小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペネロピ

2008-09-23 | ハ行の映画

Penelope(2006/イギリス=アメリカ)【DVD】
監督: マーク・パランスキー
出演: クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ

ありのままの私じゃダメなの?

コメディタッチの現代のファンタジー。
ヒロインを演じたクリスティーナ・リッチはもちろん、お話もチャーミング。
メッセージもしっかり込められていて、大人だけでなく、小中学生の女の子にもおすすめできるね。

story
名家のお嬢様ペネロピは、先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、生まれた時から豚のような鼻を持っている。彼女は自分の顔を見ても逃げなかった唯一の青年マックスに恋をするが、実は彼の正体はペネロピを狙う新聞記者が送り込んだスパイだった……。


今作に出演もしているオスカー女優リース・ウィザースプーンの製作会社第一弾映画。
かわいい小物や色づかい、インテリアもおしゃれで女性が楽しめる映画ですね。


先祖にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳で生まれてしまった令嬢・ペネロピ。
現代に生きる、おとぎ話のお姫さまみたい。
籠の鳥のように家に閉じ込められて25年。
魔女の呪いというよりも、ペネロピの存在を隠した母親の呪いでしょ、これは^^;
父親はわりとクールな人なのに、母親が過保護すぎるな、


呪いを解くには、同じ名家の男性の愛を受けること。
王子ではなかった嘘つき青年(笑)がきっかけになり、ペネロピは外の世界に一歩踏み出していく。
はじめて両親から離れ、マフラーで顔を隠しながら街を歩くペネロピ。
シャボン玉が飛び交うメリーゴーランドのシーンはきれいだった。


いつしかペネロピはマフラーをとる。
自分にとって一番大事なことがわかった時、呪いは解ける。魔法は簡単なことだったのね。
偏見、外見にとらわれない。大事なのは自分自身の心がけ。
先祖の呪いは古い価値観(母親の呪い)でもあるし、ペネロピは自ら呪いをかけてしまった。思い込みは恐ろしい。

豚の鼻が、ペネロピ役のクリスティーナ・リッチにぴったりはまる。
人間の鼻に戻った時も、豚の鼻の方がかわいいじゃんと思ったぐらい。笑
人気急上昇中のジェームズ・マカヴォイは、今回はラブリーだったなー。歌ったり、楽器演奏するシーンはときめきました。
イギリス風ファッションもきまってたし、優しさが似合う人だね。
「豚人間を見た!」と騒ぐおぼっちゃまと、リアクションの大きいペネロピの母親は笑えました。

魔女は意外な人でしたとさ・・

★★★★(5段階☆は0.5)

「ペネロピ」公式サイト

ブログ王ランキング


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (20)   Trackbacks (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おろち | TOP | アイアンマン »
最近の画像もっと見る

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
もしよければ (r34)
2008-09-23 21:05:47
http://chat.mimora.com/common/chat.mpl?roomnum=403706
ここで話さない? おらも中学生
>もしよければ (r34) (アイマック)
2008-09-23 22:30:47
申し訳ないです。
映画の記事での感想しか受付てないので・・
ご容赦くださいね~
どうでした? (miyu)
2008-09-23 23:30:13
この映画のマカヴォイ君は本当ラブリーでしたね~
お話もすっごく素敵なファンタジーであたしは
とっても好きなんですよ~♪
アイマックさんも結構気に入られたみたいで嬉しいなぁ~。
Cute~~Lovely~ (ちゃぴちゃぴ)
2008-09-24 00:11:07
単なるおとぎ話やロマコメではなくって
現代の女性(人間かな)への「メッセージ」があってステキでした。
男性が観てもおかしくないと思うんだけどね。
心の持ち方みたいなものを、はっきり描いてるんだもの。
でも、女性のツボを刺激する要素は満載でしたよね。
この映画のクリスティーナ・リッチは、ブタ鼻の方がかわいかったよ。目がすごくいいね。ブタ鼻だとより強調だもん。
レモンも、小人症の人を配するというのはなかなかなはからいです。

マカヴォイくんは、超ラブリー(爆)
いいねぇ、青い色のおめめが。
いやぁーこんなにイケメンに撮ってもらっていいのかぁ…
次は、せつなくなってください…。
ちなみに、あたしはやっぱし次の映画のマカヴォイくんが好きかな。見応えあるから。
ビジュアルはこっちの方がかわいいんだけど。
こんばんは~☆ (kira)
2008-09-25 20:53:00
なんとも可愛い雰囲気の作品でしたよね♪
映画全体を包む、可笑しくて怪しい雰囲気もスキでしたし、
マカヴォイくんはステキだったし~(笑)
大騒ぎのママも好き!(爆)
我が子に呪いがかけられたら、、この映画を子供に見せます
この作品^^ (ひろちゃん)
2008-09-25 23:06:05
大好きなんです♪
あまり期待もしていなかったこともあったのか(笑)今年のベスト10に入れちゃおうかなあと思うくらい気にいった作品です^^
マカヴォイ君はこの役が1番のお気に入り
で~す♪

騒ぐバカ息子(おぼっちゃま)と大騒ぎの母親面白かったです♪
魔女は、アイマックさんも意外でしたか!
よかったですよ~。 (keyakiya)
2008-09-29 21:22:53
こんばんは。
映画としてみるならこんなのがいいなぁ。
わざわざ時間とお金をかけて劇場まで出向くんですよ~。
で、これは、よかったです。
文句なしに良かったです。
ツボをひとつひとつほぐしてもらった感じ。
劇場を出るときは心身がほぐれてます。
こんなの、オジんっぽい感想ですね。
すみません。
>どうでした? (アイマック)
2008-09-29 22:13:58
miyuさん、こんばんは!
マカヴォイくん、ラブリーでよかったねー。
おとぎ話風なところがいい。
ラブストーリーというよりも、自立物語って感じだった。
色使いもいいし、気にいりました♪
>Cute~~Lovely~ (アイマック)
2008-09-29 22:14:32
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは!
早々ラブストーリーだと思っていたのが、現代の女性の自立物語でよかったよね。
おしゃれなインテリアとかお洋服とか楽しかった。
クリスティーナ・リッチのブタ鼻は、ぜんぜんかわいいですよ。
小さい顔してるなあ。
マカヴォイくんの歌にはハートでした。笑
つぐない、そろそろでしたっけ?
ちと映画の感想おいつけなくなってきた。汗。。
>こんばんは~☆ (アイマック)
2008-09-29 22:29:10
kiraさん、こばんは!
ほんと、かわいい映画で、でもメッセージもしっかり描いてあっていい映画だったね。
そうそうおとぎ話は怪しい雰囲気したけど、マカヴォイくんとクリスティーナ、いいコンビだったよね。
小動物系だね、二人とも^^v

あのおかあさんは笑えたなあ。演じた人もうまかったね。
>この作品^^ (アイマック)
2008-09-29 22:34:11
ひろちゃんさん、こんばんは!
この映画、かわいかったしよかったね。
おー、ことしのトップ10にはいりますか!
ラブリーなマカヴォイ君、ハート目になりましたよ。笑

あのおぼっちゃまと母親、笑えったねー
魔女の正体も意外で、うまいなあ。
>よかったですよ~。 (アイマック)
2008-09-29 23:10:25
keyakiyaさん、こんばんは!
かなり気にいられたようですね~
なかなかメッセージ性もあるし、雰囲気もいいし、よく出来てますね。
そうそう心身ほぐれる映画ですよ。
たまにはこういう映画もいいですね。
アクションばかりだと疲れる^^ゞ
DVD買いました♪ (オリーブリー)
2008-10-01 19:41:30
こんばんは~この前はTBだけで失礼しました!
まだ何かとバタバタしていて(汗)

この映画は高校生の娘も大好きなんですよ。
原作を先に読んだ彼女が大絶賛でしたが、
映画は見そびれて泣いてたんです。
が…たまたま、イ○ンシネマで限定公開されて、天にも昇る気持ちでした(爆)

>「豚人間を見た!」と騒ぐおぼっちゃまと、リアクションの大きいペネロピの母親

面白かったよね~大袈裟で妄想壁!
彼は爆笑問題の大田に似てた(笑)

お母さんは「ホームアローン」のママさんなんですね。
あのジタバタ感は、その頃の変わりなく健在でした♪
>DVD買いました♪ (アイマック)
2008-10-02 12:30:35
オリーブリーさん、こんにちは!
いえいえ、いつもコメントありがとねー。
娘さんは原作を読んでたのね。
キャラクターもいいしかわいいし、素敵な映画でした。

おぼっちゃまはほんとに笑えましたよ。
彼も呪いがかけられてるね、笑

おかあさんは「ホームアローン」の方だったんだ。
ドタバタ感がでていて、うまい人だなあと思いましたよ。

可愛いですね~ (なな)
2008-10-07 21:10:11
こんなに可愛い作品,かわいすぎて好みとは違うんですが
マカヴォイ君のラブリーさにやられました。
彼のお姉さん,歌手だそうで・・・彼の歌声も素敵だったよね。
>「豚人間を見た!」と騒ぐおぼっちゃま・・・
一応悪役なんでしょうけど,おバカすぎて憎めなかったわ。
それに,あの「小人」の探偵さんがいい味出してましたね。
彼って「ナルニア2」でも出てたでしょ,小人役で。
>可愛いですね~ (アイマック)
2008-10-08 21:59:32
ななさん、こんばんは!
チャーミングな映画でしたよね。
マカヴォイ君のラブリーさにノックアウト。
お姉さんは歌手でしたか!
歌はそれなりにこなせるわけだ。

おぼっちゃまはお母さんともども、笑えましたよ^^;
小人のレモンさんはナルニアにでてたよね。
ナルニアつながりの映画だったんだ。笑
こんにちは! (由香)
2008-12-10 10:10:04
お邪魔します♪
お気に入りのマカヴォイ君が可愛いー♪と聞いていたので、はりきってレンタルしました(笑)
いや~~~かなりキュートでしたね~
ヘタレはヘタレなんだけど(笑)母性本能をくすぐるのよね~
お話も可愛らしいファンタジーでお気に入り♪
クリスティナのブタ鼻ちゃんも意外なほど可愛かったね。
>こんにちは! (アイマック)
2008-12-10 22:24:30
由香さん、こんばんは!
ひさびさイギリス人マカヴォイのラブリーな姿、大満足ですね。
彼は人気あるなあ。
ヘタレ=母性本能をくすぐるのかしら。なるほど・・
しっかりつくられてあって、かわいっくて
女の子の好きな映画ですね。男性でもいけるけど。笑
Unknown (りら)
2009-01-12 19:59:08
ペネロピ可愛かったよね~。
なんで、あそこまで大げさに怖がってんだか?(笑)マカヴォイくんも好青年で、いい感じでした~♪ 頼りないところが何故か、ぐっとくるのが不思議(笑)
りらさん、こんばんは! (アイマック)
2009-01-12 21:57:07
ペネロピ、かわいかったですよ。
ウォンテッドの張り紙は強調し過ぎ。ひどい。。苦笑
マカヴォイくん、ロマンチックな役柄が似合っててよかったですね。
演技もうまいし、やっぱ優男系がはまる人だなー。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

22 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ペネロピ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。』  コチラの「ペネロピ」は、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまった女の子を描いた3/1公開のチャーミングなラブ・コメディなのですが、観てきち...
ペネロピ (晴れたらいいね~)
ロマコメになるんだろうか?モダン・ファンタジー?そんなことより、これは、自分を好きになる映画。コンプレックスをばねにして、ポジティブな生き方をしようよ…っていうのかな。ありのままを受け入れようですね。お部屋とか色合いや女の子のツボを刺激しそ...
『ペネロピ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ」□監督 マーク・パランスキー □脚本 レスリー・ケイヴニー □キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース...
『ペネロピ』(DVD) (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【PENELOPE】 2006年/英・米/東京テアトル=デスペラード/ 101分/'08年9月17日DVDリリース 【オフィシャルサイト】 監督:マーク・バランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、リース・ウィザースプーン
ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!! (銅版画制作の日々)
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞...
ペネロピ/ PENELOPE (我想一個人映画美的女人blog)
2年前のトロント映画祭でyueと1時間半も並んだのに二つ前で切られて{/face_naki/}(当日チケット完売{/ase/}) 見逃してからずっーと公開を待ってた映画、ついに日本上陸{/ee_1/} 3月公開を前に、試写で観てきました~。 その昔、ゴシップでブタの鼻をつけた主演の...
ペネロピ (to Heart)
製作年度 2006年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 101分 監督 マーク・パランスキー 脚本 レスリー・ケイヴニー 出演 クリスティナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/リチャード・E・グラント/サイモン・ウッズ/...
ペネロピ (Matthewの映画日記?)
『ペネロピ』観てきました。 あらすじは、 名門ウィルハーン家の先祖が小間使いに手を出し妊娠させたため、責任を取って「彼女と結婚する」と宣言するも、周囲の人間に笑われたことにより、結婚の話を反故にして、別の貴族の女性と結婚してしまった。絶望した小間使いは...
ペネロピ (心のままに映画の風景)
イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は、 先祖の因縁で魔女に呪いをかけられブタの...
ペネロピ ( Art- Mill  あーとみる)
ペネロピHP http://www.penelope-movie.com/ 圧倒的に若い女性が多かった。気軽に楽しむ「自分探しの映画」。 現代風おとぎ話といってもいい。例によって「魔女の呪い」があるが、それは
『ペネロピ』(DVD) (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【PENELOPE】 2006年/英・米/東京テアトル=デスペラード/ 101分/'08年9月17日DVDリリース 【オフィシャルサイト】 監督:マーク・バランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、リース・ウィザースプーン
「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ (はらやんの映画徒然草)
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と
ペネロピ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
これのジェームス・マカヴォイがいい!と聞いて鑑賞。とっても可愛い,愛のおとぎ話だった。・・・・人間の価値は外見じゃない,自分の幸せは自分でつかむ・・・というテーマらしいが,そういった深いテーマに感動するより,素直にこの作品のキュートさを楽しんだかなぁ,...
★「ペネロピ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目。 熱烈?なペネロペ・クルスのファンのひらりんとしては、とっても気になるタイトル。 もちろん彼女とは全く関係ない作品で・・・ 怪演技が続くクリスティーナ・リッチが主演。
ブルーベリー豚 (Akira's VOICE)
「ペネロピ」 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 
むかしむかしあるところに (MESCALINE DRIVE)
「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名門ウィルハーン家にはひとつの呪いがかけられていた。悲恋を...
『ペネロピ』 (Sweet*Days**)
ペネロピ [DVD](2008/09/17)クリスティーナ・リッチジェームズ・マカヴォイ商品詳細を見る 監督:マーク・パランスキー CAST:クリスティナ・...
ペネロピ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな...
ペネロピ (りらの感想日記♪)
【ペネロピ】 ★★★★☆ DVD(1)ストーリー イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ(クリスティナ・リッチ)。彼女
『ペネロピ』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年...
ペネロピ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「ペネロピ」 感想 ペネロピ 好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。 裕福な名家に生まれた...
ペネロピ (2010 映画観てきましたっ!)
おとぎ話ですな。