小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

永遠のこどもたち

2009-01-12 | ア行の映画

El Orfanato(2007/スペイン=メキシコ)【劇場公開】
監督: J・A・バヨーナ
出演:ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ジェラルディン・チャップリン/ロジェール・プリンセプ/マベル・リベラ/モンセラット・カルージャ

『シックス・センス』以来の衝撃と感動
愛を信じたら、本物の光が見える。


本年度アカデミー賞外国語映画賞 スペイン代表作品。
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ、プロデュース。
『パンズ・ラビリンス』と『アザーズ』を足して二で割った作品かな。

story
孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホームとして再建しようと夫のカルロス(フェルナンド・カヨ)、息子のシモン(ロジェール・プリンセプ)とともに移り住んでいた。だが、シモンは遊び相手のいない寂しさから空想上の友だちを作って遊ぶようになり、その姿にラウラは不安を覚える。そして入園希望者を集めたパーティーの日、シモンはこつ然と姿を消してしまい……。(シネマトゥデイ)



ゴシック調の雰囲気、霊媒師の登場など、かなりオカルトチックな物語。
孤児院育ちのラウラは、夫とともに障害を持つ子どもたちの孤児院をつくろうとするが、息子のシモンが突然行方不明になる。シモンには空想癖があり、目に見えない友だちがいた。夫婦は霊媒師に頼み、シモンの行方を探すことになる。


ドーンドーンの物音、不気味なお面をつけた子供、ソーシャルワーカーの存在はほんとに恐かった!!!
終盤のスペイン版「だるまさんがころんだ」の場面はビビリますぅ。。 (-_-;)
この物語の背景には過去の不幸な事件があり、それが今になって発覚、完結していく話なんだけど、エイズ感染の子供は現代風な題材。


子供の死を否定したい、子供を苦しむのをみたくない・・・
現実逃避する母親の必死な姿が描かれてました。
ちと都合のいい終わり方、最後のラウラのとった行動が自分は納得できず、、
永遠の子供たちならば、それは子供たちのために生きぬくことだと思うんだけど。
残された夫がかわいそうで。。
ラウラは孤児院の呪縛から逃れられなかったということかなあ。

冒頭から伏線がはりめぐられてあって、見せ方がうまい映画でした。
「シックスセンス」をコピーにもってくるのはやめたほうがいーよ・・・
変に期待してしまいます。苦笑

★★★☆(5段階☆は0.5)

公式サイト

ブログ王ランキング

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (39)   Trackbacks (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きつねと私の12か月 | TOP | 007/慰めの報酬 »
最近の画像もっと見る

39 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
案外、怖かったですね...。 (あん)
2009-01-12 17:49:41
ある意味、夫は可哀想で...。
でも、夫より子どもが大事...これ、リアリティーありますよ(汗)

>ラウラは孤児院の呪縛から逃れられなかったということかなあ。
私もそう思います。あの古色蒼然とした屋敷、いかにもオカルト的パワーに充ちていたな、と。
>案外、怖かったですね...。 (アイマック)
2009-01-12 18:25:15
あんさん、こんばんは!
ホラーものだと知らなかったせいもあって、恐かったですぅ。。
現実的な夫がラウラのことをなにかと気にしてくれてたので、なんかかわいそうに思えて・・
やっぱ血は繋がっていなくても子供が大事ですかね^^ゞ

>あの古色蒼然とした屋敷、いかにもオカルト的パワーに充ちていたな、と。

ですよねえ、冒頭からなんか出そう・・・でしたもん。。
Unknown (mig)
2009-01-12 18:57:21
アイマックさん、こんばんは〜★
アイマックさんフツウだったかな?

すごくデルトロ監督が関わったっていうのが納得の作品でラストなんて
死んで幸せっていうのがいかにも『パンズ』的だったナ
途中の怖さの演出もいいし、満足の1本でしたよ
昨夜ねー、新年会で… (ちゃぴちゃぴ)
2009-01-12 19:20:01
今日、観に行こうかなって思ってたんだけど、眠くってねむくて…
断念しちゃったのよ(^_^;)
やっぱし、観に行くべきだったかなぁ…
ちょっと後悔しています。
Unknown (オリーブリー)
2009-01-12 19:21:52
私は何が一番ビックリしたかと言うと、ベニグナの末路です(苦笑)
演出も脚本も上手かったなあ〜

あの「だるまさんが転んだ」は怖かったけど、子供達は遊んで欲しいだけだったんだよね(汗)
ラストも両論だろうけど、私は納得できました。
シックスセンス? (ボー)
2009-01-12 19:42:48
こんばんは!
「シックスセンス」がらみで宣伝したのは知りませんでした。どこが〜? ですよね。

ニコール好きな私としては「アザース」は好きでしたけど…。
でも、スペインのホラーは、なにやら雰囲気ありますよね。
こんばんは★ (dai)
2009-01-12 20:33:16
アイマックさん、今年も宜しくお願いします☆

アイマックさんは普通評価ですね。
私は『パンズ〜』には及ばないと思いますが
結構楽しめました☆

『シックスセンス』を絡めて宣伝していたんですね。知りませんでした!!でもそういうのは「オチが必ずひっくり返りますよ!」というネタバレなので今後辞めてほしいですよね!!
こんばんは! (kira)
2009-01-12 21:05:43
コレはかなり前に情報を得ていて、
一度だけ予告らしきものを観た覚えがあって、怖いという認識でしたが、
相当に覚悟したためか、みなさんが仰るほどには感じませんでした。
でもバンラビ同様「子供」「遊び」「孤独」がやはりキーワードだったでしょうか。
結構早い段階でラウラに憑依してついて行きました〜
寓話かも? (BC)
2009-01-12 21:14:04
アイマックさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうです。(*^-^*

最後のラウラは母親というよりも孤児である自分に戻る事が出来たと言うか
ラウラも含めて“永遠のこどもたち”なのかも?
ヒューマン物語ではあるんだけど、悲劇でもなく、ハッピーエンドでもなくて、
ファンタジー(寓話)のようにも映りました
migさん、こんばんは! (アイマック)
2009-01-12 21:27:28
期待しすぎたせいもあるけど、普通ですかね。

パンズは納得できたんですが、今回はどうももやもやしてしまって・・
なんか落ち着かないものを感じましたよー。
演出はよかったですね。雰囲気はバッチリでしたね。
>昨夜ねー、新年会で… (アイマック)
2009-01-12 21:30:32
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは!
昨夜は新年会でしたか。^^*
朝一番は苦手なんだけど、がんばっていきました。
満席でしたよ。
ホラーものというかオカルトものかしら。
怖がらせてくれて、ちょっと切ない物語かな。
オリーブリーさん、こんばんは! (アイマック)
2009-01-12 21:33:38
ベニグナの末路、私も声あげちゃいましたよ。苦笑
まさかのシーンでしたよね。

「だるまさんが転んだ」はビビリましたが、遊んでほしいだけというのが悲しいね。
最後は納得できかねないですが、美しい終わり方でした。


>シックスセンス? (アイマック)
2009-01-12 21:36:58
ボーさん、こんばんは!
超自然的というか感覚ものはみなシックスセンスでまとめてしまうのはどうでしょう^^;
どんでんがえしを期待するからやめたほうがよいよね。

私もアザーズは好きですよ。
スペインものは独特のおどろおどろしさがあって、日本の感覚に近いのかな。
>こんばんは★ (アイマック)
2009-01-12 21:40:46
daiさん、こんばんは!
ことしもよろしくお願いしますね♪

普通の評価になってしまいました。
パンズのほうが好きですね。

『シックスセンス』を絡めるのはもうやめにしてほしいですよ。
見えないものが見える題材は、みなシックスセンスってのは無茶ですよね^^;
>こんばんは! (アイマック)
2009-01-12 21:44:20
kiraさん、こんばんは!
ホラーものとは思ってなかったので、かなり恐かったですよ^^;
だるまさんはビビリました。。
またカメラワークがうまいんだな、これが・・
パンズと似た題材でしたが、パンズのほうが好きかな。
最後はラウラよりも旦那に感情移入したのがいけなかったのかも。笑
>寓話かも? (アイマック)
2009-01-12 21:51:52
BCさん、こんばんは!
いつもありがとー。

>最後のラウラは母親というよりも孤児である自分に戻る事が出来たと言うか
ラウラも含めて“永遠のこどもたち”なのかも?

そういうことか。
こどもたちと一緒になったことがラウラが逃避したように思えて、自分は納得できなくてね。
そうそうファンタジーでもあって、パンズではうまくはまってたんだけど、今回はしっくりこなかったかな。
でも演出はうまくて、よくまとまっていました!
こちらにも・・・ (こべに)
2009-01-13 17:09:58
TBありがとうございました!
もうね、苦しくって苦しくって記事が書きにくくてまいっちゃいました。
自殺しちゃうのもワタシもどうかと思っちゃう派なの。死を美化しちゃうのがそもそもダメなんだけど
やっぱ映像はスキなのでんー?よりもスキが勝ってしまいました。

>こちらにも・・・ (アイマック)
2009-01-13 22:40:30
こべにさん、こんばんは!
コメントありがとねー。

最後のラウラの行動は、どうも納得できなくて・・
心の中にこどもたちはいつも一緒にいるのになあと・・
完結の仕方が好きじゃなかったことね^^;
でも映像はよくて、釘付けになる映画でした♪
夜中にこんばんは (なな)
2009-01-14 01:04:54
これね〜,ものすごく好みなんだけどね
絶対私はハマると思うんだけどさ
公開してくれないのよー,近くの劇場が!
昨年のベストテンにも入れてるブロガーさん多かったよね。
DVD出たら記事をアップしてまた来るね〜
ところでヒースジョーカー,ゴールデングローブの助演男優賞獲ったよね?
お友達ブロガーさんの記事で知りました。
オスカーもいけるかな?でも主演じゃないんだね,ジョーカーって・・・
こちらも☆ (きらら)
2009-01-14 23:04:51
あれれー?
もしかしたらTB送れていないかも
なんでだろ?ゴメンナサイ☆

これー、すっごく怖かったよねぇ。
ワタシもビクビクしちゃいました。
でもラストに感動でした。すっごく良かった♪怖いからもう観れないけど。。
Unknown (アニー)
2009-01-15 19:00:06
これはゴシックぽいけど、画像からして
不気味な雰囲気が伝わってきます。

ん〜これは見ねば、チェック!
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2009-01-15 20:59:45
>『パンズ・ラビリンス』と『アザーズ』を
足して二で割った作品かな。

なるほど^^そんな感じしますよね^^
私もアイマックさんと同じような
評価かも(^_^;)

ホラー苦手な私でしたが、観れました!
それは、もしかしたら、体調が悪くて
映画に集中できなかったからかもなのですが(笑)

パンズ〜も凄い映画だと思うのですが、好きか
嫌いかと言われたら、あまり好きとは言えないので(^_^;)この作品も今ひとつになってしまったのかもしれません。アイマックさんが言われるように見せ方は上手いんですけど・・・

DVDになったら、もう1度ちゃんと観ます^^
>夜中にこんばんは (アイマック)
2009-01-18 11:35:24
ななさん、こんにちは!
私はパンズラビリンスのほうが好きなんだけど、
ななさん、はまるかも。笑
これ全国順次公開なので、あとになって公開するかもよ。

ヒース、GG賞受賞しましたね。
まあ助演でもうれしいけど、個人的にはちょっと複雑でね・・
存命中にあげたかったなと。。
生きてればプロモーションで初来日してくれたかもしれないのに悔しくて!!
あの笑顔がみたい。
どうしても納得できないヒースの死ですけど、いろんな映画残してくれたからありがとうといいたいですね〜
>こちらも☆ (アイマック)
2009-01-18 11:36:04
きららさん、こちらにもありがとねー。
TB送れてませんか?どうもすいません・・
たまにgooってあるんだよなあ。

ホラーものと知らずにみたんで恐かったです^^;
だるまさんはビビリ・・
ラストはあまり好きではなかったけど、よくできてましたよね!
アニーさん、こんにちは! (アイマック)
2009-01-18 11:36:44
ホラーものと知らずにみたんで、恐かったですよー。
ゴシック調は不気味な恐さがあるね。
ラストが気にいらないけど、おすすめです♪
アニーさん、こんにちは! (アイマック)
2009-01-18 11:36:44
ホラーものと知らずにみたんで、恐かったですよー。
ゴシック調は不気味な恐さがあるね。
ラストが気にいらないけど、おすすめです♪
>こんばんは^^ (アイマック)
2009-01-18 11:37:22
ひろちゃん、こんにちは!
あらら、体調悪かったとは大丈夫です?
ホラーものと知らずにみたんで、結構恐かったですよ。

こういう映画は好き嫌いが分かれますよね。
自分はラストの母親の行動が納得できなかったです。
見せ方はいいんだけども・・
DVDになっても見ないかもー。すまん^^;
わかります (にゃむばなな)
2009-01-18 15:33:15
『シックス・センス』をコピーにもってくるな!という気持ち、よく分かります。
この映画を『シックス・センス』と同じ扱いにするのは間違っていますよね。
似ているようで実は似ていない。そういう映画だと私は思いました。
>わかります (アイマック)
2009-01-18 21:58:15
にゃむばななさん、こんばんは!
こういった感覚的な映画をみな『シックス・センス』でくくるのはどうかと思うよね。
どんでん返しのイメージが強いので、終わり方を期待してしまって・・
ほんと似てるようで、まったく似てませんでした。。

本当! (miyu)
2009-01-21 20:26:44
見せ方がうまかったですね〜。
すんごい引き込まれましたし、
入り込んで観てしまってる分怖くもあったのですが、
怖さだけでないストーリー展開にもすっかり
引き込まれてしまいましたもん。
>本当! (アイマック)
2009-02-01 18:38:24
miyuさん、こんばんは!
お屋敷の雰囲気といい、子供の使い方、遊びとか
見せ方うまかったですね。
上質なホラーものでもありました。
ラストの持って行き方が自分は残念でした・・
またまたお邪魔します (SGA屋伍一)
2009-02-11 08:07:55
アイマックさん、おはようございます

わたしも記事でモロに『シックス・センス』と絡めてしまいました(笑) あれ以来の、久々の「癒し系ホラー」だと思ったもんですから・・・

ご主人はあのあとどうするのか気になりました
もしかしたらこのまま幽霊たちと同居するのかなあ、なんて。それはそれで楽し・・・くないか
とりあえずお墓の前で納得したような笑顔を見せてくれたのが、せめてもの救いでした
>またまたお邪魔します (アイマック)
2009-02-11 21:50:12
SGA屋伍一さん、こんばんは!
あはは、シックス・センスとからめたくもなりますよ。
今でもあの衝撃は忘れられないし、でもその後のシャマランは見限ってますけど。^^;

残された夫がかわいそうで・・お墓で笑顔をみせたのは納得したんでしょうね。
自分は女なのに、夫に感情移入してしまいました。笑
現実的な夫でしたが、幽霊たちと仲良くやっていくのかな。
再婚したら、また現象がおきそう。。
こんばんは〜 (HIRO)
2009-05-25 21:39:40
復帰されたんですね〜
僕は、アザーズ+フライトプラン÷(機械仕掛けの小児病棟+パンズラビリンス)みたいに思ってました〜
何者を寄せ付けず我が子を捜すオカルトダークファンタジーみたいなノリです。
シックスセンスがコピーに上がってたんですね!

どっちかというと、もっとファンタジー寄りが良かったかもです。
>こんばんは〜 (アイマック)
2009-05-25 22:48:17
HIROさん、こんばんは!
急に休止してしまってごめんなさい、、
またよろしくおねがいしますねー。

>アザーズ+フライトプラン÷(機械仕掛けの小児病棟+パンズラビリンス)

そういえばフライトプランにもにてますよね。
機械仕掛けの小児病棟は恐そうで見てないんですよ。興味はあるんだが・・
こういうオカルトファンタジーものをみなシックスセンスとかぶせるのはよくないよねー。苦笑
どちらかというとヨーロピアンダークファンタジーって感じ?

Unknown (アニー)
2009-05-26 16:42:06
霊媒師シーンや、だるまさん転んだシーンは
恐かったですねぇ〜。

交通事故の口裂け血まみれは、この映画の
雰囲気に合わなくて、浮いてましたが^_^;

父親の表情見てたら、私もウルウルして
しまいましたが・・・やはり、ラストの持って
生き方が似てる^_^;

パンズの印象度合いが強すぎて、驚き具合は
並でした(-^□^-)
アニーさん、こんばんは! (アイマック)
2009-05-31 20:24:24
だるまさんはほんとにビビリましたよー。

あの交通事故シーンは確かに浮いてたね。笑
心臓ビクンでした、、

旦那さんがかわいそうで・・・
まあ現実を受け入れただろうけど。

そうよね、バンズのほうが印象が強かったので
個人的には☆減らしたけど、見せ方はうまかったです。
夫も (ノルウェーまだ〜む)
2010-12-20 03:24:31
アイマックさん、こんばんわ☆
私も詳しく知らずに見たので、本当に怖かったです。
夫は可哀相ではありますが、最後のシーンの夫の笑顔を見ると、幸せそうに暮らしているラウラとシモンに時々ああして会いに行けてるんだなぁと、ちょっとだけほっとしました。
>夫も (アイマック)
2010-12-21 23:08:30
ノルウェーまだ〜むさん、こんばんは!
だるまさんがころんだ・・は恐かったですよー。
旦那さんが可哀想で・・・でもあの笑顔は時々会いにいけるということですね。。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

33 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
永遠のこどもたち/ベレン・ルエダ (カノンな日々)
昨年のこの時期は近場で上映している作品はほとんど観てしまって観るものがなかったような気がするんだけど、今年はカレンダーの兼ね合いなのか、まだまだ観たい映画が何作品か残ってるんですよね。でもとりあえず年内はあと2作品くらいで締めにしようかなぁと思っている...
「永遠のこどもたち」 幸せは主観 (はらやんの映画徒然草)
2008年の劇場観賞の最後となるのは、本作「永遠のこどもたち」。 ギレルモ・デル
永遠のこどもたち :大阪ヨーロッパ映画祭 (だらだら無気力ブログ)
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・ドロをプロデューサーに迎えて 制作されたスペインのホラー映画。アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表 作品やゴヤ賞7部門などなど、多くの賞を受賞した作品。孤児院で育ったラウラは、長い間閉鎖されていたその孤児院を買い...
永遠のこどもたち (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題:EL ORFANATO、英語タイトル:THE ORPHANAGE(孤児院) J・A・バヨナ監督、ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ。「永遠」と言えば「死」の言い換えというのが相場で、「死」を覚悟...
永遠のこどもたち/EL ORFANATO/THE ORPHANAGE (我想一個人映画美的女人blog)
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースのミステリーサスペンス。 スペインで大ヒットを記録、 今年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた作品{/kirakira/} 今年観られる映画ももうわずか。 20日公開作品は駆け込みでいっぱい...
永遠のこどもたち (心のままに映画の風景)
孤児院で育ち、里親に引き取られたラウラ(ベレン・ルエダ)は、 30年後、閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホ...
「永遠のこどもたち」 (或る日の出来事)
んん…あんまりピンとこなかったなあ。 ギレルモ・デル・トロが製作にまわった映画で、彼の好みっぽいホラーミステリー調に、母の愛などもあ...
永遠のこどもたち (そーれりぽーと)
まーた『シックスセンス』を引き合いに出す映画かと思ってたら、こないだ新作映画が公開されたばかりのギレルモ・デル・トロが2007年にプロデュースしたとのこと。 これはひょっとしたらひょっとするんじゃ?と期待を胸に、関西では今週公開の『永遠のこどもたち』を観て...
『永遠のこどもたち』 (2007)/スペイン・メキシコ (NiceOne!!)
原題:ELORFANATO/THEORPHANAGE監督:J・A・バヨーナ出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ試写会場 : 一ツ橋ホール(2008年12月20日公開)公式サイトはこちら。<Story>海辺にある....
「永遠のこどもたち」 (首都クロム)
 床が、家が、低く唸るように軋む。蝶番が不気味な音を立てて扉がひとりでに開き、ひやりとした風が抜けていく。“彼ら”がやってきた合図だ。ラウラは背後の気配に振り返った。彼女しか居ないはずの室内、しかし廊下の突き当たりには愛息子シモンと同じ年頃のこどもが立...
永遠のこどもたち (Memoirs_of_dai)
死≠不幸 【Story】 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー...
永遠のこどもたち (to Heart)
愛を信じたら、本物の光が見える。 原題 EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 製作国・地域 スペイン/メキシコ 製作年度 2007年 上映時間 108分 監督 J・A・バヨナ 音楽 フェルナンド・ベラスケス 出演 ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ロジェール・プリンセプ/ジェラルディ...
『永遠のこどもたち』... ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2007年:スペイン+メキシコ合作映画、J・A・バヨナ監督、ベレン・ルエダ主演、『パンズ・ラビリンス』の監督ギレルモ・デル・トロが製作したホラー映画。 ≪第15回大阪ヨーロッパ映画祭【ヨーロッパ最新映画初上映】にて鑑賞、J・A・バヨナ監督ディスカッション&サイン...
永遠のこどもたち (いとし・こいし 〜いとしいこいしいものごとのおぼえがき〜)
永遠のこどもたち 2009 1/7@ヒューマントラストシネマ シネアミューズからヒューマントラストシネマに名前が変わってたのが先ず驚き。 ホラーは基本ムリなんだから、観る前からびびり入ってんのに、んなことで驚かせないで欲しかったなーんつってな。
「永遠のこどもたち」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「El Orfanato」...aka「The Orphanage」 2007 メキシコ/スペイン 子供をなくした母親の狂気とも思える姿を描いたミステリアス・サスペンス・ホラー。 ラウラに「美しすぎる母/2007」のベレン・ルエダ。 ラウラの夫カルロスにフェルナンド・カヨ。 息子シモン...
永遠のこどもたち (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞永遠のこどもたち/EL ORFANATO 2007年/スペイン、メキシコ/108分 監督: J・A・バヨナ 出演: ベレ...
★永遠のこどもたち(2007)★ (CinemaCollection)
ELORFANATOTHEORPHANAGE愛を信じたら、本物の光が見える。上映時間108分製作国スペイン/メキシコ公開情報劇場公開(シネカノン)初公開年月2008/12/20ジャンルホラー/ドラマ/ミステリー【解説】「パンズ・ラビリンス」「デビルズ・バックボーン」のギレルモ・デル・トロ....
永遠のこどもたち◆◇EL ORFANATO ギレルモ・デル・トロ製作作品その2 (銅版画制作の日々)
 愛を信じたら、本物の光が見える。 ギレルモ・デル・トロ監督、今回は製作者として、この作品に関わっている。スペイン国内でゴヤ賞の7部門を獲得した他、数々の賞に輝いたこの作品ということと、休日というのも重なって大勢のお客さんだった。そういえば、「パンズ・...
『永遠のこどもたち』 (めでぃあみっくす)
ホラーとしても素晴らしい。ミステリーとしても素晴らしい。でも母の愛を描いた映画としてはもっと素晴らしい。そう思えるほどに完成度の高い映画でした。『海を飛ぶ夢』や『パンズ・ラビリンス』を始めとする最近のスペイン映画は本当に面白いです。そしてこの映画もその...
永遠のこどもたち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛を信じたら、本物の光が見える。』  コチラの「永遠のこどもたち」は、12/20公開になったスピリチュアル・ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪2009年初となる映画館での鑑賞作品です。2006年の「ポビーとディンガン」、2007年の「リトル・ミス・サ...
永遠のこどもたち (2007・スペイン/メキシコ) (白ブタさん)
今年の劇場1作目です{%クラッカーwebry%} 『レボリューショナリーロード』 が1作目と前の記事で書いたのですが、予定変更で(^^ゞ
大人になんかならないよ J・A・バヨナ 『永遠のこどもたち』 (SGA屋物語紹介所)
『パンズ・ラビリンス』で一躍脚光を浴びたギレルモ・デル・トロが制作に回った作品。
永遠のこどもたち (ダイターンクラッシュ!!)
1月20日(火) 21:20〜 109シネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『永遠のこどもたち』公式サイト 泣けるホラーだと聞いている。 ただ、あまりにスピリチャアル過ぎて、いまいち解釈ができないところも多々あり、評判ほどの感...
「永遠のこどもたち」(スペイン/メキシコ 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
パーティーの日、ひとり息子が姿を消した。
永遠のこどもたち (カトリーヌの雨傘)
   子供時代 孤児院で育ったラウラは30年後   そのホームを買い取り障害を持つ子供たちのホームを作る為に   息子のシモンと夫のカルロスと移り住む   息子のシモンは 大きな屋敷で淋しいのか見えないお友達と   よく遊んでいた   そして・・そのホー...
永遠のこどもたち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
古く広大な屋敷で起こる怪事件と、突然消えた我が子の行方を捜す母親の強い愛を描くスペイン製のサスペンス。 製作は、「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロー。監督は新人のJ・A・バヨナ。ゴヤ賞で脚本賞ほか7部門を受賞。 物語:海沿いにある、ある孤...
【映画】永遠のこどもたち (新!やさぐれ日記)
▼動機 「パンズ・ラビリンス」が面白かったから ▼感想 ホラー?ファンタジー?サスペンス? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー...
永遠のこどもたち (晴れたらいいね〜)
これ見たかったんですよねっ。当初は、ギル・レモ監督作品かと思っていたのですが、プロデュースだった。母親が、子供を捜す…という愛の物語だけだと思っていたら、大間違い。子供はどこ?というサスペンスとホラーもあり、満足しました。永遠のこどもたち原題:El O...
永遠のこどもたち (肉球シネマブログ)
■2009/5/22日DVD発売  ■スペイン/メキシコ制作  ■108分 ■監督 J・A・バヨナ   ■制作 ギレルモ・デル・トロ ■出演 ベレン・ル...
No511   2009 永遠のこどもたち 088 かばんの中もつくえの中も探してください (嗚呼,魅惑の映画道+Σ)
【永遠のこどもたち】の感想etc (2007) Review 【フライト・プラン】+【アザーズ】=【永遠のこどもたち】ってことで! 子供は隠れ...
No511 永遠のこどもたち 2009 088 かばんの中もつくえの中も探してください (嗚呼,魅惑の映画道+Σ)
【永遠のこどもたち】の感想etc (2007) Review 【フライト・プラン】+【アザーズ】=【永遠のこどもたち】ってことで! 子供は隠れ...
永遠のこどもたち (mama)
EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 2007年:スペイン・メキシコ 監督:J・A・バヨナ 製作:ギレルモ・デル・トロ 出演:ベレン・ルエダ、ジェラルディン・チャップリン、フェルナンド・カヨ、マベル・リベラ 海辺の孤児院で育ったラウラは、障害を持つ子どものホームに...
「永遠のこどもたち」久しぶりの恐怖 (ノルウェー暮らし・イン・London)
スピリチュアルな映画なのは知っていた。 だけど、ホラーだったとは! 誰か教えてくれなきゃ・・・・・(汗) しかし久しぶりに見応えのある、怖いけど愛に溢れて、見応えバッチリ素晴らしい作品に出会えた。