☆変形性股関節症と共存生活☆

脚が悪いひとも、そうでない人も、どんどん、よってらっしゃ~い!

おまちゃとお話しましょ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コスト○行ってきましたぁ

2008年03月03日 | 生活
先週の金曜日、コス○コ行ってきました
友達がキャンペーンで会員になった人が二人
会員一人につき、会員以外二人まで入店オーケーだから
総勢6人で行ってきました
そうそう!!
おねえマンズでも紹介されていますよね

店内が広いです・・まるで運送屋さんの倉庫のよう・・
しかもカートがとっても大きくて・・

押して歩くのも一苦労です

店内は電化製品をはじめとして、インテリア、洋服、食品、etc




ほらほら、クロワッサンもこんな沢山!!
お誕生日ケーキだって・・・・横は50センチくらいはあるんじゃ
ないかしら
ピザも縦横47センチだって
切らなきゃ、オーブンには入らないわよ
もう何もかも大きいのよ

本当にびっくりしたよ
ほとんどがホール売りだから、いくら6人家族でも
余ってしまうよね

だから、何人かで分けるのが一番良いのだけど
スパイス類とか調味料とか・・・どうやってわけるんでしょ・・







結局、おまちゃが仕入れたものは↑これだけ・・笑
なんだか店内の大きさと広さ、置いてるものの大きさに
驚いてしまって・・

一度は行ってみたいなぁ・・って思ってたから
良い体験になったわ・・・でもね・・ここだけの話

年会費4000円支払って会員になる・・・ん~微妙~笑

その後はみんなでランチでした





           シチューパスタ




           あんかけ焼きそば




            日替わり弁当


さて、問題です!!おまちゃはこの中でどのメニューを食べたでしょうか?
当たった方はもれなく、おまちゃの厚い脂肪を差し上げます~爆~なんちゃって


今日は雛祭りでしたね・・・寿司太郎でごまかしちゃいました~汗

この記事をはてなブックマークに追加

心変わり

2007年04月19日 | ひとりごと
テンプレート変えてみたけど…。

また、変わったら許してね。


それもすぐ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご挨拶

2007年01月01日 | 生活
あけましておめでとうございます。

今年も、こんなおまちゃですが
どうぞよろしくおねがいします。




  2007年 元旦
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

良いお年を

2006年12月29日 | ひとりごと
今年も残りわずかになってしまいましたね。

今年は色々な出来事がありすぎて、なんだか多忙な一年でした。
親のこと、自分のこと。仕事の事。
頭の中が何度も何度もパニックになりそうでした。


そんな中でも、こうしてブログを開設できて
新しい仲間にも出会うことが出来きたおかげで
気持ちの整理もつき、来年を迎えようとしています。

皆様、本当にありがとうございました。



文才もなく、はちゃめちゃな私のブログに

遊びにきてくださったり

見ににきてくださったりしてくれる

皆さんがいるかぎり、来年もぶっ飛ばしていきますね~。


どうぞ皆様、来年もこんなおまちゃですがよろしく
お願いします


おまちゃ的な来年の希望を一言の漢字で表すと


『穏』


穏やかな一年であってほしいです。


皆様、良いお年をお迎えくださいませませ。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

臼蓋形成不全~変形性股関節症~Ⅳ

2006年10月05日 | 変形性股関節症
自骨の手術も、先生の違いから、術式も、変わってきたり、
入院期間も違うとゆうことを、ネットで沢山相談にのっていただき
お世話になったMさんからお聞ききし、これが、最後と決め、市外の病院に
受診した。以外に、車で30分と、かなり、近く感じられた。
この病院は全国各地から患者さんが訪れるとゆう有名な病院だった。

やはり、ものすごく、混んでいて、なんか人に酔いそうだった。
待つ事、三時間近く。いよいよ診察。
あらかじめ、撮っていただいたレントゲンを見ながら一言。

「ん~僕なら自骨の手術はしないほうがいいと思う。
たとえ、したとしても、痛みは取れないと思う。
手術とゆうリスクを背負うより、手術をしないで、遅らす
努力しながら、人工関節にしたほうがいいと思う。


なんと、私の脚は自骨の手術対象外とゆう見解だったのである。

もう、手遅れですといわれたの同然だったのにもかかわらず
心の中がすっきり、晴ればれしたのです。


気持ちの中ではすごい迷いがあり、本当にこれでいいのか?
とゆう不安。家族に迷惑かけてまで、手術したのにも関わらず
よくならなかったらどうしよう~。
失敗して、車椅子生活になったらどうしよう。
母のいない毎日を、子供に過ごさせるのはとっても心配。
最初から手術に対しては、消極的だったのかもしれません。



今のところ、仕事も辞め、家事、子供達のお世話など
そんなに不自由なくできます。
確かに支障はでてきているけど…。
来年どうなるかわからないけど、このまま今できる事、家族と
共に楽しみながら、なんとか、生活していこうと思います。

とりあえず、今はこのまま温存して、様子を見ながら
人工関節にしようと…

股関節医が十人いたとしたら、十人十色。
様々な、診断があると聞きました。
本当に信頼のおける先生を探して、自分の脚を委ねる気持ちが
大事なのですね。
たとえ、どんな結果になろうとも、先生を恨むことをしない
信頼関係が大切だと私は思います。

最後の最後の決断は自分で決めること。
あくまでも、私のだした結論です。
手術してもしなくても、自己責任ですよね。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

臼蓋形成不全~変形性股関節症~Ⅲ

2006年10月05日 | 変形性股関節症
ネットで自分なりに調べてるうちに、家の近くにも
股関節医が開業している、整形外科があると知り、この病院を
セカンドオピニオンとゆうことで受診した。

やはり、手術を勧められたが、模型を使って
股関節のことを、詳しく説明してくださり、家庭環境や
仕事内容に至るまで、丁寧に聞いてくださり、相談に
乗ってくれた。

ただ、今の骨の状態からだと、二割は、手術したとしても
期待した効果はえられない。それが、二年後、人工関節に
しなければ、いけない結果になるかもしれない。
八割は、良い結果がえられるであろう。
ただ、私の場合は、あくまでも、一生、RAOでもつのではなく
人工関節術を少しでも遅らす目的の手術であること。

とゆう診断でした。

先生から家族会議してきてね!といわれ病院を後にした。

この病院なら、たとえ、入院したとしても、車で数分だし
子供一人でも、自転車でも、来れる。

術後、通院するにしても、近いのに越した事はない!
少しだけ、手術にむけて気持ちが傾きだしていた頃であった。

一ヵ月後、今度は、最後の病院。
サードオピニオン。
私の中でもこれが、最後!と心に決めていた。

この記事をはてなブックマークに追加

臼蓋形成不全~変形性股関節症~Ⅱ

2006年10月05日 | 変形性股関節症
それから、二週間後、大学病院への受診の日がきた。
いつまで、続けられるか、わからないお仕事もお休み頂いて
予約の時間までは、不安な気持ちで一杯だった。
予約はしていたものの、さすが、大学病院。
かなりの時間待たされてしまった。
いよいよ、診察。
先生はレントゲンをみるやいなや、

進行期です。手術を勧めます(RAO)入院期間は3.4ヶ月。

え!!!そんな、あっさり、言わないでよ~
3、4ヶ月の入院??

え~そんな長い間、入院なんてできないよぉ~
思わず、叫んでしまった一言。

みなさんそう言いますよ~と先生。


まさか、手術を必要とする結果だとは思わなかったので、
かなり、ショックを受けた。

ただ、この先、診て頂いた股関節医の先生との
診断の違いは、手術したら、治る~みたいなマイナスの
事は一切おっしゃってはくれませんでした。

ただ、このまま、手術をしなければ、10年しないうちに
歩けなくなりますよ~と。


それからとゆうも、ネットで、股関節、臼蓋、脚の付け根の痛み
など、検索したりして、自分で情報をつかもうと必死だった。

そんな私をみて、主人は、手術を勧めてくれた。
それはそうだ、手術をすれば、完治できると思ってたから。

次は、セカンドオピニオンへ。




この記事をはてなブックマークに追加

臼蓋形成不全~変形性股関節~Ⅰ

2006年10月03日 | 変形性股関節症

常日頃からいつか、詳しく私の脚の経緯について、ブログに載せたい
と思ってましたが、文才のなさから、まとめられる自信もなかったので
遅れてしまいましたが、素直な気持ちでかければいいのではないか?
とゆうことで、これから、私の脚の事について、少しずつ載せていこうとおもいます。

数年前?いや~もっと、前から痛みはあったのかもしれない。
ただ、始めの頃は、筋肉痛?と思っていたのでまさか、こんな
病気だとは、思ってもいなかった。

病院に行くきっかけは、今年の六月。
父も大腿骨骨折で入院中だったので、よく、病院へ顔だしてたので
ついでに…とゆう気楽なつもりだった。

いや~気楽でもなかったかも?今まで気がつかなかった
夜間痛、安静痛の原因はなんだろう?朝のこわばり感。
不安一杯だったかもしれない。
主人は、そんな歩き方で、なんにもない~とゆうことは
ないと思う。そんな感じでした。
実際、この年で、この脚の状態であれば、将来、
おばあちゃんの時はどうなっちゃうんだろう?
そんな不安もありました。

レントゲン撮影を済ませ先生のところへ。
臼蓋形成不全による変形性股関節症です
との事。
小さいとき脱臼はしてませんでしたか?
そんなことは、ありません。
顔の形が人それぞれ違うように、骨もいろいろな形が
あるんです。
骨のかぶりが浅かったなんて…。

ただ、この病院は市内でも有名のスポーツ外来が専門
だったので、股関節医はいなく、大学病院への紹介状を
書いていただき二週間後、その、病院に診察を予約して
いただきました。

家に帰り、パソコン開いて詳しく検索すると…。
なんだか、お先真っ暗な気分。

長歩き、たち仕事、重いものを持つのは控える。
じゃあ~今の仕事はやめなきゃいけないって事?

これから、私のどん底な日々が始まったのでありました。

いえいえ、今はもうしっかりと、受け止めて、気持ちも
前向きになりましたよ。なんて綺麗ごと言ってるけど
たまには、落ち込んで、くら~く、しょんぼりになってしまう
事もあります。そんな事の繰り返しです。これも人生。
これから少しずつ、脚の事について載せていこうと
おもいます。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

痛み

2006年09月24日 | 変形性股関節症
私は、子宮腺筋症と持病がある。
生理のたびに、痛みがあるのだけど、
最近この痛みが和らいできたかなぁ~なんて
思ってたけど、今回は強烈。
吐き気のおまけ付なのね。
あまりにも、辛かったので、鎮痛剤のお世話に
なったのだけど…。

生理になると、股関節痛もひどい。
みなさんはどうですか?
いつもより増して、股関節、太ももがジーンと
痛くなり、じくじくする。
安静痛もある。

なんか、関係あるのかなぁ~。
女性ホルモンと股関節???
血行がわるくなるのかなぁ?

どうなんでしょうね
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

みんなどうしてるのかなぁ?

2006年08月28日 | 変形性股関節症
ここ、北海道の今年の夏はものすごく猛暑でした。
暑い夏の後の、冬に降る雪は、多くなるとの事。
今年は、多いに違いないね。

さて、股関節が悪いと、知ってしまった今、北海道に
つき物の、雪かきに対する不安がでてきちゃった。
我が家は一軒家だから、自力でこなせなければいけない。
おまけに、車庫も、ロードヒーィングもないの(泣)
もちろん、おとうに協力してもらうことが第一だけど、
10年位前、一晩で60センチも積もったことあったっけ?
もう~雪の中で泳いでしまいたいくらい…。

夏が終るともう冬の心配。
気が早い??いやいやこれは年とった証拠かも(爆)
あっ!そうそう。
除雪してない、雪道はもう歩けないかも?
だってね、膝をあげて大股でなきやあるけないんだもん。
普通の人はそんなに苦にならないかもしれないけど、
脚が悪いと、なかなか上手く歩けません。

もう…転がっての移動しかないかも?
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

温存療法

2006年08月04日 | 変形性股関節症

 筋トレ、減量、長歩きはしない、重い物を持つのはひかえる…
どれをとっても、しょんぼりなきもちになる

 でも、人工関節の時期を遅らすことが大切なのだ。
なんせ、私は、油?脂?脂肪の乗った花の40代なのだぁ。
人工関節は20年もてばいいほうらしい…
今入れると60代で、再置換手術となる。
やっかいな手術のよう。

 もう~こうなったら~頑張るしかないのだぁ
痛いときも、だるいときも、持ち前の明るさで乗り切ろう

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

セカンドオピニオン

2006年08月04日 | 変形性股関節症
  
 それからとゆうもの、股関節専門医をまわり、納得、信頼のおける
先生探しの旅がはじまったのである。

 股関節専門医が10人いたとしても、様々な考え方、手術方法の違いなど
やはり、私を納得させてくれる(以外に頑固かも?)先生に会えるには……


 以外に早かった(笑)

 それは、ネットで知り合ったMさんの紹介もあり車をとばしていった
A病院のS先生でした。
私と歳もかわらないのね…
なかなかイケメンね(笑)


 いやいや、第一印象とゆうものは大切なものです。

レントゲンみるやいなや

 私は自骨の手術はしないほうがいいと思う。
軟骨もすりへり、この状態でRAOをしても痛みはひかないでしょう
手術をするリスクを抱えるより、今の状態で進行させない努力をしたほうが
いいのではないか?

 とゆう見解だったのでした。

実は最初から私は、手術に消極的だったかもしれない。
治るか治らないか分らない手術を、誰がするもんかぁ~。
実際、私の股関節は進行期だったから



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今できること

2006年08月04日 | 変形性股関節症
 
 まず、手っ取り早くできること……

私の仕事って……たち仕事…力仕事もあったっけ??
  
これって…やめたほうが…うむぅ~

育ち盛りのお子達がいるってゆうのに…

仕事仲間とお別れするのも辛いし…

でも…足のこと…

おっしゃ~潔く身を引こう


 さぁ~とうちゃん!がんばれ~
なんとかなるさぁ~
これでこそ一家の大黒柱!!

この記事をはてなブックマークに追加

自己紹介

2006年08月04日 | 変形性股関節症
 
 ようこそ、いらっしゃいました^^
ほんの二ヶ月前に、足の病気が発覚し、
立ち仕事をやめ、三食昼寝、おやつ付の生活に
どっぷり浸かり、ぷー太郎生活をエンジョイ
してる北海道の主婦です。
 くれぐれも、ヒグマのような体型にならぬよう
努力の毎日です。うふぅ(手遅れ)

 生年月日   196?年 ?月3日

 血液型    二重人格といわれるAB型
 
 家族     ビールの大好きなダーリン
        鮎原こずえ?になりたいバレー部所属の長女
        白球を追いかける野球少年の長男

 好きな食べ物 やっぱりビール!あらら飲み物だったわ

 趣味     オンラインゲームの花札に夢中!

 特技     目をつぶればすぐ眠れること



 何年も前から?でもいつだったろう?長く歩いたり、運動したりしたら、
足の付け根が痛くなったりして…
でも…持ち前のずぼらさが、あだとなり、ほっとくはめに…

 今春、歩き方がおかしいとひとからいわれ、自分でも気がついていたものの
たいした病気でもないだろ~と楽観視。  
 
 でも……痛みはひかないし!おし!思い切ってお医者さまのところ…


 ええぇ~十年しないうちに歩けなくなる???手術?今なら自分の骨で?
わけわかんな~~~い~o(× ×)o
臼蓋形成不全による、変形性股関節です…とゆう診断!
 
 これがほんの二ヶ月前に身の上に起こったお話です。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加