小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハート・ロッカー

2010-03-02 | ハ行の映画

The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース

彼らは、数えきれない命を救う。
たった一つの命を懸けてー。


久しぶりに試写会にいってきました。
今年のアカデミー賞で作品賞、監督賞を含む9部門にノミネート。
監督は「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー。業界内ではアカデミー史上初となる監督同士(『アバター』のジェームズ・キャメロン監督は元夫)の「元夫婦対決」でも話題!


2004年のイラク、バグダッド。世界で最も危険な仕事であるアメリカ軍爆発物処理班の兵士の日常を描いた戦争ドラマ。
ジャーナリストでもある脚本家のイラクでの取材体験に基づいたもの。
戦争ものでも対人間ではなくて、爆弾を相手に戦うというのは新しい視点ですね。


防護服に身をつつみ、爆弾の処理を行う彼らはいつも死と隣り合わせ。
ケータイを使うと自然に爆発することなど、一般人は知らないよね。(驚)
新しく赴任してきた軍曹とサポート兵士たちの危険なミッション。この軍曹が命知らずな男でドキドキさせる。演じるジェレミー・レナーはダニエル・クレイグにちょっと似てます。
演出、撮影がうまく、敵と砂漠でのにらみあいなど緊張感でつい力が入ってしまう・・・。


冒頭、戦争は麻薬だ!という字幕のとおりの現実。
主人公の軍曹は今まで800個以上の爆弾を処理。いつ爆発するかわからないスリル、そして達成感、日常ではぜったい味わえない高揚感に知らず知らず冒されていくんだよね。
勇敢の先にあるものは人間の感覚を麻痺させる。ひと事でも人間は恐いな〜

女性監督ということで、戦場を冷静に客観的に描いている感じがした。
キャストが自由に演じてるようにみえてリアル、感動とは違う骨太な作品でした。

★★★★☆(5段階☆は0.5)

公式サイト

ブログ王ランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (47)   Trackbacks (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 | TOP | FRINGE/フリンジ〈ファースト・... »
最近の画像もっと見る

47 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2010-03-04 00:23:03
命を危険に晒すことでしか生きている価値を、
自分自身の存在意義を見出せない…。これは
あまりに哀しいことなんですよね。
多くのジェームズが実際にいて、多くのジェー
ムズが死んでいくという現実の事態は異常とし
かいいようがないです…。
観たいですねー (ちゃぴちゃぴ)
2010-03-04 00:37:53
アバター以来、とんと映画館に行けず、観に行きたい気持ちはあれど、それならそれで、まぁいいや…に最近なっています。DVD1本も、毎日は観なくなったしなぁ。

アカデミー賞有力作品ですねぇ、この時期になると、とっててよかったWOWOWです。
この映画も、観に行けるかどうかわからないですが、楽しみにしてます♪
シャーロック・ホームズは行きますぅ。
★アイマックさん (mig)
2010-03-04 01:28:01
こんばんは♪

これまで観て来たたくさんの戦争映画とはちょっと違う角度から捉えた作風でしたね〜。

でもわたし、これアカデミー賞作品賞とったらやだなってちょっと思っちゃうな、、、、
>こんばんは^^ (アイマック)
2010-03-04 21:46:22
KLYさん、こんばんは!

>命を危険に晒すことでしか生きている価値を、
>自分自身の存在意義を見出せない…。

そうだよね、人間終わってますよ、、、
戦争は進行形なわけで、たくさんのジェームズがいるというのが恐ろしいし悲しい。
最後は本能のまま生きるしかないでしょうかね。。
>観たいですねー (アイマック)
2010-03-04 21:50:13
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは!

これ、批評家にウケがいいですね。
感動もんじゃないけど、考えさせられる・・・
WOWOWのアカデミー賞、楽しみですよー!
ホームズはいきたいな。
migさん、こんばんは! (アイマック)
2010-03-04 21:53:16
今までの戦争ものとちがう視点ですよね。
これオスカーとるかなあ。
監督賞はビグロー監督の元夫だと思うんですけど、どうでしょうか。^^:
Unknown (えふ)
2010-03-06 16:19:45
私も演出、撮影が上手いな〜と感じました。
砂漠のシーンもそうだけど、
爆弾処理作業をしてるときに、
援護してる隊員たちの息遣いがすごく緊張感あったし。
見てるこっちもすごい緊張しちゃった。
凄い映画 (にゃむばなな)
2010-03-06 21:16:51
2度の大爆発、突然やってくる緊張感。
これに言葉を失った映画でした。

こんな凄い映画に出会えたことに感謝すると同時に、言い知れぬ恐怖も感じましたよ。
観たいのです〜 (マリー)
2010-03-06 23:38:09
こんばんは〜〜♪
試写会で観られたんですね〜。
いいな。
こちらはまだ公開日も決まってないんですよ・・・しくしく。

もし公開されたら絶対観ます。

最近、ちょっと又嵌った彼がいて(気が多すぎ!笑)そしたら、彼は「THIS IS IT」韓国公演に出ると知って、“運命”感じました〜。
その彼とは!=東方神起のユノです。
私も観てきました! (テクテク)
2010-03-07 12:14:20
こんにちは
この映画は終始緊張感のある作品でした

冒頭に出てきた言葉通り
「戦争は麻薬だ」という意味が
本当によく伝わる作品でしたよね

戦闘シーンはあったものの、
確かにこれまでの戦争映画とは何か違っていました

砂漠での交戦シーンのように
何もない所へ銃を乱射するように
自分の敵は目に見えないというか、
戦争は心までも盲目にしてしまうって事なんでしょうかね…

映画の終盤で
イラクの子供たちから石を投げつけられるシーンは
何だかとても印象的でした
えふさん、こんにちは! (アイマック)
2010-03-07 16:28:00
あの砂漠のシーンや爆弾処理するシーンはみてるこちらも冷や汗かきますよね。
自分がそこにいるような錯覚してしまうね。
リアルな映画でしたー。
>凄い映画 (アイマック)
2010-03-07 16:31:40
にゃむばななさん、こんにちは!
爆発シーンは言葉を失うよね・・・
緊張感いっぱいの映画でしたし、正義を旗印に国民を戦場へ送り出す国家はどうなのよ・・と考えてしまいます、、
>観たいのです〜 (アイマック)
2010-03-07 16:37:46
マリーさん、こんにちは!
お久しぶりです〜
コメントありがとね!
そちらでは公開日、決まってないんだね。感動もんじゃないけどインパクトは絶大ですよ。

ところで噂ではきいてたけど「THIS IS IT」の韓国公演ってやるんだー。
東方神起の人が出るんだね。ということはマイケルの歌を歌うってこと?
「THIS IS IT」日本ではやらないのかなあ。。
>私も観てきました! (アイマック)
2010-03-07 16:43:00
テクテクさん、こんにちは!
ホント、戦争はジャンキーですね・・
これまでの戦争ものとはちがう視点で、考えてしまう映画でした。
もう平和な日常の世界には戻れないジェームズが哀れだし、恐ろしいことだなと思いましたよ。
Unknown (はらやん)
2010-03-07 19:03:33
アイマックさん、こんばんは!

>女性監督ということで、戦場を冷静に客観的に描いている感じがした
その通りですねー。
男性はどうしても戦場にロマンティシズムを求めてしまいますが、ビグロー監督はそういうことはなく過酷な戦場を淡々と「日常的」に描いていました。
このあたりの視線は女性ならではと僕も思いました。
こんばんは♪ (yukarin)
2010-03-07 22:46:54
リアルな映像ととても緊張感ある作品でしたね。
本当に戦争は麻薬・・・そう思わされるような内容でした。
女性の監督でここまで描くなんてと思いましたけど女性だからこそなんでしょうかね。
監督賞&作品賞 (ゴジ健)
2010-03-08 14:08:26
キタ〜〜〜ッ!!!

私は、先週「しあわせの隠れ場所」を観賞してきただけに、サンドラ・ブロックのオスカー初受賞に感無量です。


おめでとうですね! (オリーブリー)
2010-03-08 15:17:55
こんにちは〜。

納得のオスカーでした。
「アバター」も良かったけど、やはり作品としたらこちらの方かな〜と思いました。
皆さん言われているけど、これまでの戦争映画とは違う味わいと言うのか、こんな映画に出会えるのは、なかなか無いかも知れないですね。
初の女性監督にオスカーと言うのも嬉しいです!
キャスリン・ビグロー。 (BC)
2010-03-09 04:09:23
アイマックさん、こんばんは。

キャスリン・ビグロー監督と言えば『ハート・ブルー』が好きでした☆

私は戦争映画が苦手なのでこの作品は観賞予定には入れていなかったけど、
オスカーも獲得したし評判が良いようですね。
時間があれば観に行こうかな。
はらやんさん、こんばんは! (アイマック)
2010-03-09 22:12:55
オスカー6つとっちゃいましたねー。
おめでとう!

>ビグロー監督はそういうことはなく過酷な戦場を淡々と「日常的」に描いていました。

淡々ととってたのが逆によかったですね。リアルさがこちらまで伝わってきました。極限での人間の姿をかいまみれましたよ。
>こんばんは♪ (アイマック)
2010-03-09 22:15:19
yukarinさん、こんばんは!
戦争は麻薬という言葉がそのまんま当てはまりますね。
私も女性が撮っちゃうんだなーと思ったけど、よく考えると女性ならではのさめた目線なのかもしれませんね。
>監督賞&作品賞 (アイマック)
2010-03-09 22:19:34
ゴジ健さん、こんばんは!
お久しぶりです〜
きましたねー!インパクトある映画でしたよ。
「しあわせの隠れ場所」はみたいんだけど、劇場が遠いのでDVDになりそうですよ。
サンドラ姐さん、おめでとう!
松井、いよいよオープン戦出場っすね。がんばれ〜
>おめでとうですね! (アイマック)
2010-03-09 22:22:10
オリーブリーさん、こんばんは!
アバターはストーリーが浅かったよね。こちらのほうが訴えてくるものが大きかった。戦争映画といっても過去ではないというのがリアルさを増しますね。
初の女性監督受賞、おめでとう!
>キャスリン・ビグロー。 (アイマック)
2010-03-09 22:26:58
BCさん、こんばんは!
私も『ハート・ブルー』好きですよ。
男っぽい映画の撮り方する方ですよね。
戦争映画なのでハードですが(音でびっくりするところもある)、時間があればぜひ!
Unknown (yukarin)
2010-03-10 13:59:14
アイマックさん、間違ってTBまた送っちゃいました〜消してくださいませっ。
お邪魔します♪ (ひきばっち)
2010-03-10 14:32:53
いつもお世話になっとります(^^♪
「ハート・ロッカー」作品賞受賞の報を聞いて、「やはり!」と納得しております。
ノミネートされた他作品は「アバター」しか今のところ観ておりませんが、「一騎打ち」との噂を聞いていたので、自分なりに予想しておりました・・。
もし、日本がアメリカの立場だったら・・と思うと、とても恐ろしい気持ちになりました。
あのような過酷な任務に就いている人々に、畏敬の念をいだくばかりです・・。
>お邪魔します♪ (アイマック)
2010-03-11 12:41:53
ひきばっちさん、こんにちは!
こちらこそいつもお世話になってます〜♪

作品賞、納得の受賞ですよね。
私もアバターよりこちらの映画の方がよかったです。
ホント爆弾処理を日本人がやってたら恐ろしいですよね。
改めて戦争の意味を考えてしまいます。
命知らずな男 (たまさん)
2010-03-13 13:14:49
こんにちは!

>キャストが自由に演じてるようにみえてリアル

まさしくそんな映画でしたね。戦場映画にしてはドラマが弱い気がしましたが、人間味のあるキャラクターを演じきっていたので最後まで見やすい作品になっていたと思います。

主人公の心理、分からないでもないところが怖いです。
>命知らずな男 (アイマック)
2010-03-14 09:37:19
たまさんさん、こんにちは!
リアルな演出、自分がそこにいるかのような臨場感を味わえましたねー。
戦争ものとしてみるとあっさりしてたけど、逆にインパクトありました。

実際、戦場にいけば仕事になってしまって流されてしまうわけで、恐いっす、、
TB (プールサイドの人魚姫)
2010-03-14 19:09:15
TBを重複して送ってしまったかもしれません。ご容赦を。
>TB (アイマック)
2010-03-14 20:13:54
プールサイドの人魚姫さん、こんばんは!
こちらこそTBありがとうございましたー。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2010-03-17 01:04:58
感動とは違う骨太な作品・・・その通り
ですね^^
内容自体も重いしσ(^◇^;後味もいいとは
言えないし(^^;
でも、観て良かったと思った作品でした^^
しかし、最初から最後まで緊張を強いられた
作品でした(T^T)

>演じるジェレミー・レナーはダニエル・クレイグにちょっと似てます。

うんうん。何となくわかります。ちょっと
似てますよね(^_-)-☆
>こんばんは^^ (アイマック)
2010-03-18 11:21:20
ひろちゃんさん、こんにちは!
感動ものではないけれど、インパクトある映画でしたね。
戦争は人の人生までも変えてしまうもの。
爆弾って一瞬だから恐いっすよ。
ジェレミー・レナー、ヘアスタイルのせいか007のダニエル・クレイグに似てる。
笑うと子供っぽくなって、ぜんぜん違うんですけどね。
アカデミー賞 (ノルウェーまだ〜む)
2010-03-22 08:20:55
アイマックさん、こんばんわ☆
このような無骨な作品が、しっかりとアカデミー賞を受賞してくれて、本当にうれしいです。
臨場感を演出した撮影方法など素晴らしくて、息をするのも瞬きをするのも忘れるくらい、完全にその場にいるような気分になりました。
>アカデミー賞 (アイマック)
2010-03-22 11:42:10
ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!
アバターよりもやっぱりこっちですよね。
昨日みてきたマイレージ・マイライフもよかったけど。
その場にいるような臨場感、いつ爆発するかわからないスリル、兵士たちの身になってしまいました。
無事に帰って来て。 (悠雅)
2010-03-22 22:27:46
こんばんは。
オスカー受賞後、わが県ではやっと上映が始まりました。これはもう、圧倒的でしたねぇ…
オスカー受賞は当然の結果だったと思います。
言っては何ですけど、『アバター』とは比較にならなかったです。
あまりにも感じるものが多くて、逆に言葉が出てこない感じです。

ビグロー監督の、戦場の兵士たちへのメッセージ、
「無事に帰って来て」という言葉に、この作品が集約される気がします。
日々成長する赤ん坊と一緒に、シリアルの味比べして暮らしてくれたらいいのに…と
どうしても、兵士たちの母親の年代のわたしは思います。
>無事に帰って来て。 (アイマック)
2010-03-22 22:42:31
悠雅さん、こんばんは!
対抗といわれたアバターより、断然こちらですね。
体感するような衝撃的な映像でした。

>日々成長する赤ん坊と一緒に、シリアルの味比べして暮らしてくれたらいいのに…と

普通の日常が日常でなくなることは恐いことですね。
もう元には戻れないというのが、現実なんでしょうか・・・
ビグロー監督の思い、兵士たちに届いてるといいですね。
こんにちは♪ (kenko)
2010-03-29 11:37:05
試写でご覧になってたんですね♪

そう、感動とは違うけど、見応えのある映画でした〜
携帯使うと爆発するなんて、一般人は知らない!電波で?コワイ・・・

砂漠での銃撃戦のシーンもすばらしかったです。
怖かった・・・ (マリー)
2010-03-29 19:51:06
こんばんは〜〜♪
コメント、TBありがとうございました〜

こういう状況が“日常”なんだ・・・と思えて、怖かった。
人の命って儚いですよね。
圧倒的なリアル感で最後まで目が離せなかった。。。観れてよかったです〜。


またまたここからですが、韓国の公演
ダンサーさんたち違うみたい><;
ユノは歌もめっちゃ頑張ってました。
感想聞かせてくれたら嬉しいな♪

最初にh付けて見てみてね〜〜〜。


ttp://www.youtube.com/watch?v=PkjMdlXi1wo&feature=player_embedded
>こんにちは♪ (アイマック)
2010-03-30 23:09:20
kenkoさん、こんばんは!
ひさしぶりの試写会がこの映画でした。
感動する映画ではないけど、インパクトありましたねー。
ケータイで爆発は電波でしょうかね。こわっ!
砂漠のシーンはこちらまでじりじりしてました、、
>怖かった・・・ (アイマック)
2010-03-30 23:14:15
マリーさん、こんばんは!
こちらこそいつもコメントありがとねー。

日常とかけはなれた世界でも、人間は依存してしまうんですね。。
あまりなじみのない俳優さんがメインということもあって、リアルでした。

韓国の公演、教えてくれてありがとう!
エネルギッシュなステージですよー。
ミュージシャンが違ってたなど、いろいろゴタゴタしたそうで、それが残念でしたね。
でも彼が超マイケルファンというのが伝わってきました!
ようやく、観ました (bobby101)
2010-04-04 09:33:05
 近くにシネコンが二つもあるのに、この映画をやってなくて、足を伸ばしてようやく観てきました。やはり女性監督らしく繊細なところが多く、男性監督だともっと過激になってしまったのではと思いました。
 ショッキングな現実を静かに描く、このあたりがこの映画の良さでしょうね。
>ようやく、観ました (アイマック)
2010-04-06 15:03:58
bobby101さん、こんにちは!
上映館少なくて、オスカーとってんで急遽上映が決まった映画館が多いみたいですね。
そうそう男性監督だと、もっときついというか情に訴えかけてくる感じになったでしょうね。
淡々と静かに撮っていて、戦争映画を好まない女性にもみてほしかったのかな。
最終日に見ました〜 (小米花)
2010-04-16 11:41:01
爆破と戦闘シーンで、ちょっと敬遠したいたのですが、いや〜面白かったです!!

そう自然に見えてリアルでしたね。
戦争とは?とかいう肩張ったメッセージではなく、現実はこうなんだよって見せてくれていましたよね。
見て良かった〜と思いました。
>最終日に見ました〜 (アイマック)
2010-04-20 23:00:26
小米花さん、こんばんは!
最終日だったのね。

戦争映画というとたじろいでしまいますが、緊張感いっぱいな映画でした。
自分がその場にいるようなリアルな映像だったね。
おしつけない戦争の現実が伝わってきました。
こんばんは〜♪ (ちゃぴちゃぴ)
2010-09-05 00:26:52
レンタル開始で初日に見ましたが、映画館で観たかったなとは思いましたねぇ。
爆弾解除のエピがいくつかあって、そのたびにドキドキしちゃいました。
やむを得ないあのシーンは、うわ〜です。
そこで、もう無理という人間とまた任務に行っちゃう人間とにわかれるところが、よかったかな。
パシフィックを観てるせいか、「コレが戦場」でしょ、ちょっと悲壮感が違いすぎて、自分自身とまどってしまったところはありました。
>こんばんは〜♪ (アイマック)
2010-09-06 12:57:15
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは!
爆弾解除のシーンは多くて、冒頭からだもんね。
えぐいシーンもありで、まあこれが戦場の現実なんだろうね。
任務にいってしまう人間はもう麻痺してるんだろうな。
パシフィック結局観てないんですよ〜。連続ドラマは最近、ちょっと私には無理だ。^^;
まとめて放送してほしいなあ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

73 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ハート・ロッカー (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイ...
映画「ハート・ロッカー」@サイエンスホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割くらい、男性客が意外に多い。 映画の話 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェー...
ハート・ロッカー (あーうぃ だにぇっと)
ハート・ロッカー2月23日(火)@なかのZERO 今週の試写会は、ハート・ロッカーとNINEだけ。 ハート・ロッカーはかなり気合を入れて応募して2枚ゲット。 開場10分前の18時20分になかのZEROに到着。 行列の最後尾は建物の横をぐるりとまわり、南側の公園のトイレの前。 ...
The Hurt Locker / ハート・ロッカー (Akasaka high&low )
Jeremy Renner(ジェレミー・レナー)演じるワイルドな爆弾処理班の兵士が煙草をくわえたジャズプレイヤーにも見えた戦争物がThe Hurt Locker(ハート・ロッカー)。 ハリウッド初のまともなイラク戦争を題材にしたフィクション・ドキュメンタリーは女性監督が作ったと...
「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年2月4日21:23 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦...
ハート・ロッカー (セガール気分で逢いましょう)
「300文字レビュー」とは、映画への想いをたった300文字に凝縮させる、お手軽な文系スポーツ。今回のお題は『ハート・ロッカー』です。 手に汗が異常発汗。これは最高の娯楽であり、耐えがたい真実でもある。
『ハート・ロッカー』 (ラムの大通り)
(原題:The Hurt Rocker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ〜あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞する...
ハート・ロッカー/ The Hurt Locker  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 各映画祭などでの受賞数、100近く{/eq_1/} もうすぐ発表される、アカデミー賞作品賞の大本命{/eq_1/} 21日に発表になったばかりの英国アカデミー賞でも圧勝{/...
■映画『ハート・ロッカー』 (Viva La Vida!)
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...
ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート・ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞) このなかでも、作品賞と監督賞の大本命と...
『ハート・ロッカー』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEHURTLOCKER監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>2004年....
ハート・ロッカー (Lovely Cinema)
 彼らは、数えきれない命を救う。たった一つの命を懸けてー。
「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 (はらやんの映画徒然草)
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった
『ハート・ロッカー』 (めでぃあみっくす)
恐怖は人間が脳内で作れる唯一の麻薬である。戦争はその麻薬中毒患者を大量に生み出す場である。 爆弾処理班を主人公にした、無機質ながらも類稀なる緊張感が観客を身震いさせるこの映画は、昨今のアカデミー前哨戦総ナメなのも納得の、まさに稀代の名作。これはもはや素...
ハート・ロッカー (だらだら無気力ブログ)
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3...
分かっちゃいるけど止められない。『ハート・ロッカー』 (水曜日のシネマ日記)
イラクに駐留するアメリカ軍爆発物処理班の兵士たちの姿を描いた作品です。
『ハート・ロッカー』・・・もうひとつのイラク戦争 (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争を題材にしながらこの作品にはスーパーホーネットも、ストライクイーグルも、アパッチロングボウも、エイブラムスも、ブラッドレーも登場しない。
ハート・ロッカー (心のままに映画の風景)
2004年、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナ...
ハート・ロッカー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ〜♪監督は...
ハート・ロッカー / The Hurt Locker (勝手に映画評)
第82回アカデミー賞9部門(作品賞、監督賞(キャスリン・ビグロー)、主演男優賞(ジェレミー・レナー)、脚本賞(マーク・ボール)、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞)ノミネート。 監督が、この作品とアカデミー賞作品賞を争っている「アバター」のジェームズ・キ...
ハート・ロッカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】 緊張とスリルを味わいたかったらお薦めの本作。
「ハート・ロッカー」 (或る日の出来事)
この緊張感の持続は、あまり経験したことがないくらい。もう勘弁してよって言いたいほど。すごく、いい意味ですよ。
ハート・ロッカー (りらの感想日記♪)
【ハート・ロッカー】 ★★★★☆ 映画(祭)(12)ストーリー 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班
ハート・ロッカー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE HURT LOCKER】 2010/03/06公開 アメリカ(PG12) 131分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン...
ハート・ロッカー (そーれりぽーと)
キャスリン・ビグロー監督が元ダンナ、ジェームズ・キャメロンの『アバター』とアカデミー賞を争ってる事の方が話題になってる『ハート・ロッカー』を観てきました。 ★★★★★ イラクで爆弾処理をするチームを超リアルに描いた本作、元旦那のイマジネーションを技術の...
ハート・ロッカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
防護服に身を包み、爆弾の配線を確認して信管を取り除く任務。戦場という名の日常。 死に最も近い米軍爆発物処理班の兵士たちを描き、本年度アカデミー賞最有力_。 物語:2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中...
ハート・ロッカー THE HURT LOCKER (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍...
「ハート・ロッカー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「ハート・ロッカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・キャスリン・ビグロー 脚本・マーク・ボール この記事を今急いで書いております。 ただ今、3月8日の午前4時過ぎであります・・。 7日の...
ハート・ロッカー (eclipse的な独り言)
 まだ書いていない感想文がいくつかあるのですが、記憶が確かなうちにこちらの方を書いておきます。(3月6日 清水MOVIXにて鑑賞)
ハート・ロッカー (風に吹かれて)
War is drugなぜ 再び戦場へ行く公式サイト http://www.hurtlocker.jp監督: キャスリン・ビグロー 「ハートブルー」「K-19」原題“The Hurt Locker”の
ハート・ロッカー (Akira's VOICE)
処理できないものは人間の心。  
映画『ハート・ロッカー THE HURT LOCKER』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞含む6部門を受賞。監督のキャスリン・ビグロー
映画「ハート・ロッカー(The Hurt Locker)」 (わかりやすさとストーリー )
『ハート・ロッカー』は時間感覚が秀逸だ。一般的には編集で時間をブツ切りにするのが映画だが、キャスリン・ビグロー監督は「時間」を操ることで緊張感・緊迫感を出し、作品の質感を高める。視覚よりも、聴覚や皮膚感覚で観る作品ともいえる。
「ハート・ロッカー」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2008年:米/ブロードメディア配給原題:THE HURT LOCKER監督:キャスリン・ビグロー脚本:マーク・ボール イラク戦争下で、爆発物処理にあたる兵士たちの姿をリアルに描いて、本年度のアカデミ
ハート・ロッカー◆◇THE HURT LOCKER (銅版画制作の日々)
イラクでの取材体験に基づいて描く戦場の恐るべき実態 東宝シネマズ二条にて鑑賞。仕事終了後、急いでシアターに。。。。今日はアカデミー賞6冠に輝いた「ハート・ロッカー」です。ニューヨークアイラブユーパート2はちょっと後にしてまずこの記事を書きたいと思います...
ハート・ロッカー (映画の話でコーヒーブレイク)
アカデミー賞発表前の公開初日、完売で見れなかった本作見てきました。 流石に、アカデミー賞6冠獲得!     興行成績を塗り替えた「アバター」を抑えての受賞!     初の女性監督、監督賞獲得!     元夫(キャメロン){/v/}元妻対決で妻の勝利! な〜んて、...
[映画『ハート・ロッカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われ...
「ハート・ロッカー」新宿武蔵野館にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
当直明けで新宿へ回り、武蔵野館で「ハート・ロッカー」を観てきました自分的には予定の行動だったんだけど、おとといの米国アカデミー賞で最優秀作品賞をとったばかりなので、平日の昼間なのに満員でしたねぇとにかくもう、あの「アバター」を押さえて、最優秀作品賞ほか...
【99.0Kg】 「ハート・ロッカー」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
今日、14日はTOHOシネマズのTOHO(14)に掛けた割引の日でした。 クマ吉は前日に映画を観にいったにも関わらず、今日もまた映画を鑑賞してきました。それも2本立てです。やっぱりワチキはとことん暇なひとなんですね・・・。
『ハート・ロッカー』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3...
ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー!  (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナ...
「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER (俺の明日はどっちだ)
・ テロの脅威が続くイラク・バグダッドを舞台に駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちの姿をサスペンスフルに描き、先ごろ行われた第82回アカデミー賞で作品賞&監督賞含む6部門を受賞した戦争映画ならぬ “ 戦場映画 ”。 スローモーションを効果的に使った初っ端の...
「ハート・ロッカー」 (てんびんthe LIFE)
「ハート・ロッカー」試写会 九段会館で観賞 戦争映画とは知っていましたが、これも戦争映画だと感心しました。(わかり辛い表現でした。) さらに最初から最後まで2時間超えの作品は緊迫感があふれ、体中に力が入り、実際に自分もその戦地に存在するかと勘違いする...
★ハート・ロッカー(2008)★ (CinemaCollection)
THEHURTLOCKER永遠を思わせる戦場。刹那を生きる男たち──。メディア映画上映時間131分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)初公開年月2010/03/06ジャンルアクション/サスペンス/戦争映倫PG12【解説】「ハートブルー」「K-19」のキャスリン....
【ハート・ロッカー】大人のオモチャ (映画@見取り八段)
ハート・ロッカー〜THE HURT LOCKER 〜 監督: キャスリン・ビグロー    出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・...
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観た! (とんとん・にっき)
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観てきました。言わずとしれた第82回アカデミー賞受賞作品、女性監督では初めてだという。「ハート・ロッカー」は「棺桶」を意味するアメリカ兵の俗語。また戦争映画かとやや拒否反応を示しながら、観たのはイラクに駐留
【ハート・ロッカー】 (日々のつぶやき)
監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ   永遠を思わせる戦場    刹那を生きる男たち- 「2004年のバグダッド、米軍のブラボー中隊は爆弾処理班。ある日作業中の爆発で...
戦争中毒〜『ハート・ロッカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE HURT LOCKER  2004年夏、イラク。バクダッドに駐留する米軍。爆弾処理を担当するブラボー 中隊に、新しい班長が赴任する。  アカ...
ハート・ロッカー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任...
*ハート・ロッカー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2008年  アメリカ 2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業中に爆発が起き、班長のトンプソン軍曹が爆死してしまう。トンプソン軍曹の代わりに派遣されてきたのは、ウィリア...
「ハート・ロッカー」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...
「ハート・ロッカー」 息継ぎできない・・・・ (ノルウェー暮らし・イン・London)
ヒリヒリするような緊迫感、標的を見据えて 目にハエが入ろうとも瞬きもしない・・・・ こちらまで息を凝らし、瞬きできない。 気が付くと、息が苦しくなって、大きな深呼吸。 目もすっかり乾いてしまい・・・・・・
『ハート・ロッカー』... ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:アメリカ映画、キャスリン・ビグロー監督、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース出演。
ハート・ロッカー (悠雅的生活)
2004年、バグダッド。任務完了まで38日・・・
映画「ハート・ロッカー」 (FREE TIME)
話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。
ハート・ロッカー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描...
ハート・ロッカー (C note)
今年のアカデミーを征したキャサリン・ビグロー監督作品。 イラクにおける米軍爆発物
『ハート・ロッカー』 (purebreath★マリーの映画館)
              世界が、この現実に胸を奪われた『ハート・ロッカー』監督・製作・・・キャスリン・ビグロー出演・・・ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース 他  ...
ハート・ロッカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...
★「ハート・ロッカー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 ついこの間、オスカーの作品賞・監督賞ほか6冠に輝いた作品。 爆弾処理班の話ってことで、あまり興味がわかないけど、 話題作には目を通しておきたいミーハーな性格なので。
『ハート・ロッカー』 (You got a movie)
監督    キャスリン・ビグロー キャスト  ジェレミー・レナー       アンソニー・マッキー       ブライアン・ジェラティ  第82回アカデミー賞 最優秀作品賞受賞。監督は「K−19」「ストレンジ・デイズ」の女性監督キャスリン・ビグロー。前作...
【映画】ハート・ロッカー (新!やさぐれ日記)
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジ...
ハート・ロッカー (映画と本の『たんぽぽ館』)
恐怖と緊張の中で・・・              * * * * * * * * まさに現在の戦争映画。 イラク、バグダッド。 米軍爆発物処理班の新リーダーとして、ジェームズ2等軍曹が着任します。 これまでも数々の成果を上げてきた彼は、 向こうみずな行動...
ハート・ロッカー (こんな映画見ました〜)
『ハート・ロッカー』 ---THE HURT LOCKER--- 2008年(アメリカ) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。 アメリカ陸軍...
劇場鑑賞「ハート・ロッカー」 (日々“是”精進!)
遅ればせながら、「ハート・ロッカー」を鑑賞してきました行きつけのシネコンでは5月8日から漸く上映開始に・・・。「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、...
ハート・ロッカー (晴れたらいいね〜)
アカデミー賞6部門ほか、賞総ナメをしたこの作品、DVDになったじょ〜。つうことで、はりきって借りてきました。緊迫感のある映画でした。こんなところで、こんな人?なお楽しみもありました。戦争って、麻薬のようなもんらしいですよ。ハート・ロッカー原題:The Hurt Loc...
ハート・ロッカー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダ...
「ハート・ロッカー」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 監督・製作 : キャスリン・ビグロー 脚本・製作 : マーク・ボール 出演 : ジェレミー・レナー 、 アンソニー・マッキー 、 ブライアン・ジェラティ 、 レイフ・ファイン...
「ハート・ロッカー」(THE HURT LOCKER) (シネマ・ワンダーランド)
イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テロが続く混迷を極めるバクダッドで、爆弾処理チームの3...
【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕...
ハート・ロッカー 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
『ハート・ロッカー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ハート・ロッカー 』 (2008)  監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、 クリスチャン・カマルゴ、ガイ・ピアース、レイフ...
ハート・ロッカー (RISING STEEL)
ハート・ロッカー / THE HURT LOCKER 2008年 アメリカ映画 監督・製作: キャスリン・ビグロー 製作:マーク・ボール ニコラス・シャルティエ グレッグ・シャピロ 脚本:マーク・ボール ...