小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キンキーブーツ

2007-02-25 | カ行の映画

KinkyBoots(2005/アメリカ・イギリス)【DVD】

監督:ジュリアン・ジャロルド
出演:ジョエル・エドガートン/キウェテル・イジョフォー/サラ=ジェーン・ポッツ/ジェミマ・ルーパー/リンダ・バセット

倒産寸前の靴工場の一発逆転劇。
幸せを呼ぶその靴は“キンキーブーツ!”


●ストーリー●
父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。
工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを新商品として開発しようと思いつく。


おもしろかったです。
脚色は加えてありますがイギリスであったほんとの話。
父の工場を受け継いだ、都会に憧れる結婚真近のチャーリー。
実は興味がない仕事・・
だが倒産寸前だということがわかり、嫌々ながらも従業員をクビにすることに。
ロンドンで出会ったドラッグクイーンのローラからアイデアが浮かび、ドラッグクイーン向けのブーツを作ることになる。
ヒールが高くてそれも細い。私はとても履けないブーツ(^^;


そのローラの台詞が効いている。
ブーツのヒールがこわれたら「人生の重みに耐えられないのよね」
うまいな~
舞台の彼女はエンターティナー。だがドレスからジーンズになると、とたんに弱気の虫・・・
従業員たちから好奇な目で見られ、自分は何者なのかが見えなくなり自信喪失。


それはチャーリーも同じ。
都会に住みたがる婚約者が理解してくれず、険悪なムードに。
でもチャーリーを支えてくれる女性従業員がいたのです。
「僕に何ができる!」の口癖の彼を「座ってちゃ、はじまらない!」と背中をたたいてくれた。いざとなると女は強い!
人生を共にする相手は、価値観のあう、あわないは大きいですね。

チャーリーは父の存在が大きすぎて親離れしていなかったと思う。
でも自分で考え行動するようになる。
従業員もその熱意に同調し、残業をしてブーツはつくられる。
電気がついた夜の工場の場面はこちらも嬉しくなった。

そしていよいよミラノの展示会の日・・・
この盛り上がるシーン、チャーリーがはじめてローラと会ったシーンと重なりあう。
二人は赤い靴で結ばれていたのね^^
男と男(?)の友情物語でもありました!


この工場でつくられているのは、一生ものの靴。
職人たちの誇りを感じる。
偏見を捨てた従業員たちのあたたかな心でいっぱいのブーツでした。
工場は実在の靴工場を3週間借りて、撮影したそう。
それがリアルさを出してましたね。

ローラを演じたキウェテル・イジョフォーのステージぶりと歌はパンチが効いてて魅せますねえ。
人生捨てたもんじゃない!
お勧め映画です。

「キンキーブーツ」公式サイト

ブログ王ランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (22)   Trackbacks (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イカとクジラ | TOP | アカデミー賞授賞式雑感 »
最近の画像もっと見る

22 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
(^―^) ニコリ (ちゃぴちゃぴ)
2007-02-26 00:02:57
イイ映画でしたねっ~。
観た後がさわやかというか、気分よかった。
後半、ホント嬉しくなっちゃうことばっかり。ハラハラもしたけど。
女装映画って、結構イイ映画多いですよねっ。
Unknown (アニー)
2007-02-26 00:44:03
素敵な、映画でしたね~。
旧作になったら、もう1回見たいくらいに、気に入り
ましたぁ。

>二人は赤い靴で結ばれていたのね^^
これナイス!! ベリーグッドな表現でアイマックさんも素晴らしい(-^□^-)

トラバさせていただきます。(^_^)v
サントラもオススメ♪ (AnneMarie)
2007-02-26 10:48:24
アイマックさん、おはようございます。

この映画、観終わってからとっても爽やかな気分になれるんですよね。ステキな映画でした。

チャーリーがミラノからローラに電話したメッセージに感動しちゃって涙出たわ。

サントラもオススメですよ~♪
中々奥深さを感じる映画でもありました (たろ)
2007-02-26 11:39:39
こんにちは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、実話を基にした、印象深い台詞を散りばめた物語展開、チャーリー・プライス役を演じたジョエル・エドガートンさん、ローラ役を演じたキウェテル・イジョフォーさん、ローレン役を演じたサラ=ジェーン・ポッツさんをはじめとした出演者の皆さんの好演 等、全体的な仕上りも良く出来ていた映画であったと思います。
そして、物語は楽しい仕上りでありましたが、古さと新しさ、物事の表面と本質の対比など、中々奥深さを感じる映画でもありました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

えへへ (ろびん)
2007-02-27 17:10:01
また関係ない記事をトラックバックしてしまいました。

ドラッグクイーンのブーツですかー。
楽しそうな映画ですね。
写真のベルトコンベアに乗ったどでかいブーツとそれを見つめる従業員達の表情が面白いです^^

「V for V」はじっくり鑑賞して、楽しませてもらいましたよ。
かっこよかったです。
最初はコメントで感想を書きにくるつもりだったんですが、いろいろ思うところあって、記事にしちゃいました。
時間に余裕があるときに読みに来てくださいね。
それじゃ、また!
>(^―^) ニコリ (アイマック)
2007-02-27 23:58:06
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは!^^
いつもコメ、TBありがとう!

気分さわやか、元気も出ますね。
イギリスの労働者の話は、いい映画が多いですね。
ミラクルな題材なせいか、作品になりやすいこともあるね。

>女装映画って、結構イイ映画多いですよねっ。

そうそう、プルートで朝食ももよかったしね!
偏見を超えていく姿に、人生のメッセージも感じるよね☆
アニーさん、こんばんは! (アイマック)
2007-02-28 00:03:38
>旧作になったら、もう1回見たいくらいに、気に入り
ましたぁ。

元気がもらえるし、満足する映画だね。
真実の話が題材というのもおもしろい。

>>二人は赤い靴で結ばれていたのね^^
>これナイス!! ベリーグッドな表現

ない頭でひらめいたんだよ(笑)
赤いブーツは幸運をもたらす靴でした。
しかし、あの鋼鉄のヒールは踏まれたら痛いね~
満員電車はご用心・・・^^;
TB、コメントありがとねー。
>サントラもオススメ♪ (アイマック)
2007-02-28 00:08:48
>サントラもオススメ♪

AnneMarieさん、こんばんは!
いつもコメ、TBありがと~

>チャーリーがミラノからローラに電話したメッセージに感動しちゃって涙出たわ。

私も感動しました!!
うまいこというよねえ。美しい友情でしたね。

サントラ、聞かなくちゃ。
最後にローラが歌った、ブギウギ~♪って曲いい。
思わず踊りたくなりましたよ(笑)
>中々奥深さを感じる映画でもありました (アイマック)
2007-02-28 00:15:16
たろさん、こんばんは!
お久しぶりです。
こちらこそ、いつもコメントもどうもありがとうございます!

>実話を基にした、印象深い台詞を散りばめた物語展開、

まず実話ということが興味深いよね。
なかなか考え付かないアイデアですが、世の中捨てたもんじゃないですよね。
台詞が効いてましたし、俳優たちも好演してた。

>古さと新しさ

歴史のある工場とミラノの展示会が対象的でしたよね。
味がある映画でした。心地いい映画でしたね!
>えへへ (アイマック)
2007-02-28 00:24:13
ろびんさん、こんばんは!
いえいえ、関係ない記事でもOKですからね~
旧ブログに記事があるけど、あちらは全く機能してないんで・・・^^ゞ

>ドラッグクイーンのブーツですかー。
>楽しそうな映画ですね。

脚色はされているけど、真実の話というのがまたいいです。
イギリスの「フルモンティ」「リトルダンサー」「カレンダーガールズ」などなど、田舎の労働者の話は元気がでるし、秀作が多いね。音楽の使い方もうまいかな。

>「V for V」はじっくり鑑賞して、楽しませてもらいましたよ。
>かっこよかったです。

よかった~。
おすすめした手前、おもしろくなかったら頭丸めるところでした(笑)
伺わせていただきますね!楽しみ♪
TBありがとうございました♪ (テクテク)
2007-02-28 12:41:57
こんにちは
私も、この映画は大好きです
DVDも買っちゃいました
何度観ても、最後のショーのシーンでは…
胸が熱くなる素敵な作品だと思います
ありがとう (せつら)
2007-03-04 19:32:40
初めまして、TB返してくれてありがとう

工場が倒産寸前になった理由が「良質で崩れにくい靴」を作って
いるからというのが悲しいですよね、それって買い手側にしてみれば
とても嬉しくて安心できるのに、でも売り手としてはそれでは困る
それじゃものが売れないから、売り手と買い手の温度差は
どんどん広がる一方だよね、だから靴に限らず何でも
最良の品
は絶対に作らないが暗黙の了解になっています。
でもそんななかで這い上がった実話を元にしたのがこの作品
なんですよね、チャーリーのすばらしい靴を頑丈で長持ちする
靴を提供したいという思いは序盤でも伝わってきました
ほんとよい映画でしたね
テクテクさん、こんばんは! (アイマック)
2007-03-04 23:27:42
レスが遅くなって、ごめんなさい。。。。

おお!DVDも買われましたか~☆
うまくバランスのとれた作品でした。
最後のショーのシーンで、工場の人たちにスポットライトがあたるところがいいよね。
丁寧につくられた手作りのキンキーブーツ。
すてきな映画でしたね♪
せつらさん、こんばんは! (アイマック)
2007-03-04 23:35:05
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます♪

>工場が倒産寸前になった理由が「良質で崩れにくい靴」を作って
いるからというのが悲しいですよね、

大量生産できる安い靴を売って儲ける。
消費社会の常でもありますね。
イギリス人は物を大事にするお国柄とも聞いたけど、
ロンドンのような都会ではそうでもないのかな。
実話というのが興味深いですよね。
生産工程の映像も観られましたね。
いい映画でしたねー。
TB&コメントありがとうございました (ミチ)
2007-05-10 21:42:58
こんばんは♪
こちらでは公開されなかったのが悲しかったけれど、ようやくDVDで見ることができました。
噂に違わずとっても良い作品!!
ローラはパワフルさと繊細さを併せ持ち、本当に愛すべき存在だな~と思いました。
ローラへの偏見を捨てて一丸となってブーツを作り、ミラノへと盛り上がるところがとっても良かった。
イギリスらしい笑いがたくさん込められていて、ハリウッドモノとはまた違った味わいですよね。
ミチさん、こんにちは! (アイマック)
2007-05-11 12:39:28
いつもコメントどうもありがとう。
小品ながらも、よくできてますよね。
ローラのパワフルだけど、繊細な人柄が好きになっちゃうね。
ミラノのショーのシーンはうけましたね~
イギリスらしいユーモアと心あたたまる作品でした♪
これは期待以上でした! (JoJo)
2007-07-24 01:44:27
ホントに人にススメたくなる素敵な心温まる作品でしたね~!

父親の仕事にそれほど興味がなさそうだった主人公が、「うちの靴は一生ものなんだ!」と思わず言うシーン、胸が熱くなりました。チャーリーとローラが互いの父親の話をするシーンもよかった~!

DVDだとたしか監督と俳優の音声解説がついているんですよね~、買おうかどうしようか迷い中です。
>これは期待以上でした! (アイマック)
2007-07-24 22:59:08
JoJoさん、こちらにもども!
心温まる映画でしたねえ。

>「うちの靴は一生ものなんだ!」と思わず言うシーン、胸が熱くなりました

職人の誇りを感じさせてくれたよね。
きっかけをつくってくれたローラとのふれあいもよかったです!

レンタルのDVDにも音声解説がついてましたよ。
私もしっかり聞きました!^^
実際の靴工場の話は興味深かったですよ。
満足でした♪ (kira)
2007-08-14 23:15:09
こんばんはー♪
気になっていたのになかなか手が伸びなかった作品。
JoJoさんのオススメで観ました~!

少年時代の父と一緒の、対照的なふたりのシーンから
すぐに惹きこまれて、
終る頃には親戚のオバさんのように成功を喜んでました(笑)
大好きな作品になりました
>満足でした♪ (アイマック)
2007-08-14 23:32:23
kiraさん、こんばんは!
JoJoさんのオススメで観られたのね!
とってもいい映画だったよね。

主人公が父親の呪縛から解放されたのは、ローラのおかげでもありますね。
それと、職人たちのいいものを一緒につくりたいと向上心。
一発逆転映画でもありますが、ハートフルな作品でした!
Unknown (はな)
2007-09-04 21:31:05
こんにちは!
私のブログにコメント&TBのお返し、ありがとうございました
ここ数日腰痛で(苦笑)こちらにコメント書きにくるのが遅くなってしまい失礼いたしました…
私もあの最初のほうのローラの「人生の重みに耐えられないのよね」ていうセリフすきでした!
ローラはローラの生き方しか出来ないから、人生の重みがなくなることはないだろうけど、でも、ほんの少しでも、その人生の重さを支えてくれる人との素敵な出会いだったんだろうな~て思います!
そしてそういう出会いは、映画を見ている私達にもあるものなんでしょうね
はなさん、こんばんは! (アイマック)
2007-09-04 23:28:40
こちらこそ、ご訪問ありがとうございました!
お体、お大事にしてくださいね。

いい台詞がいっぱいでてきました。
人生の中で、出会いというものは大事ですよね。
ローラもチャーリーもお互い、これが転機になりました!
偏見をなくしたら、幸せがみえましたね。
私もブログでいろんな人と出会えたことを感謝してます☆

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

23 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
キンキーブーツ (晴れたらいいね~)
これ、観たかったんですよ~。イイ!って聞いてたのと、元気が出る!ってなによりオカマキャラ(ドラッグクイーンね)が出てますからねっ。ニャハハ (*^▽^*) キンキーブーツ 監督:ジュリアン・ジャロルド 出演:ジョエル・エドガートン , キウェテル・...
『キンキーブーツ』 (京の昼寝~♪)
幸せへと導くブーツ、お作りします。     ■監督 ジュリアン・ジャロルド■脚本 ティム・ファース、ジェフ・ディーン■キャスト キウェテル・イジョフォー、ジョエル・エドガートン、サラ=ジェーン・ポッツ、ジャミマ・ルーパー、リンダ・バセット □オ...
★「キンキー・ブーツ」 (ひらりん的映画ブログ)
10/17の2本目は、ハシゴして・・・ 先月オープンした「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ハリウッド映画に慣れちゃうと、イギリスものってハズレるパターンが多いけど。 週刊誌のレビュー読んで、これは見てみようかなっ・・って。 あまり上映館多くないし、近くでやっ...
【 キンキーブーツ 】 (肉球シネマブログ)
■2007/2/23日DVD発売  ■イギリス制作 ■107分 ■監督 ・ジュリアン・ジャロルド ■出演 ・ジョエル・エドガートン(チャーリー) ・サラ・ジェーン・ポッツ(ローレン) ・キウェテル・イジョフォー(ローラ) ・
キンキーブーツ(アメリカ・イギリス) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告を観て、ワクワクしたので観てきました! 「キンキーブーツ」( → 公式HP  ) 出演:ジョエル・エドガートン?、?キウェテル・イジョフォー?、?サラ=ジェーン・ボッツ?、?ユアン・フーパー 上映時間:107分 優柔不断でみるからに頼りな...
GTF TCS2006 試写会鑑賞 イイノホールにて~ジュリアン・ジャロルド 「 キンキーブーツ 」 (** Paradise Garage **)
お早うございます。 曇り空の金曜日です。 今日は、昨日 一足先に GTF トーキョーシネマショー2006の一環として、イイノホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ジュリアン・ジャロルド氏の新作映画について。 『 キンキーブーツ ( KINKY BOOTS ...
傑作!『キンキーブーツ』 (水曜日のシネマ日記)
倒産寸前の靴工場を相続した青年と、それを取り巻く人たちの、再生を賭けた実話ベースの物語です。
Kinky Boots (miholog)
キンキーブーツ(Kinky Boots)・・・78点 好きなイギリス映画。評判が良いのでかなり期待して見に行ったが、「フル・モンティ」や「カレンダー・ガールズ」と同じ系統で、新鮮味にはちょっと欠けた。実話ベースとのことだが、一から十までそうというわけではないだろう...
キンキーブーツ (ビター☆チョコ)
イギリス、ノーサンプトン。一生物のしっかりした紳士靴を作り続けるプライス社。跡取り息子のチャーリー(ジョエル・エドガートン)は婚約者とロンドンで暮らしていたが、父の急死で会社を継ぐことになってしまう。継いでみてびっくり。会社は倒産寸前で再建の見通しも立...
「キンキーブーツ」 (the borderland )
派手なことはないけれども、実話を元に靴工場を巡る人間模様をしっかりと描く、ハートフルな物語です。この作品には、悪人は出てこない。今の生活が楽だから、無理して変えたくないという気持ちが強いだけ。主人公チャーリー(ジョエル・エドガートン)自身はもちろん、靴...
V フォー ヴェンデッタ (おじいさん.OR DIE TRYING.)
DVDで観たよ~。 しゃべりまくりの作品で、日本語字幕もないから、内容をしっかり把握するために三回も観た。 世界設定が凄く大事だと思ったので、原作のコミックのことも調べた。 映画というものは必ず賛否両論分かれるけど、これは特にそういうタイプの映画だった...
98.キンキーブーツ (レザボアCATs)
心温まる、ドラッグクイーン映画! イギリスはノーサンプトンの靴ブランドの会社、“Brooks”の実話を基にしたストーリーで、この映画の主人公はスティーブ・ベイトマンという実在の人物。BBC放送でドキュメンタリーとして取り上げられ、映画化になる運びだったというこ...
『キンキーブーツ』 (ら・ら・ら)
 制作年:2005年  制作国:イギリス  上映メディア:劇場公開  上映時間:107分  原作:  配給:ブエナビスタ  監督:ジュリアン・ジャロルド  主演:ジョエル・エドガートン     キウェテル・イジョフォー     サラ=ジェーン・ポッツ 英...
キンキーブーツ (Akira's VOICE)
チャーリーの靴工場
『キンキーブーツ』 (ら・ら・ら)
 制作年:2005年  制作国:イギリス  上映メディア:劇場公開  上映時間:107分  原作:  配給:ブエナビスタ  監督:ジュリアン・ジャロルド  主演:ジョエル・エドガートン     キウェテル・イジョフォー     サラ=ジェーン・ポッツ 英...
キンキブーツ (★しゃべりば ★)
第64回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(コメディ/ミュージカル部門)ノミネート  キウェテル・イジョフォー  「見ることできないのかな・・」と思っていたこの作品。レンタルショップ゜で発見しちゃいました~!!やった~。楽しかったよ!!たった1巻だけ...
DVD 【キンキーブーツ】 (ミチの雑記帳)
DVDにて「キンキーブーツ」 鉄鋼労働者がダンサーになる『フル・モンティ』を生み出したイギリスからまたまた実話に基づくハートフルな映画が登場。 父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。ドラッグク...
『キンキーブーツ』 (Sweet* Days**)
キンキーブーツ 監督:ジュリアン・ジャロルド CAST:ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー  他 STORY:父親の急死で倒産寸前の紳士靴工場を相続したチャーリー(ジョエル・エドガートン)は、会社を建て直そうと悩んでいた。そんな時、ドラッグク...
「キンキー・ブーツ」★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
    '05年製作、主演ジョエル・エドガートン 共演キウェテル・イジョフォー、サラ=ジェーン・ボッツ、ユアン・フーパー他による実話に基づいたコメディ。 都会暮らしにあこがれる婚約者との結婚を控えたチャーリー(ジョエル)。しかし、父親が急死したことで...
キンキーブーツ (to Heart)
偏見を捨ててちょうだい! 原題 KINKY BOOTS 製作年度 2005年 アメリカ/イギリス 監督 ジュリアン・ジャロルド 音楽 エイドリアン・ジョンストン 出演 ジョエル・エドガートン/キウェテル・イジョフォー/サラ=ジェーン・ポッツ/ジェミマ・ルーパー 父親の突然の...
『キンキーブーツ』 (はなことば)
2005年の作品。 老舗の紳士靴工場の跡取り息子のチャーリーは父の突然の死によって経営の苦しい工場を受け継ぐことになる。職人技でつくられた立派な靴だが在庫がだぶつきどうしようもない。そんな時、偶然1人の「美女」と出会い…
キンキーブーツ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ド...
キンキーブーツ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『幸せへと導くブーツ、お作りします。』  コチラの「キンキーブーツ」は、8/26公開の紳士淑女の国イギリスのハートフル・コメディなんですが、やっと観て来ちゃいました。かなり気になってた映画なんですが、やっぱりそんなに派手さや盛り上がりには欠けるもののス...