福井田鶴子アートギャラリー

日々の生活で感じた事、絵画制作への思い入れ
絵画教室「小人の森」での楽しい出来事など綴てみました。

5.20 AYAKA⭐︎小人の森絵画教室を卒業

2017年05月20日 | 小人の森絵画教室
小人の森の教え子達は皆可愛い!
ほとんどが小学1.2年から教室にお道具箱を持って保護者の方々と車でやってくる

 
 AYAKA&ご家族アップ了承済みです

そして
6年生になると皆卒業してもらうのが習わしとなっています。
心の中ではとても寂しいのですが
新しい子達が教室を訪ねてくると私の新たな生きがいになるのです。
 
 
 
 

 



絵本ある日孤児院に預けられたおもちゃ達は子供達に乱暴に遊ばれましたその夜おもちゃ達は孤児院にいたらボロボロになってしまうと不安になり窓から抜け出そうとしました孤児院の小さな女の子は呼び止めました。「どうしたの?」おもちゃ達はみんなで口を揃えて言いました。「君たちに乱暴に遊ばれて困っているんだ」女の子は「おもちゃの気持ちになって考えたことがなかったごめんなさい」
次の日、女の子のおかげで孤児院の子達は誤って優しくしてくれました。孤児院はみんなで仲良く楽しく遊ぶ事が出来ました。


が.....ここ数年成人夜の部に通い始めて来た子がいました。
大人の話しをニコニコ聞きながら絵を楽しく描いていたのです。

 

お人形のように可愛かった彼女は

 

すらりとした美人になり成人部のアイドルとなり
おばさん生徒達を和ませてくれていました。

 
                  高校一年作品と訂正します

そんな愛弟子が高校生になりお稽古日の日があいにく
短期ニュウージラン留学制度に合格し、英語の補習事業と重なり
教室を卒業することになったのです。
お勉強も良く出来
9年間もの間私を慕ってくれた生徒でもあり、
モデルでもあり、孫のように可愛い子でした。

作品も小さい時から大人びた繊細な作品が多く
今でも美大に行くことを夢見て
これで語学力がつけば世界に羽ばたける芸術家が
誕生しそうだと私は自分にいいかせているのです。

母上さまはママ友達の中一人で仲良く交流しているので
又、彼女との出会いはどこかであると思うが 
 

  高校2年の作品キャンバスにアクリル画

ブログ掲載をしお別れの花むけにしたいと思った次第です。
 AYAKA
 頑張れ!

ジャンル:
じまん
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5.8全ての人が天空を楽しく... | トップ | 5.28⭐︎(1956年)『ジャイアン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感激です! (AYAKA–mom.)
2017-05-25 10:46:11
何よりのプレゼントです。
娘の大切な成長の記録とさせていただきます。
これまで温かく見守ってくださったこと感謝しています。
先生の教室で学んだことを糧に自分の道を歩いて行ってほしいと思います。ありがとうございました。
ありがとうございます。 (AYAKA)
2017-05-25 10:59:08
先生、ありがとう。
ちょっとはずかしいけど、うれしいです〜。
また、夜の教室に遊びに行きます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む