小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮廷画家ゴヤは見た

2010-08-27 | カ行の映画

Goya's Ghosts(2006/スペイン・アメリカ)【DVD】
監督:ミロス・フォアマン
出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド/ランディ・クエイド/ホセ・ルイス・ゴメス/ミシェル・ロンズデール

それは、立ち入り禁止の、愛

ゴヤというと、スペインを代表する画家。「裸のマハ」が有名ですが、おぞましい絵を描く画家という印象があるんだけど宮廷画家だったとは知らなかった。
18世紀末、ゴヤの目からみた当時の社会、異端審問によって狂わされていく男女の人間ドラマ。
視点がさだまらなくて戸惑いながらも、見応えあり。
見終わったあと「アマデウス」の監督さんだと知って納得!


ゴヤのモデルになった美しい少女と神父。
少女は異教徒だといわれ異端審問所で拷問をうけ牢獄にいれられる。拷問で無理矢理認めさせるなんて卑劣。
宗教って救われることもあるけど、縛られるのも恐ろしい。


審問官でもある神父が節操がない人で、少女を追い込みながらも失脚させられ逃亡。
ナポレオン軍の手先になり教会を否定したと思ったら、数年後牢獄から出た少女と再会。
少女も神父も波瀾万丈人生ですねえ。
スペインはその後、ナポレオンがひきいるフランス、イギリス軍の侵攻で地獄をみることになる。
ゴヤの気味悪い絵にはその当時そのままが描かれていたんですね。
邦題どおりなんだけど、もう少しアートチックな題名のほうがよかったな。


神父役のハビエル・バルデムがあいかわらず濃くて、何考えてるかわかんないところある。
それにもまして少女役のナタリー・ポートマンの熱演にびっくりというか、ショック。。
美貌があんなふうになるとは・・役者魂をみた。
ゴヤ役のステラン・スカルスガルドもいいんだけど、ハビエルとナタリーに完全に食われてたかな...

人間は思想、権力、戦争に翻弄されてしまう生き物。
醜さも伝わってきて、後味も悪いですが完成度は高いです。


★★★★(5段階☆は0.5)

公式サイト

ブログ王ランキング


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (26)   Trackbacks (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乙女の祈り | TOP | 瞳の奥の秘密 »
最近の画像もっと見る

26 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
にゃはは (miyu)
2010-08-27 17:40:30
確かに、邦題、間違っちゃいないんだけどもぉ、
って感じですよねぇ。
絶対、家政婦意識してそうだしw
でも、本当映画は見応えありましたよね~!
こうゆうの好きです。
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-08-27 19:13:55
時代背景、特にスペインでの異端尋問のことを知らないと良くわからないな、と思いました。

ナタリー・ポートマンはすごかったですが、どうもハビエル・バルデムはあまり性に合わないというか、気持ち悪いです。
いろいろと、、 (kira)
2010-08-27 21:24:38
印象的な作品でしたね~。

私もこれで、ますますハビ様がダメに~~
ナタリーは本当に上手くて、感情移入しちゃった
この時代のヨーロッパの宗教絡みの作品って、どうしても
暗くて重くて、、と思いながらもつい観てしまいますね。
>にゃはは (アイマック)
2010-08-27 23:15:06
miyuさん、こんばんは!
そうなの、どうみても家政婦意識してるよね~
サスペンス劇場じゃないんだからw
しかしながら、映画は見応えありました!
>TBありがとうございます。 (アイマック)
2010-08-27 23:18:09
KGRさん、こんばんは!
私もゴヤの生きた時代、スペインでの異端尋問のことはまったく知らなかったですよ。勉強になりました。
ハビエル・バルデムはノーカントリーのイメージが強烈で、どうしても悪人にみえてしまいます^^;
>いろいろと、、 (アイマック)
2010-08-27 23:21:07
kiraさん、こんばんは!
ハビエル・バルデム、好感度低いなあ。笑
ナタリーはほんとに凄かった。
異端審問とか宗教がらみは話が濃いね。
ついひきこまれてみてしまいます。
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2010-08-28 00:49:06
>後味も悪いですが完成度は高いです。

同感です^^何度でも観たいとは思えないですが(^^;、見応えがあって観て良かったとは
思った作品でした。

タイトルからするとゴヤが主役のようですが
主役はナタリーとハビエルでしたね。
2人の演技は凄かったです(+_+)
ステラン・スカルスガルドも良かったのですが
2人に喰われちゃったかもしれませんね(^^;

アマデウスは何回も観ていますが、また観たく
なりましたよね(^_-)-☆
アイマックさん★ (mig)
2010-08-28 07:41:01
おはようございます☆
今日も暑いですね!

あ、そうだそうだこれ
「アマデウス」のミロス・フォアマン監督作でした☆

キャストがまた良かった!
見応えありましたね~

わたしも劇場で見たの1本まだupしてなくて、、、、忘れそう
お見事な一本でした (sakurai)
2010-08-28 08:32:38
もうこういうどっろどろの近代ヨーロッパ!!大好き。
革命のあたりの節操のなさというか、スペインという国のあり方とか、人間の根っこの部分の良心を問うてるというか、こういう映画見たかった!!という気持ちを十二分に満足させてもらいました。
あたし、ナタリーさん、どうも苦手なんですよ。
なんか癇に障るんですが、このナタリーさんはよかったです。
ハビエルさんは・・・やっぱ苦手。
でも、ああいうラテンの男は、あっちの方にはもてるですよね・・・。ペネロペちゃんもゲットしたし。濃そう。
記憶に残る映画デスネ (小米花)
2010-08-28 10:56:30
俳優もストーリーもシーンも全て
記憶に残る映画だと思います。
一度見たら忘れられない、再見は多分しない、、、という1本でした。

アイマックさんの記事でまた記憶が鮮明になりました。
お友達ブログってありがたいです。
アリガトウ~♪
こっちにも (ちゃぴちゃぴ)
2010-08-28 21:14:22
確かに、後味の悪い映画でした。
ナタリーの役者魂には、敬礼(笑)
ハビエルさんは、こういう役似合ってますねぇ。
邦題のほうは、言い得て妙ではあるんだけど、まんま市原悦子さんですよぉ。私、頭を抱えました。う~ん。
完成度の高い映画なのになぁ…。1回観たら、あんまり観たくはないけどね。
Unknown (えふ)
2010-08-29 11:02:33
宗教って、縛られると恐いですね~。
あの美しいナタリーがあそこまで演じたのには
ほんと驚きましたね。
さすが女優ですよね。
こんにちは~♪ (由香)
2010-08-29 18:52:45
お邪魔します♪

8月が終わっちゃうね~
今、子どもの宿題を終わらせるべく監視中です(笑)

この映画では、ハビエルとナタリーの演技がとにかく印象に残ったわ。
ナタリーのあの風貌は凄かったよね~言葉を失ったもの!ビックリして。
ハビエルもなぁ~何考えているか分からないところが逆に印象に残っちゃう―という凄いキャラだったなぁ~
>こんばんは♪ (アイマック)
2010-08-29 20:53:17
ひろちゃんさん、こんばんは!
少し前の感想なんで、内容だいぶ忘れてますよ^^;

ナタリーとハビエルが主役って感じですが、ナタリーにはびっくりしちゃった。
アマデウス、またみたくなりましたっ!
migさん、こんばんは♪ (アイマック)
2010-08-29 20:55:58
今日も暑かったですよ~汗、汗
「アマデウス」の監督さんだと知って納得しちゃいました。
キャストもよかったです。
私も映画の感想、おいつかないというか見ても記事書いてないのが多いですよ。
すぐ書かないと忘れちゃうね、、
>お見事な一本でした (アイマック)
2010-08-29 20:59:31
sakuraiさん、こんばんは!
どろどろな内容でしたねー。
歴史の勉強してるみたいでした。
ナタリーは好きな女優さんなので、あのメイクはショックでしたよ。
あそこまでやるとはすごいね。
ハビエルは濃すぎて苦手ですね、、ペネロペとはお似合いかな。
>記憶に残る映画デスネ (アイマック)
2010-08-29 21:02:38
小米花さん、こんばんは!
ドロドロな題材でしたが、見ごたえはありましたねー。
そうそう再見はたぶんしないかも。笑

だいぶ前にみたんで、ほとんど忘れてるんですよー。
みなさんの記憶にしっかり残ってるということは
印象的な映画だったんですね。
>こっちにも (アイマック)
2010-08-29 21:07:05
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは!
ナタリーはほんとにすごかった。美貌があんなことになっちゃうんなんて、、
ナタリーの新作、サスペリア風な感じで楽しみだね。
完成度高くて、中世のお話なのに邦題は変に現代的で安っぽいよね^^;
えふさん、こんばんは! (アイマック)
2010-08-29 21:09:28
宗教は信じてるうちはいいけど、縛られると地獄かも。
ナタリーの役者根性はすごかったね。
>こんにちは~♪ (アイマック)
2010-08-29 21:12:26
由香さん、こんばんは!
もう夏休みも終わりだねー。宿題追い込みって感じかな。笑
ナタリーのメイクはびっくり!!ショックでしたよ~
ハビエルはつかみどころがない役柄で、うまくはまってましたねー。
こちらにも~ (なな)
2010-08-30 20:06:12
アマデウスの監督さんだから
見ごたえある作品でしたね。
アマデウスもそうだけど
歴史上の偉人の裏話(それも暗いもの)を
テーマにするのが好きな監督さんなのかしら?

ナタリーのあの変貌ぶりは凄かったですね。
メイクだけであんなに~?口元もゆがんでいましたね。
ほんと役者魂ですわ。
何が言いたかったのかイマイチ確信が持てない作品ですが
やはり惹きつけられるものがあるのか
何度も再見しています。
>こちらにも~ (アイマック)
2010-08-31 15:04:21
ななさん、こんにちは!
アマデウスの監督さんということで見応えありましたー。
歴史上の裏話が好きな人なのかな。でもこういうダークな話はおもしろいよね。
ナタリーの変貌ぶりはびっくりですよ。美しいお顔があんなことに、、
つかみどころのない話だったけど、ひきつけられますね。
ダークだけど惹かれる (マリー)
2010-09-01 20:36:07
こんばんは~~♪

ナタリー、凄かったですよね。
結構前に観たけど、ナタリーの変貌ぶりと、お話の理不尽さとハビさま、やっぱり苦手~(笑)な印象が強いです。。。

この邦題、当時からみんな言ってたよね。
絶不評みたいで~~~(苦笑)
>ダークだけど惹かれる (アイマック)
2010-09-02 00:06:26
マリーさん、こんばんは!
ナタリーの変貌ぶりはショックでしたよ・・役者魂だな。
ハビエルが何考えてるのかわかんなかったですよ。
今見ると暑苦しくなる方かも。。

見応えはあったけど、この邦題はいただけないよね・・・
劇中の歌って有名? (ナタリー)
2012-05-25 01:49:19
ラストで少年がヘイヘイアレモ(もしくはレイレイダレモ)って歌ってる曲って民謡などでしょうか? この映画は、ポートマンの魅力が生かせてるけど彼女がみすぼらしい感じの女性にはみえませんよね?
ナタリーさん、あけましておめでとうございます。 (アイマック)
2013-01-02 16:32:29
ほんとに一年ぶりのコメント返しで申し訳ないです。。
ブログにお越し下さってありがとうございます。
映画自体、忘れてしまって歌も覚えてなくて。。。すいません。。
ナタリーの変貌ぶりにびっくりの映画でした。
みすぼらしくても、上品さは隠せてないですね^^;

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

40 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
宮廷画家ゴヤは見た (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、立ち入り禁止の、愛。』  コチラの「宮廷画家ゴヤは見た」は、10/4公開となった「カッコーの巣の上で」、「アマデウス」、「マン・オン・ザ・ムーン」の名匠ミロス・フォアマン監督が、”スペインの天才画家ゴヤの目を通して、愛の真実に迫る問題作”なので...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (ハピネス道)
 「カッコーの巣の上で」「アマデウス」のフォアマン監督の新作。予告編を観た印象は、芸術性と深い愛の本質に迫る…といったものでしたが実際は違っていました。18世紀末から19世紀初頭にかけての動乱のスペインで王制といった権力構造や宗教が支配する価値観ま...
静かなゴヤ (Akira's VOICE)
「宮廷画家ゴヤは見た」 「クワイエットルームにようこそ」
【宮廷画家ゴヤは見た】 (日々のつぶやき)
監督:ミロス・フォアマン 出演:バビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 「宮廷画家のゴヤは肖像画の依頼を何枚か受けていた。裕福な商家の美しい娘イネスと異教徒狩に積極的な神父ロレンソ、この二人が数奇な運命で出会うことになる
試写会「宮廷画家ゴヤは見た」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/9/26、有楽町、よみうりホールでの開催。 ここではいつも1階前列中央に陣取るのだが、 1階中央が満席だったため、珍しく2階席を選んだ。 スクリーンが小さくなってしまうデメリットはあるが、 傾斜のため、前席は全く気にならなかった。 さて、こういう歴史物の...
宮廷画家ゴヤは見た (花ごよみ)
ゴヤの見たものっていったい? 興味津々で映画館へと足を運びました。 ゴヤの生きた時代、 スペインという国は、とても複雑で、 特殊な様相の歴史を呈しています。 ゴヤは王室の画家としての視線で、 波乱に富んだ時代を見届けます。 カトリックの権威を 高めるための...
宮廷画家ゴヤは見た (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:GOYA'S GHOSTS、ミロス・フォアマン監督、ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール。尋問と告白が政治力学でころころと立場も内容も変わってしまう。原題・GOYA'S GHOSTSは、...
ゴヤの亡霊たち~『宮廷画家ゴヤは見た』 (真紅のthinkingdays)
 GOYA'S GHOSTS  1792年、スペイン。カソリック教会では、ロレンソ神父(ハビエル・バルデム) の提案で異端尋問が強化され、商人の娘イネ...
宮廷画家ゴヤは見た (いやいやえん)
宮廷画家ゴヤ彼の絵のモデルになった娘と神父が、それぞれヨーロッパの激動の歴史のなかで翻弄されていく様を描いた物語。 当時の協会は異端審問で無実のものも投獄していた。 宮廷画家として活躍中のゴヤは、一方で教会からはあまりよく思われない風刺画なんかも描い...
「宮廷画家ゴヤは見た」(GOYA'S GHOSTS) (シネマ・ワンダーランド)
米国の反体制活動を作品に象徴させた「カッコーの巣の上で」(1975年)や、反戦ミュージカル「ヘアー」(79年)、モーツアルトの半生を描いた「アマデウス」(84年)などの作品で知られる旧チェコスロバキア出身のオスカー受賞米映画監督、ミロス・フォアマン(7...
mini review 09382「宮廷画家ゴヤは見た」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
アカデミー賞監督賞などを受賞したミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤの目を通して人間の真実、愛の本質を見つめた感動作。ゴヤが描いた2枚の肖像画のモデルたちがたどる数奇な運命を、18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン史を背景に描く。『ノーカン...
『宮廷画家ゴヤは見た』('08初鑑賞130・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 10月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:25の回を鑑賞。
宮廷画家ゴヤは見た (to Heart)
それは、立ち入り禁止の、愛。 原題 GOYA'S GHOSTS 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/スペイン 上映時間 114分 脚本 ミロス・フォアマン/ジャン=クロード・カリエール ...
宮廷画家ゴヤは見た (心のままに映画の風景)
18世紀末スペイン。 フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任命され...
宮廷画家ゴヤは見た▼△ (銅版画制作の日々)
 天才画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、少女と神父の数奇な運命とは? 10月18日、新京極シネラリーベにて鑑賞。「ノーカントリー」で、アカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムがロレンソ神父という役で登場。この役もなかなか彼のキャラに合っている。そし...
★宮廷画家ゴヤは見た(2006)★ (CinemaCollection)
GOYA'SGHOSTSそれは、立ち入り禁止の、愛。映時間114分製作国アメリカ/スペイン公開情報劇場公開(ゴー・シネマ)初公開年月2008/10/04ジャンルドラマ/歴史劇【解説】「アマデウス」「カッコ...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/アメリカ  監督/ミロス・フォアマン  出演/ハビエル・バルデム      ナタリー・ポートマン      ステラン・スカルスガルド  「アマデウス」でアカデミー賞を受賞したミロス・フォアマン監督最新作。  18世紀末のスペイン。宮廷画家ゴ...
宮廷画家ゴヤは見た (映画三昧、活字中毒)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞宮廷画家ゴヤは見た/GOYA'S GHOSTS 2006年/アメリカ、スペイン/114分 監督: ミロス・フォアマン 出演: ハビエ...
宮廷画家ゴヤは見た (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
宮廷画家ゴヤは見た [DVD] ¥3,797 Amazon.co.jp 18世紀末のスペイン。画家としての名声を得ており、宮廷画家に任命されてもいたゴヤは、一方で、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作していました。彼が、手がけた2枚の肖像画のモデル。裕福な...
宮廷画家ゴヤは見た/GOYA'S GHOSTS (我想一個人映画美的女人blog)
ゴヤが、いったい何を観たのか?? 『カッコーの巣の上で』『アマデウス』{/fuki_suki/}と2度のアカデミー賞作品賞受賞暦を持つ ミロス・フォアマン監督作。 脚本 ミロス・フォアマン、ジャン=クロード・カリエール 原題は「GOYA's GHOSTS」 『宮廷画家ゴヤは見た』...
宮廷画家ゴヤは見た (迷宮映画館)
あっという間の2時間。見ごたえ十分。
「宮廷画家ゴヤは見た」 Goya's Ghosts (俺の明日はどっちだ)
時は18世紀末、歴史が激しく動いたスペインを舞台に人間のさまざまな生き様をミロス・フォアマン監督が描いた歴史ドラマ。 題名だけ見てみると、当時国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤゴヤの伝記映画的なものを期待してしまいがちでもあるけ...
宮廷画家ゴヤは見た (こんな映画見ました~)
『 宮廷画家ゴヤは見た 』 ---GOYA'S GHOSTS--- 2006年(アメリカ/スペイン) 監督:ミロス・フォアマン 出演: ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 時は18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシス...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (或る日の出来事)
ひさびさに、しっかりと見応えのある歴史ドラマを観たという感触。 なんだか実にミロス・フォアマン監督らしい、どっしり感。この監督には名...
宮廷画家ゴヤは見た (晴れたらいいね~)
ゴヤの名前は知らなくても、彼の絵はたぶんほとんどの人が目にしたことがあると思う。「着衣のマハ」や「裸のマハ」とかさー。そのゴヤの視点で、彼が書いた二枚の肖像画の人物の複雑な絡み合いとスペインの動乱の時代を描いた作品。中心人物の3人は、上手いですね~。宮...
宮廷画家ゴヤは見た (そーれりぽーと)
ゴヤが市原悦子のようにこっそり覗き見しているイメージで、『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 ★★★★ 王から直々に依頼を受ける宮廷画家であり、教会に天井画を書くことがあるかと思えば、庶民には世俗を強烈に風刺した毒々しい版画を売るゴヤ。 激動の時代の...
宮廷画家ゴヤは見た (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2006年/2006年アメリカ・スペイン合作 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム    ナタリー・ポートマン    ステラン・スカルスガルド     家政婦は見た![:たらーっ:]
宮廷画家ゴヤは見た (★YUKAの気ままな有閑日記★)
私の住む地域では上映予定がなかったはずなのに・・・急に上映が決まったみたいということで、チラシも予告も見ず、何の前知識もなく観に行ってみた【story】18世紀末スペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任...
『宮廷画家ゴヤは見た』 (Cinema + Sweets = ∞)
金券ショップで以前に購入した東急レクリエーションの株主優待券が今月末で期限が切れるので、最後の1枚を使いに新宿ミラノに『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 6枚綴りで3000円の優待券だったので、1枚500円。いい買い物でしたw。 ******************** 『...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Goya's Ghosts」2006 USA/スペイン 18世紀末~19世紀にかけ激動のスペインを舞台に、宮廷画家フランシスコ・デ・ゴヤの目を通して描かれた人間ドラマ。 ロレンソ神父に「「コレラの時代の愛/2007」「ノーカントリー/2007」のハビエル・バルデム。 裕福な商人...
★「宮廷画家ゴヤは見た」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。
宮廷画家ゴヤは見た (映画鑑賞★日記・・・)
【GOYA'S GHOSTS】2008/10/04公開(10/04鑑賞)製作国:アメリカ/スペイン監督:ミロス・フォアマン出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・リベラそれ...
宮廷画家ゴヤは見た (シネマ日記)
これも見に行くかどうかボーダーの作品だったんですが、予告を見てやっぱり見に行くことにしました。最近ボーダーの作品が多いな。物語はゴヤに絵を依頼した2人の男女の数奇な運命をフランス革命からナポレオンの台頭の影響を受けたスペインを舞台にゴヤの視点で描く。と...
宮廷画家ゴヤは見た (虎猫の気まぐれシネマ日記)
絵筆が暴く,愛の裏側ー2枚の肖像画に描かれた少女と神父の数奇な運命とは?アマデウスのミロス・フォアマン監督の,文芸歴史サスペンス。今回の舞台は,18世紀の激動のスペイン。ハビエル・バルデムがてっきりゴヤの役かと勘違いしていたら,彼は神父ロレンソの役だっ...
宮廷画家ゴヤは見た (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
スペインの天才画家ゴヤの視点で描く、激動の時代に生きた人々の数奇な運命。絵筆が暴く、愛の裏側__2枚の肖像画に描かれた少女と神父の数奇な運命とは?・・・物語:18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作し...
【映画】宮廷画家ゴヤは見た…ナタリーは微妙。スペインは怖い。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今朝{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}は朝一番から投票に行ってまいりました。 投票開始時間に行ったのは初めてで、投票箱チェックも初めて見ましたよ(残念ながらチェックしたのは私じゃなかったんですけどね{/face_acha/}) で、その後「仮面ライダーディケイド」の最終...
『宮廷画家ゴヤは見た』@新宿ミラノ座 (映画な日々。読書な日々。)
18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作し続けるゴヤ。彼が手がけた2枚の肖像画の人物―裕福な商人の娘で天使のように美しいイネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソ―が運命的に出会う。異教徒...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (みんなシネマいいのに!)
 なんだ、この「家政婦は見た」みたいな邦題は~?…と思ったが映画を観てみると納得
「宮廷画家ゴヤは見た」 (みんなシネマいいのに!)
 なんだ、この「家政婦は見た」みたいな邦題は~?…と思ったが映画を観てみると納得
映画『宮廷画家ゴヤは見た』を観て (KINTYRE’SDIARY)
83.宮廷画家ゴヤは見た■原題:Goya'sGhosts■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月4日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名...