンサートでよく演奏している「歓びの歌ファンタジー」「ふるさとの古い家」「郷(さと)」「双葉町のクローバー」「青春の森」に加え「思い出を越えて」「川のほとりで」「アンダンテ鉄道」「始まりの朝」など未発表曲や新曲も入れています。 来年の1月11日キングレコードより発売になります。是非聴いてみてください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震被災地支援コンサート 報告

2016-11-05 10:29:18 | 日記
 現地に足を踏み入れ、まず驚いたのは、震災から半年経つというのにそのままの状態だったことです。家は傾いたまま、道路も至る所が寸断されています。初日、被害が一番ひどかった益城町の仮設住宅集会所2箇所でコンサートをしました。おばあちゃん、おじいちゃんたちがたくさん来てくれ、「とても励まされた」と言ってくれました。
 2日目は夜、大津町のキリスト教会でコンサート。昼、被害の酷かった御船町にある平成音楽大学に支援金を届けました。平成音楽大学では校舎の8割が倒壊。学生達はプレハブの仮校舎で勉強をしていました。コカリナ講師でもある声楽家の春日保人さんのお母さんがこの大学で教えていたり、東京コカリナアンサンブルのメンバーが学長さんの親戚だったり、様々な縁がりがあり、長野や東京コカアンの皆さんから預かった支援金をこの大学にお渡ししました。作曲家、指揮者でもある出田学長さんが迎えてくださり、事務局長さんが大学の中を案内してくださいました。事務局長さんのお話の中で、あの地震から「学生達が他人のことを思いやれるようになったり、本当に変わった」と言ってくださったことが印象的でした。
 夜は大津町の教会でコンサート。ところが、ここでアクシデント発生。周美の声が出なくなってしまったのです。話す事はできるのですが歌が中域(ソラシ)あたりの声が、みんなヒックリ返ってしまうのです。初めてのことです。全く休み無しで熊本に向かい、疲労がたたったのでしょう。頭を抱えました。ところがその日の主催者は40年前からコンサートを主催して来てくださった「黒坂正文」のファンの先生方。「黒坂正文の歌」も沢山やって欲しいとリクエストを頂いていました。「小さな花の歌」「待っているから」「走れブルートレイン」「なぜ私は」そして「夕張の子」。「『夕張の子』は炭坑事故に負けずに友情を深める子ども達の姿は今の熊本にぴったりだ」とおっしゃるのです。その言葉に乗じて、大津教会でのコンサートは周美は全く歌わず、それらリクエストの歌を歌い「黒坂黒太郎&黒坂正文、コカリナと歌のコンサート」になってしまいました。終了後、一人の女性が近づいてきて、「今日は黒坂正文さんの歌に会えて良かった。これ、30年前癌で亡くなった妹の手記です。黒坂正文さんのことが一杯書いてあるのですよ。読んでください」と手渡してくれました。図らずも急遽「黒坂正文」が復活したのですが、それはそれで意味があったことだったかもしれません。
 大津教会の翌日は、それほど大きな被害はなかった菊池市の文化会館。ここは大きなホールだったので、福澤達郎氏にも来て貰いました。この日は周美の声も復活。でもここも
黒坂正文ファンが多かったので、黒太郎&正文&周美の三つどもえコンサートになりました。
平野部が終わるといよいよ阿蘇に入りました。山は崩れ、いたるところが通行止め。カーナビの画面は通行止めのマークで溢れています。迂回、迂回を繰り返し、やっと南阿蘇村(旧長陽村)に。ここは東海大学の学生が何人も犠牲になった村。多くの家が倒壊と言うより、でんぐり返っています。そこの保育園を会場にしてコンサート。ここは昔長陽中学校の文化祭に呼んでもらい、素敵な中学生に出会えた思い出の村でもあります。当時の先生や被災者の皆さんが、お疲れの体を引きずって来て下さり、とても癒された、と言ってくれました。終了後、サインセールをしていると、一人の男性がこのCDにサインしてください、と言って来ました。見ると、それは15年ほど前にポリグラムレコードから出したコカリナのセカンドアルバム。その男性は「これは以前熊本市内のCDショップで買ってとても気に入っていたCDです。今回の地震で持っていたCDすべてが潰れてしまったのですが、このCDだけ奇跡的に無傷だったのです」と。「まるで奇跡のCDですね」と僕。そして彼は「まさか自分の村で生が聴けるとは、ありがとうございました。」と感慨深げに言ってくださいました。
 南阿蘇の翌日は南小国町。ここは阿蘇の外輪山を越えて、さらに北に行った、もう大分との県境の山間の町。3年前には東日本大震災被災地支援コンサートにも取り組んでくれました。今回の地震の被害はそれほどなかった地域ですが、道路が寸断され、一週間近く孤立し大変だった、という話を聴きました。今でも、通行止めが多く不便をなさっているとのこと。ここの木のホールにコカリナの音が響き渡りました。終了後、もの凄い霧が出て前が全く見えない山道を大津町のホテルまでヒヤヒヤしながらたどり着きました。
 そして最終日は、阿蘇市。ここも何度も訪れている町。阿蘇の外輪山の中に、桃源郷のようにたたずむ、美しい町。東日本大震災被災地支援コンサート以来3年ぶりです。
開演前に阿蘇神社に案内していただきました。国の重要文化財に指定されている楼門が倒壊し、拝殿や神殿もグシャリと潰れている。でも神社の回りの建物には一切被害は無し。時計屋さんの時計も落ちなかったとか。おばあちゃん達は「阿蘇神社が被害を一手に引き受けてくれたのだ。ありがたや、ありがたや」と言っているとか・・。不思議なことがあるものです。先日、36年ぶりに噴火した阿蘇山の火山灰が喉に与える影響を心配しましたが、その日は雨。火山灰を落ち着かせてくれて本当に助かりました。会場の農村改善センターには沢山のみなさんがご来場下さり、フィナーレにふさわしいコンサートとなりました。
 東北の時もそうですが、やはり被災地のみなさんは大変な状況下に置かれ中で「生きる」と言う意味を真剣に考え、会場からその電波のようなモノがことにジンジンと伝わってくるのです。それに対してこちらはまた、音楽で投げ返す。「命の電波の投げ合い」が会場を渦巻くのです。CD製作など、もの凄いハードスケジュールの中の熊本支援コンサートだったのですが思い切って行って本当に良かったと思いました。まだまだ熊本支援を続けたいと思います。みなさんも熊本を訪れてみてください。

益城町

倒壊した阿蘇神社


コメント
この記事をはてなブックマークに追加