海山の創作ノート

工房T 海山の書、印、絵、版画、工作、etc.日々の暮らしの中で出来た作品を紹介します。 さて、今日は何を作るかな。

No.862 丸いもの生まれる2017222

2017-02-22 | 版画


実はこれ、昨日の作と同じ版で刷ったものです。

ただ、ちょっとした(?)間違いで、二回目に、上下を逆にしてしまいました。

つまり、全くの偶然ですが、こっちの方が面白かったりして。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.861 丸いもの生まれる2017221

2017-02-21 | 版画


昨日の作とは別物。
全く違う版です。

昨日のが金ならば、こちらは銀、といったところです。

これもまだ途中です。
どうなるか、お楽しみに!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.860 丸いもの生まれる2017220

2017-02-20 | 版画


プレス紙版画での、モノタイプ
「丸いもの生まれる2017220」としました。

まだ途中です。あと二版程の予定ですが、ここで途中経過をお見せします。かなり派手ですが、これからシックになっていくのでしょう。

面白くて、なかなか止められません。

はじめからの状態は、ともんの版画をご覧いただければ、わかります。

ともんの版画も更新しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.859 春の風草にも酒を呑ますべし

2017-02-19 | 


小林一茶の句
「春の風草にも酒を呑ますべし」

おもしろい句を見つけたので、書いてみました。

お酒は肥料になるでしょうね。
人間のも肥料のようなものです。一茶もお酒飲んだのですね。
ほどほどならば、肥料にも薬にもなりますな。

(墨 画仙紙ハガキ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.858 夜の駅のホーム

2017-02-18 | 写真


何ということもない駅のホームに見えるかもしれません。

しかし、どこもここも改装されて、画一的な駅の姿になる中で、子どもの頃からほぼ変わらないこのホームは、とても愛着のある駅であり、ホームであります。

改札を通って前方へまっすぐに延びているホーム。

この姿は始発であり、終着でもある駅ならではの景色です。

今は駅舎の改装中で、その立派な姿を見ることはできません。出来上がりが楽しみです。

40数年前、大学受験の為に夜行列車に乗ったことを思い出します。まだ新幹線などない時代。夜行列車と急行列車を乗り継いでの旅です。

ちょうど2月の寒い夜。このホームからの出発です。座席のヒーターが効かずに寒かったのですが、一日がかりで新潟県の高田まで行きました。それは、高校の卒業式の前日のことです。もちろん、卒業式は欠席でした。

三月二日でしたが、雪。日本の広さを実感したものでした。

それから四年間は、年に二回程、この距離の往復がありましたが、夜行列車をよく利用しました。

ふと、そんなことが頭をよぎるこの駅の夜のホームです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.857 ブルーベリーの新芽

2017-02-18 | 


順調に新しい芽、花芽が膨らんでいます。

去年がちょっと不作でしたので、今年はかなり剪定をして、いい枝を伸ばしましたから、期待できそうです。

(マクロレンズで)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.856 テ・カール君薔薇の中に

2017-02-18 | 山頭火


薔薇の花束の中です。

こんなテ・カール君もいいでしょう。

(実家にて)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.855 春雨や蛙の腹はまだぬれず

2017-02-17 | 


与謝蕪村の句
「春雨や蛙の腹はまだぬれず」

九州では、昨日は春一番が吹いたとか。
今日も風は結構あります。温かい風です。
雨も朝方少し降りました。植木達にはちょうどいい感じの雨。
ふわっと降った感じです。

春風の中で、書とローズマリーのコラボです。

なかなかハガキは、じっとしていてはくれません。
ローズマリーの茂みでやっと納まりました。

ともんの版画も更新しました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.854 胡蝶蘭 四輪目咲いています。

2017-02-17 | 


昨日から開き始めた四輪目です。

「花半開」でとても美しいのです。

No.827で一輪目が咲いたと紹介したのが、1月30日ですから、最初の花はもう17日もきれいなままで咲いています。

胡蝶蘭の花の咲いている期間は、とても長いのです。蕾が全部咲き揃うのは、一ヶ月後くらいでしょうか。

写真を撮ったついでに、10日ぶりの水やりをしました。

今回も書作品が背景ですが、額のガラス面が反射しています。


ともんの版画も更新しました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.853 デンドロビュームの蕾

2017-02-16 | 


こんなのが出てきました。

例年は冬も外に出しっぱなしの、小さなデンドロビューム。
かなり小さい品種で、きっと日本のセッコクとの交配種だと思います。

今年の冬は室内に入れてみました。それも、グッピーの水槽の上です。
(下の写真の左の下にちらっとグッピーが見えます。)

温度と湿度はばっちりです。

こんなのが出ているのに気付きました。ほんの1㎝程の蕾ですね。

さて、どんな花が咲くでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加