海山の創作ノート

工房T 海山の書、印、絵、版画、工作、etc.日々の暮らしの中で出来た作品を紹介します。 さて、今日は何を作るかな。

No.923 印「杜」

2017-07-14 | 


印「杜」
印材を「試しに」と頂いたので、早速刻しました。

写真の左側の印材が、よくある青田石という篆刻初心者が使う印材です。
これが、もっとも安価で刻し易いので、はじめての人にはこれを薦めていましたし、実際に授業でも使っていたのがこれです。

最近この印材を購入してみて驚きました。

なんと値段が倍以上になっています。同じ業者の同じ商品ですが、写真(左側)のこの大きさが、2.3㎝角で、以前は100円ちょっとで買えました。

しかし、今回は正価440円。(もちろん正価では買いませんが)
割引いても2倍以上なのです。

最近の中国書道用品はどれも値段が高騰しています。
硯、筆、紙、…。印材がこれほどとは思いませんでした。

しかも、高くても質が良ければまだ許せるのですが、不純物が多くて刻しづらくなってもいます。

これでは使いにくいのです。

そこで、業者に、他にちょうど良い印材はないものかと、持ってきてもらったのがこの石です。

印材の名前はわかりません。
くすんだ濃い緑色で、透明感があります。凍石系です。中国には、○○凍石というのがたくさんありますから。

石質は均一です。不純物が含まれていないようです。

写真の大きさが2㎝角。これで正価220円。これなら、金額的には妥当です。

問題は刻し易いかどうか。

という訳で早速刻してみたわけです。

刀を入れた瞬間、「ねばるな!」と思いましたが、慣れてしまえば案外柔らかくて初心者には良いかもしれません。

僕にはちょっと柔らかすぎて手応えがない感じです。シャープな線が出にくいかもしれません。前に一度刻したことがある感触です。

ガリガリ、カリカリと音を立てて刻すのが気持ちが良いのですが、…。ちょっと出にくい柔らかさですか。


(印影は「杜」朱文、2×2㎝)
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.922 ブドウとブルーベリー | トップ | No.924 チーズのオリーブオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。