海山の創作ノート

工房T 海山の書、印、絵、版画、工作、etc.日々の暮らしの中で出来た作品を紹介します。 さて、今日は何を作るかな。

No.846 薄氷の裏を舐めては金魚沈む

2017-02-12 | 


西東三鬼の句
「薄氷の裏を舐めては金魚沈む」

なんとも斬新な句ですね。

実際に、外で飼育している金魚の池には薄氷がはっていました。
それほどの寒さです。

しかし、残念ながら、下に沈んでいる金魚達はじっと動かない。

仕方なく、室内の水槽の金魚にモデルになってもらいました。

室内の金魚達は、寒さを感じてはいないのでしょうか。
年中動き回っていますが、季節を感じなければ、産卵もしません。

冬がなければ、産卵の春も来ないのです。

もう一枚、もう少し金魚の姿のわかるのを。




(はがき画仙紙・墨書)

ともんの版画も更新しました
ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.845 南高梅 咲きました。 | トップ | No.847 外にも出よ触るるば... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
魚!金魚!! (nozomin)
2017-02-13 17:46:28
魚、さかな!凄い金魚ですね!!!
金魚 (kobottomo)
2017-02-14 09:44:05
金魚、見えますか?

東錦という金魚です。
もう少し見え易い画像も、もちろんあるのですが、あえて分かりにくいのにしました。

この金魚、鶏卵よりちょっと小さいくらいの胴体を持っている4才魚です。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。