小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラブリーボーン

2010-07-07 | ラ行の映画

The Lovely Bones(2009/アメリカ=イギリス=ニュージーランド)【Blu-ray】
監督:ピーター・ジャクソン
出演:マーク・ウォールバーグ/レイチェル・ワイズ/スーザン・サランドン/スタンリー・トゥッチ/マイケル・インペリオリ/シアーシャ・ローナン

私は、スージー・サーモン
あの日、私は14歳で殺された―
これは、私が天国に行ってからのお話。


アリス・シーボルトのベストセラー小説「ラブリー・ボーン」を、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督が映画化したファンタジードラマ。

評価が分かれると思うんだけど、共感してもらう映画ではなくて、こういうアプローチもあるんだよという斬新な作品に思えた。
残酷なのに寛大で、ゴーストものとしては画期的ではないだろうか。
思った以上に深い物語。


幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン。
ある冬の日、近所の男に殺されてしまう。天国と地上の狭間をさまようスージー。
映画「ゴースト NYの幻」を思い浮かべてしまうんだけど、こちらは甘くない。
のうのうと暮らす犯人、壊れていく家族、それをただ見守ることしかできない自分。
若くして殺された少女の未練・・・かわいそうなスージーと何度も思ってしまう。



サスペンスタッチで、スージーが犯人の罠にはめられるシーンは観てる方も苦しくなる。
父親に自分の想いを伝えたい。必死に念をおくるスージーが健気。
だけど憎しみから何も得られないことをスージーは悟る。
金庫のシーンはなんとかしてあげて・・って思ってしまったけど。。。
前にすすむことにしたスージー。同じ境遇の仲間が出迎えてくれる。涙・・・・
最初から犯人を捕まえることが問題じゃなくて、死者の魂と遺されたものの救済の物語ですね。

スージー役のシアーシャ・ローナンの熱演につきる。
怯える目、助けて!と叫ぶ姿は胸がしめつけられる。
詰め込みすぎ、無駄な部分もありますが、70年代の雰囲気もよく出てるし、天国の映像はきれいでした。

★★★★(5段階☆は0.5)

公式サイト

ブログ王ランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (28)   Trackbacks (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャネル&ストラヴィンスキー | TOP | スティーブン・キング原作映画評 »
最近の画像もっと見る

28 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
とらえ方 (rose_chocolat)
2010-07-08 00:09:15
こんばんは。

>こういうアプローチもあるんだよ
私もそれを感じました。
スージーは現実とあの世の境界の世界をさまよっているような印象を受けました。
Unknown (悠雅)
2010-07-08 00:17:12
>犯人を捕まえることが問題じゃなくて、死者の魂と遺されたものの救済
まさに、それに尽きると思います。
思い残すことはゼロではないかもしれないけれど、
スージーは吹っ切れた気持ちで天国に向かうことができたのだ、と
残された人たちが信じられた時、やっと家族は揃って前を向けたのですものね。
この作品はスージーと家族のお話だけど、
テーマはとても普遍的であったと思います。
深いよね (ちゃぴちゃぴ)
2010-07-08 00:34:48
そうなんだよね、犯人をつかまえる話じゃないし、罰するというわけでもない。
どうしても、気をとられちゃう部分はあるけどね。なんで、あいつ逃げ延びてるんだよぉ!ってね。
思ったよりも、長い時間の話だったが意外でした。妹の方が大きくなってたり。それでも、レイの気持ちが残っているのは嬉しかった。
原作読むぅと言ってから、まだ手つかず。(^^ゞ
底辺が温かいものなので、うるっとしながらもやさしい気持ちになれたなぁ。
後から、じゅわぁ~とくる映画でした。
胸がしめつけられて (ノルウェーまだ~む)
2010-07-08 01:20:23
アイマックさん、こんにちは☆
スージーの瞳を見ていると、本当に胸がキュンとなるし、怯える目には胸が締め付けられる思いでした。
本当に熱演でしたね~
有望若手 (にゃむばなな)
2010-07-08 07:43:32
シアーシャちゃんは将来有望株の若手女優ですよね。
既にアカデミーにノミネートされた経験を持つとはいえ、子役が大成しないハリウッドにおいてどこまで頑張ってくれるのか、楽しみです。
おはようございます^^ (みすず)
2010-07-08 07:46:31
この映画は初めて当たった試写会で観たんですよ^^
犯人におびき出されるシーンは怖かった
あんなにされたら子供だったら誰でも行きそうで・・・
映像がとても綺麗な映画でしたね~♪
スージーが可哀想でした。
 (mig)
2010-07-08 10:56:40
アイマックさんおはよ☆

これ賛否あったんですよねぇ。
わたしも好き派なので同じで良かった♪

最近自分のレビューが長くなりすぎてるので昔に戻そうと頑張ってます(笑)

というかPCイカレてきちゃったので修理だします(泣
TB&コメントありがとうございました♪ (テクテク)
2010-07-08 21:18:02
こんばんは
私はこの映画、イマイチだったんですよ…

どちらかと言えば
私はスージーの父親の目線で
終始この映画を観ていたような気がします

だからこそ、ちょっと理解し難い部分があって
そこを否定的に捉えてしまったのかもしれませんね

アイマックさんがおっしゃる通り
この映画は14歳の少女スージーの目線で観れば
凄く理解できる作品だったように思います
美しいシーン (マリー)
2010-07-08 21:41:22
こんばんは~~。

シアーシャちゃんの演技が素晴らしくて、ホント切なかったです。
凄くリアルな所と、天国とこの世の境目という幻想的な所とどちらもあって~映像的にも美しいシーンも多かった。

実際、こういう事件に巻き込まれてる子もいるでしょうし~迷宮入り事件の被害者家族の心情なども分かって、深い作品でした。
>とらえ方 (アイマック)
2010-07-08 22:48:06
rose_chocolatさん、こんばんは!
今までにないゴースト映画でした。
身を任すという東洋的なお話でもありますね。
境目をさまよってるスージーが哀れで、天国にいけてよかったなと思いました。

悠雅さん、こんばんは! (アイマック)
2010-07-08 22:54:51
スージーは天国に無事いけましたよね。
憎しみをもって生きることって悲しいですよ。
それを断ち切り、前を向いて歩き出す家族の姿。
過酷だけど、いいお話でした。
>深いよね (アイマック)
2010-07-08 23:00:53
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは!
罰することができたら楽なことはないよね。
世の中には悪いことしてのうのうと生きてる奴がいっぱいいる。

>思ったよりも、長い時間の話だったが意外でした。

そう妹が妊娠してるとは・・時間が経過してたんだよね。
原作読みたくなりました。
終盤は泣けてきちゃいましたよ。優しい気持ちになれますね。
>胸がしめつけられて (アイマック)
2010-07-08 23:02:57
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは!
スージーの瞳にはキュンとなりますよ。
目がすべてを訴えてました。シアーシャちゃんの演技はよかったです!
>有望若手 (アイマック)
2010-07-08 23:05:00
にゃむばななさん、こんばんは!

シアーシャちゃんはほんとに上手かった。
彼女の表情が作品をひきたててました。
将来が楽しみな女優さんですね!
>おはようございます^^ (アイマック)
2010-07-08 23:07:40
みすずさん、こんばんは!
あの穴のシーンはドキドキしながらみちゃいましたよ。。
バスタブも恐い。
映像はきれいで劇場でみたかったですよ。
かわいそうなスージーだけど、無事天国にいけたと思ってます。
>♪ (アイマック)
2010-07-08 23:12:37
migさん、こんばんは!
結構酷評されてるね。笑
天国の映像、スージーの気持ちに感情移入してしまって涙しましたよ。

>最近自分のレビューが長くなりすぎてるので昔に戻そうと頑張ってます(笑)

自分の場合は、長い記事が書けなくなってます、、
migさんの文章力、すごいなあと思いますよ。
うちのmacももう寿命かも・・時間の問題かも^^;

>TB&コメントありがとうございました♪ (アイマック)
2010-07-08 23:15:56
テクテクさん、こんばんは!
この映画、賛否両論のもわかりますよ。
捉え方や視点でちがってきますよね。
残酷な物語でもあるんで、好みがはっきり分かれそう。
自分はスージー目線になってしまって、胸がいっぱいになりましたよ。
彼女たちにもね。。
お邪魔しま~す♪ (ひろちゃん)
2010-07-08 23:21:30
アイマックさん、こんばんは♪
>ゴーストものとしては画期的、深い物語に

納得です^^単なるサスペンス映画ではなかったです(^_^;)

嫌いではなかったですが、好きとも言えない
作品かなあσ(^◇^;)

とは言え、映像は美しかったですし、シアーシャちゃんも良かったですし、いい作品だったとは思っています(^_-)-☆
>美しいシーン (アイマック)
2010-07-08 23:24:55
マリーさん、こんばんは!
シアーシャちゃんの演技、うまかったですね。
ビジュアルがきれいで劇場でみたかったわ。

>実際、こういう事件に巻き込まれてる子もいるでしょうし~迷宮入り事件の被害者家族の心情なども分かって、深い作品でした。

未解決の場合、遺された家族は苦しむわけで、映画をみていて辛くなりますね。
犯罪は思いもかけないから、ひと事とはいえないかも。
>お邪魔しま~す♪ (アイマック)
2010-07-08 23:28:18
ひろちゃんさん、こんばんは!
変化球な映画だったので、驚きました。
原作を読みたくなりましたよ。
残酷だから、好き嫌いが分かれるのは仕方ないよ。
映像は美しかった。シアーシャちゃん上手かったねー。
Unknown (shit_head)
2010-07-10 09:36:43
この映画はスゲかった。

そうなんだよね。
殺された少女視点じゃないと、間違いなく物語に入り込めない作りになっていて、その死者の視点から現実を見つめさせることで、僕らは「死」を知ることができるとゆーね。

僕は物凄く共感できました。

死者の無力さ。
少女は、家族と犯人の人生を見守るんだよね。
何もできずに。

「生と死」をここまでストレートに、かつ誠実に見つめた作品は無いと思うなぁ。

ファンタジー映画としてもスリラー映画としても人間ドラマとしても素晴らしい出来。
shitさん、こんばんは! (アイマック)
2010-07-11 00:21:11
賛否両論ある映画ですが、shitさんもよかったんですね!
うれしいな。

>その死者の視点から現実を見つめさせることで、僕らは「死」を知ることができるとゆーね。

そうそう死者の視点というのが重要で、今までにない映画ですよね。
スージーに感情移入してしまって、苦しかったですよ。
実際、死者は何もできないわけだし・・・
誠実な映画ですよね。
作者のいいたいことがストレートに伝わってきましたよ。
Unknown (りら)
2010-07-11 18:32:33
こんばんは♪
この映画って復讐ではなくて、残された家族も含めて突然降りかかった悲劇からいかに立ち直り安らぎを得ていくか……ということを伝えてると思いました~。悲劇の中でも優しさと強さを失わなかったスージーの姿に感動せずにはいられなかったです。
りらさん、こんばんは! (アイマック)
2010-07-11 22:12:45
残酷な内容かもしれないけど、希望をもって前に進んでいく家族と、スージーが安らかに召される話ですね。
いじらしいスージーには涙が出ました。この思いを家族がわかってくれたことは幸せなことだと思いましたよ。
Gイブニング! (メルセデス)
2010-07-16 20:34:16
アイマックさん こんばんはー!
あ~小部屋に来るの久しぶりです!
さすがアイマックさん。
記事読んでて、うんうんと思いした。

不思議なストーリーでした。

ほんとだね。憎しみから何も得られないね・・。
14歳の多感なスージーの気持ちを大切にしてたように思います・・。

そういえば、妹も証拠みつけるのにがんばってくれたよね!ありがちですが、あのシーンはハラハラしました。
>Gイブニング! (アイマック)
2010-07-17 23:17:59
メルセデスさん、こんばんは!
きてくれてありがとねー。
この映画みながらマイケルを思い出して、いろいろ考えちゃいました。
流れに身をまかすのは東洋的でもあるね。
妹が証拠さがすシーンはドキドキハラハラでした。
天国のシーンは映画館でみたかったですよー!

今晩は~ (小米花)
2011-10-02 21:25:19
アイマックさんの記事を読ませて頂いて、
この映画賛否いろいろだったんだなぁ~と
感じています。

私はダメでした・・・。
でも、もう少し好意的にキチンと見てたら
何か違うものが見えてたかな~ってちょっと反省です。。。

でも、好みは致し方ないですね。。。<(_ _)>
>今晩は~ (アイマック)
2011-10-03 12:35:50
小米花さん、こんにちは!
やっぱ家族のこと考えると、スッキリしないし
評価が分かれる作品ですよね。
自分はスージーの心情がすごく伝わってきて、切なくなりました。
映像がきれいでした。
好みの問題は仕方ないねー.

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

47 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ラブリーボーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪なんと言っても注目は、「「...
『ラブリーボーン』・・・スージーがやり残したこと (SOARのパストラーレ♪)
独特の雰囲気を持つ秀作。サスペンスとしての手に汗握る緊張感もいいし、なにより鑑賞後に残る余韻があまり味わったことのない類のもので、なんとも心地よい感動を味わえた。
ラブリーボーン/シアーシャ・ローナン (カノンな日々)
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督ピーター・ジャクソンとビッグネームで煽られちゃったら期待しないわけにはいきませんよね。予告編の段階で既に物語の重要どころが明らかにされちゃってるような気がしないでもないけど、本編にはそれよりもっと凄いドラマがあ...
ラブリーボーン (LOVE Cinemas 調布)
アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家族双方の再生を描いたファンタジードラマだ。出演は『つ...
「ラブリー・ボーン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; テーマが重たいこと、アメリカでの評判があまり良くないこと、いくつかの不安要素はあったものの、ピーター・ジャクソン監督作品ということに加え、とても豪華なキャスティングで、これはやはり見逃せない…と思い劇場に足を運びました。...
映画レビュー「ラブリーボーン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ラブリーボーン [DVD]◆プチレビュー◆14歳で殺された少女の視点で描く物語は、意外な方向から生を肯定する。幻想的な映像が美しい。 【70点】 スージーは14歳のときに、近所に住む男から襲われ殺された。彼女は美しく不思議な場所へ辿り着く。ここは天国? スージー...
ラブリーボーン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:THE LOVELY BONES。ピーター・ジャクソン監督、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、ライアン・ゴズリング、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、ローズ・マクアイヴァー、マイケル・インペリオリ、リース・リ...
『ラブリーボーン』(2009)/アメリカ・イギリス... (NiceOne!!)
原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル...
ラブリーボーン (悠雅的生活)
手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。
ラブリーボーン (晴れたらいいね~)
PJ監督は、LOTRで知り、DVDのてんこ盛り特典のおかげで、作品に対するその姿勢とか諸々でファンです。ほんでもって、「つぐない」ははまって観ましたからねぇ、子役というより女優なシアーシャ・ローナンが出てますし、見逃せないですよ。相変わらずのビジュアルつくりの...
映画 「ラブリーボーン」 (ようこそMr.G)
映画 「ラブリーボーン」
ラブリーボーン、ネタバレなしのつもり (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
1970年代前半のアメリカの田舎町で、突然命を奪われた少女の目から見た残された家族と犯人の行く末を見守るファンタジー的な演出の映画だ。キリスト教の国なのでもっと厳しい結末が待っているかと思ったが、見た後に爽快な気分になれた。
ラブリーボーン (だらだら無気力ブログ)
&nbsp; 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両...
mini review 10436「ラブリーボーン」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。全世界30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・...
劇場鑑賞「ラブリーボーン」 (日々“是”精進!)
ラブリー・ボーン「ラブリーボーン」を鑑賞してきましたアリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した異色...
ラブリーボーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘...
『ラブリーボーン』 (めでぃあみっくす)
愛すべき原点に戻れ。それがスティーブン・スピルバーグが最もこの世に残したい想いではないかと思いました。14歳で命を絶たれてしまった女の子が残された家族や友人に第六感を通じて想いを届けるこの映画。原作ありきとはいえ、私は不思議とこの作品を通じてスティーブン...
ラブリーボーン (みすずりんりん放送局)
 『ラブリーボーン』を観た。
【映画】ラブリーボーン (新!やさぐれ日記)
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしま...
ラブリーボーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE LOVELY BONES) 【2009年・アメリカ/イギリス/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★☆) 全世界で1000万部を越えるアリス・シーボルドの同名小説を映像化。 14歳で殺害された少女が、天国と地上の間をさまよいながら、残された家族や友人たちを見守り続...
ラブリーボーン (Akira's VOICE)
生と死を繋ぐファンタジー。  
ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・ザ・リング」の監督、ピーター・ジャクソン最新作! 先日行われた試写にて鑑賞☆公開は今月末。 14歳の少女、スージーには「つぐない」...
ラブリーボーン [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ...
ラブリー・ボーン (Blossom)
ラブリー・ボーン THE LOVELY BONES 監督 ピーター・ジャクソン 出演 マーク・ウォールバーグ レイチェル・ワイズ     スーザン・サラ...
家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』 (水曜日のシネマ日記)
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。
[映画『ラブリーボーン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、  私は、せめてせめて、被害にあった子たちが、死後の世界で幸...
ラブリーボーン (Diarydiary! )
《ラブリーボーン》 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 -原題
★ラブリーボーン(2009)★ (CinemaCollection)
THELOVELYBONES上映時間135分製作国アメリカ/イギリス/ニュージーランド公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2010/01/29ジャンルドラマ/ファンタジー/サスペンス映倫G【解説】アリス...
映画『ラブリーボーン』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ピーター=ジャクソン。脚本、フラン=ウォルシュ、フィリッパ=ボウエン、ピー
ラブリーボーン・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピーター・ジャクソン版「大霊界 死んだらどうなる」か・・・。 「キング・コング」以来四年ぶりの新作となる「ラブリーボーン」は、14歳で...
「ラブリーボーン」 (Con Gas, Sin Hielo)
家族と亡き者たちがつなぐ新たな希望の絆。 P.ジャクソン久々の新作ということもあり期待していたのだが、正直あまり好みではなかった。 現世と天国の間の独創的な世界は、ダイナミックかつ色彩豊かで見応えがあったし、サスペンスの部分も緊張感に溢れ、特に犯人の不...
★「ラブリーボーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
「ラブリーボーン」 死により生を描く (はらやんの映画徒然草)
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と
ラブリーボーン (りらの感想日記♪)
【ラブリーボーン】 ★★★★ 映画(5)ストーリー 優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サ
『ラブリーボーン』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2009年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:135分  原題:THE LOVELY BONES  配給:角川映画  監督:ピーター・ジャクソン  主演:シアーシャ・ローナン      マーク・ウォルバーグ      レイチ...
試写会「ラブリー・ボーン」 (流れ流れて八丈島)
さていよいよ本日のメインイベント新宿の東京厚生年金会館での試写会で「ラブリー・ボーン」を観てきました“本年度アカデミー賞最有力”という呼び声が高いそうですアリス・シーボ...
「ラブリーボーン」 (みんなシネマいいのに!)
 予告編の「私はスージー・サーモン。お魚みたいな名前でしょ」のセリフが頭に残って
ラブリーボーン (試写会) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボルドの同名原作「ラブリーボーン」の映画化だ。 「ロード・オブ...
ラブリーボーン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ラブリーボーン」監督:ピーター・ジャクソン(『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『キング・コング』)製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ(『トランスフォーマ...
「ラブリーボーン」胸に迫る想い (ノルウェー暮らし・イン・London)
今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・
『ラブリーボーン』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
スージー・サーモンという魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父は犯人探しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは……。[上...
ラブリーボーン (心のままに映画の風景)
家族に囲まれ幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日トウモロコシ畑で近所の男に殺され...
【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却{/dododo/}に行って、帰宅後レンタルしてた映画{/m_0058/...
ラブリーボーン (The Lovely Bones) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力...
ラブリーボーン (Yuhiの読書日記+α)
14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。監督はピーター・ジャクソン、キャストはマーク・ウォールバーグ、シアーシャ・ローナン、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン他...
ラブリーボーン (mama)
THE LOVELY BONES 2009年:アメリカ・イギリス・ニュージーランド 原作:アリス・シーボルド 監督:ピーター・ジャクソン 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 音楽:ブライアン・ ...
ラブリーボーン (こんな映画見ました~)
『ラブリーボーン』---THE LOVELY BONES---2009年(アメリカ/イギリス/ニュージーランド )監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ 、シアーシャ・ローナン 、ローズ・マク....