小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トリスタンとイゾルデ

2007-06-03 | タ行の映画

TRISTAN & ISOLDE(2006/アメリカ)【DVD】

監督:ケヴィン・レイノルズ
出演:ジェームズ・フランコ/ソフィア・マイルズ/ルーファス・シーウェル/デヴィッド・パトリック・オハラ/マーク・ストロング/ヘンリー・カヴィル


『トリスタンとイゾルデ』 または 『トリスタン物語』 は、中世に宮廷詩人たちが広く語り伝えた恋愛物語。
マルク王の妃となった イゾルデ(Isolde) と、彼女と媚薬の魔力で結ばれた騎士トリスタン(Tristan) の悲恋を描く。(Wikipediaより
甘いお話かと思いきや、そこはリドリー・スコット総指揮。
戦乱の時代を忠実に描いて手堅い。
映像が「グラディエーター」風に感じたのは私だけかしら?
ロミオとジュリエットの原型ともいわれてるけど、もっと深くて辛いお話でした。

舞台は暗黒時代のイギリス。
騎士トリスタンは戦闘の末重傷を負い、敵国アイルランドに流れ着く。
アイルランド王の娘イゾルデから献身的な介護を受けたトリスタンは、やがて彼女と恋に落ちる。
だが政略結婚によりイゾルデは、トリスタンの育ての親であるマーク王の妻となるのです。
なんとも皮肉・・・

マーク王が嫌な奴なら話は簡単ですが、このマーク王は尊敬に値する人物なんだな。
孤児になった幼いトリスタンを息子同然に愛し、跡継ぎも考えていた。
これは裏切れないですって・・・


でも恋にはまってしまったトリスタンはイゾルデとの愛を断ち切る事ができない。
愛を選ぶか、それとも忠義か・・・・

トリスタンとイゾルデに共感するはずが、私はマーク王に同情してしまった。
とってもいい人なんですよ。
イゾルデと結婚する前は戦うことだけで、空っぽの人生をおくっていたマーク王。
だが美しいイゾルデと出会い、人生がパッと変わるのだ。
知らない国に嫁いできたイゾルデを思いやる心の広い人。

しかしふたりが愛し合ってたことを知り、マーク王は激怒する。
不倫してるんだもんね。当然の結果。
二人はどうなる???

若い魅力的な男女が恋に落ちるが、運命のいたずらとしか思えない現実。
昔の話なのに、心に迫ってくるものがある。今も昔も愛を成就させることは難しいし、時には残酷。
でも、ただの恋物語ではなくて、戦闘シーンも盛り沢山なアクション大作でした。

川の流れや海岸線など映像もきれい。
全体に地味めで物足らないかもしれないけど、よい出来です。

トリスタンとイゾルデ役のジェームズ・フランコとソフィア・マイルズが美男美女で適役。
苦悩するジェームズ・フランコ、後半は涙目状態で悩ましすぎるよ・・・
ソフィア・マイルズは現代的な感覚の女性像を演じてました。
乳母役のひとがいいね。
マーク王役のルーファス・シーウェル、最近見た「ホリディ」では嫌な奴役(笑)でしたが、今回はかっこいい男の中の男でした。

元の話にある媚薬の魔力が興味ありますね。

★★★★(5段階☆は0.5)

「トリスタンとイゾルデ」公式サイト

ブログ王ランキング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (16)   Trackbacks (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・シューター 極大射程 | TOP | アメリカン・サイコ »
最近の画像もっと見る

16 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も、これくらいマトモに書きたかったねぇ (ちゃぴちゃぴ)
2007-06-04 00:16:17
なかなかいい感じのラブストーリーでした。
私も、wikiなどで、元の話を読んだのですが
マーク王に関しては、こっちの描き方が好きです。
マーク王が、身を引いたような感じでしたね。
トリスタンも忠誠をとり逝ってしまう。

媚薬の話は、ない方が「恋ものがたり」としては切なくていい、でも、確かに興味があります(笑)
乳母の役割も、よかったです。
後半の、トリスタンには、もぉ〜
たまりませんでしたね。
私も、せっかく色々調べてるし、
物語について、もうちょっと書きたかったんですが、またオバカ記事を書いてしまいましたねぇ…。
リドリーだと、ラブはどうなったのかなぁ?
なんて、想像します。
はい、♪ジェームズく〜ん♪ですが、TBよろしくね。えへ
Unknown (アニー)
2007-06-04 14:46:35
こんにちは〜。

ロミオ&ジュリエットの元と言う事で、チョット
腰が引けてたのですが・・ロミジュリが嫌いなので
は無くて、これでもかっ!・・くらい、悲恋なんで

ジェームズ君に負けてしまって見ましたが
究極の悲恋話ではありますが、戦闘&それぞれの
人物ドラマなども、織り交ぜられて見やすかったし
集中出来ました(∩.∩)

マークも、男らしかったし優しかった。
イゾルデは、マークを選択しても、良い人生を
過ごせたと思います。ただ、激情愛には勝てず
リスク背負っても、一途に愛せる人が居て
羨ましかったもする私でヽ(´▽`)/へへっへ

映像面も、さすがにリドリー・スコット!
幻想美の素晴らしさ、充分堪能できました。

トラバさせてくださいね(∩.∩)

一言、あのトリスタンの潤んだ瞳の中でアップアップ
溺れたいぃ〜・・・1人妄想なんで言わせて!(^◇^)
>私も、これくらいマトモに書きたかったねぇ (アイマック)
2007-06-05 07:59:47
ちゃぴちゃぴさん、おはよう!
マトモって、私も感想のこと?
いやいや、ちゃぴちゃぴさんのほうがまとめて書いてありますって。
私の場合、自分の感情だけで書いてるので偏っている感じがするわ^^;

ほんとマーク王は魅力的だった。
元の話も気になりますよ。

>後半の、トリスタンには、もぉ〜

目が濡れていて、女性はたまんないデス
ソフィア・マイルズもいい女優さんだよね。
リドリー・スコット監督だと、また違うかも。
でもなんとなく彼の映画の雰囲気はでてたね。
ケヴィン・レイノルズ監督さんに注目したいわ!
アニーさん、おはよう! (アイマック)
2007-06-05 08:06:08
ロミジュリよりも悲恋でしたよねー。

>究極の悲恋話ではありますが、戦闘&それぞれの
>人物ドラマなども、織り交ぜられて見やすかったし
集中出来ました(∩.∩)

主要人物たちに共感できたことが大きいですね。
二人のどうしようもない愛もわかるし、王さまも人間ができた人だったし。
甥の人も気持ちもわかりますよ。

私もイゾルデはトリスタンとの愛は報われなくても、マーク王の愛で幸せになれたと思う。
トリスタンとの愛は切なさ過ぎますよ。
映像がよかったですね。

>一言、あのトリスタンの潤んだ瞳の中でアップアップ
>溺れたいぃ〜

トリスタン、愛の炎に焼き尽くされたね・・・・
あの瞳は私もやられました
こんにちは♪ (ひらで〜)
2007-06-05 13:58:54
TBありがとうございました。

ウルウルな瞳のトリスタンに溺れ、
心の広いマーク王に釣られました(笑)

究極な悲恋物語かも・・・・。 (mezzotint)
2007-06-05 22:45:39
アイマックさん
今晩は
昨年の秋に鑑賞したもので・・・。
ちょっと記憶が飛んでしまっています
でもイゾルデ役のソフィ・マイルズの美しさ
は今もくっきり頭に残っています。
トリスタン役のジェームス・フランコは、
スパイダーマンに出ている俳優さんと記事
に書きながら、すっかり忘れてました
ほんまに記憶力が減退そうそうマーク王役
のルーファス・シーウェルはホリディではずるいやつでした。そういえば、「パリ、ジュテーム」にも出演していました。コメントを書きながら記憶を辿っております。長々と失礼しました
こんにちは♪ (AnneMarie)
2007-06-06 12:21:44
私もマーク王に感情移入しちゃいました。
トリスタンもイゾルデもとってもキレイでお似合いだったし、とくにトリスタンの悲しげなアップにはググっときたよ。
でもでも、それ以上にマーク王がステキだったわ♪
えーっ!? (りら)
2007-06-06 19:59:58
あの嫌なヤツ、マーク王だったんですか!?
うわ〜、全然気づかなかったです。。。
すんごいギャップですね〜
ホリディを後で観たので、どっかで観たな〜と思いつつも最後までわからなかったですよ〜。
ひらで〜さん、こんばんは! (アイマック)
2007-06-06 22:52:10
ご訪問ありがとうございます!

>ウルウルな瞳のトリスタンに溺れ、
>心の広いマーク王に釣られました(笑)

二人とも魅力的な男性たちでしたね。
イゾルデがうらやましいな〜ってね^^
どちらかというと、恋人はトリスタン。
夫とするなら、マーク王かしら・・・
>究極な悲恋物語かも・・・・。 (アイマック)
2007-06-06 22:57:20
mezzotintさん、こんばんは!
いつもコメントありがとね〜

いやいや私もだいぶ前の作品だと、いくらいい映画だったとしても忘れてしまってることありますよー。^^;
ソフィア・マイルズさん、きれいな方でしたよね。
私の中ではジェームス・フランコは旬の俳優ですよ。
出演映画、見まくってますからね(笑)

「パリ、ジュテーム」にもマーク王は出ているんですか!
見損ねたので、DVD待ちかな
>こんにちは♪ (アイマック)
2007-06-06 23:02:20
アンマリーさん、こんばんは!
いつもコメントありがとねー。

やっぱりマーク王、いいですよね。
トリスタンの悲しげな目もそそられたけど・・・
若いからさ、歯止めがきかなかったね。
マーク王の愛で、イゾルデの傷ついた心は癒されたと思いたいね!
>えーっ!? (アイマック)
2007-06-06 23:07:37
りらさん、こんばんは!
コメントありがとねー。

マーク王、「ホリディ」のあの嫌な奴ですよ。
ルーファス・シーウェルは「ロック・ユー」でも適役だったし、
どうしても嫌な奴という思い込みがあったので
マーク王役は、失礼ですが意外な役でしたよ(笑)
でもとってもいい人だったね
おじゃまします (ピロEK)
2007-06-18 23:16:06
おじゃまします。
私は中世のヨーロッパが舞台の映画っていうのは盲目的に好き…そう思ってみてもやはり中にはハズレもあったりするんだけど。この映画は地味で低予算なのになかなか良かったです…ところで、アイルランドから10人程度(に思えるビジュアル)で攻めてくるのはリアルなんでしょうか、低予算だからなのでしょうか?

↑マーク王の人って「ロック・ユー」の敵の人なんですね。そういえば観たことあります。
こういう映画での配役が多いって事は、中世づらなんですかねぇ(?)

では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
>おじゃまします (アイマック)
2007-06-19 22:22:38
ピロEKさん、こんばんは!

地味ながら、大作でしたよね。
そういえばアイルランドからの攻めが小規模でしたよね・・
まあおとぎ話敵な感じもして、深く考えないことにしました^^;

ルーファス・シーウェル>こういう映画での配役が多いって事は、中世づらなんですかねぇ(?)

どうなんですかねえ。
「ホリディ」は現代劇でしたけど、プレイボーイの役がはまってましたよ(笑)
演技の幅のある俳優さんなのかな。
こちらこそ、どうぞよろしく!!
こんにちは! (由香)
2007-09-10 14:53:39
お邪魔します^^・
最近観たい映画が上映されていないのでDVDを観まくっています(笑)
この悲恋物語は、マーク王がいい人だったために、より一層切なさが増しましたね〜
いつもは嫌われ役の多いルーファスがとても良かったですぅ〜
勿論トリスタン役のジェームズ君の憂いを湛えた瞳にもメロメロでした〜
>こんにちは! (アイマック)
2007-09-10 23:44:30
由香さん、こんばんは!
いつもコメントありがとう♪

私も最近はDVD観まくりですよー。
今週末からは、劇場で観たいのがポツポツでてくるかな。
そうそうマーク王がいい人だけに、辛い恋物語でしたねー。
ありゃ、裏切れないもんね・・
ルーファス・シーウェル、珍しくいい人でしたねー。笑
ジェームズ君の妖しい瞳に、私もノックアウト・・♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

25 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
トリスタンとイゾルデーあの日に誓う物語 (晴れたらいいね〜)
観たかったんだよね〜、ジェームズ・フランコの騎士王道ラブ・ストーリーです。 ジェームズくん…(⌒┐⌒) じゅる画像てんこもりにしてしまいました トリスタンとイゾルデ 原題:TRISTAN + ISOLDE監督:ケビン・レイノルズ 出演:ジェームズ・フランコ&nb...
『トリスタンとイゾルデ』 愛は死より切なく、そして尊い。 (銅版画制作の日々)
東宝シネマ二条にて鑑賞『トリスタンとイゾルデ』はあの「ロミオとジュリエット」の原点となった史上最も美しい悲恋物語だそうだ。私もこのタイトルだけは記憶にあったが・・・。「ロミオとジュリエット」の原点とは知らずかの有名なシェイクスピアはこのお話を基に戯曲を...
【 トリスタンとイゾルデ 】 (肉球シネマブログ)
■2007/6/2日DVD発売 ■アメリカ制作 ■125分 ■監督 ・ケビィン・レイノルズ ■制作総指揮 ・リドリー・スコット ■出演 ・ジェームズ・フランコ(トリスタン) ・ソフィア・マイルズ(イゾルデ) ・ルーファス
『トリスタンとイゾルデ』 (Sweet* Days**)
製作総指揮:リドリー・スコット CAST:ジームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ 他 STORY:ローマ帝国崩壊後、アイルランドの支配下にあったイギリス。戦いで孤児となったトリスタン(ジェームズ・フランコ)は、領主の一人、マークに育てられ、腕の立つ立派な...
トリスタンとイゾルデ (2007 映画観てきました♪)
期待以上の映画でした。良かった良かった♪ 中だるみもなく 足を何度も組みかえることもなく ぐっとのめり込んで あっと言う間の2時間でしたわ。
映画 「トリスタンとイゾルデ」 (ようこそMr.G)
映画 「トリスタンとイゾルデ」 を観ました。 かの「ロミオとジュリエット」の原典となった物語、という惹句とおりの 王道の悲恋の物語なのでした。 時代は中世、イングランドとアイルランドが争っていた時代のお話。 中世モノの映画というと、いかに...
トリスタンとイゾルデ☆「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた (☆お気楽♪電影生活☆)
愛は死より切なく、そして尊い。 史上最も美しい、禁じられた愛の物語・・・。
トリスタンとイゾルデ (シャーロットの涙)
それはイギリスの暗黒の時代・・・ ワーグナーのオペラにもなっていて欧州ではメジャーな「トリスタンとイゾルデ」のお話。シェイクスピアはこれを元に「ロミオとジュリエット」を生み出すことに。 美しい素朴な自然の映像と共にそこに描かれるのは、やはり美しい悲劇。 ...
トリスタンとイゾルデ (悠雅的生活)
生は死よりも尊く、愛は死よりも尊い。
「トリスタンとイゾルデ」 (It's a wonderful cinema)
 2005年/アメリカ  監督/ケヴィン・レイノルズ  出演/ジェームズ・フランコ      ソフィア・マイルズ  ケルトの伝説として語り継がれてきたトリスタンとイゾルデの物語。シェイクスピアはこれを基に「ロミオとジュリエット」を執筆し、ワーグナーはオペ...
「 トリスタンとイゾルデ 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : ケヴィン・レイノルズ 出演 : ジェームズ・フランコ /ソフィア・マイルズ  /ルーファス・シーウェル   製作総指揮 : リドリー・スコット 「 グラディエーター 」 公式HP   ||  「 トリス
★「トリスタンとイゾルデ」 (ひらりん的映画ブログ)
「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた・・・なんてキャッチコピー。 ちょっと中世ヨーロッパの騎士もの・・って意外と好きなひらりん。
『トリスタンとイゾルデ』 (初鑑賞103本目・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (5段階評価で 3.5) 10月21日(土) 109シネマズHAT神戸シアター9にて 13:20の回を鑑賞。
トリスタンとイゾルデ(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
久々、はしごしちゃった。 「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 」の後、「トリスタンとイゾルデ」を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィッド・パトリック・オハラ 、...
トリスタンとイゾルデ (りらの感想日記♪)
【トリスタンとイゾルデ】 ★★★★★   2006/09/29  試写会 ストーリー トリスタン(ジェームズ・フランコ)は、コーンウォールの
トリスタンとイゾルデ (future world)
あの「ロミオとジュリエット」はここから生まれた〜〜 悲しく切ないラブストーリー・・・う・・ん、眠くなっちゃうかなぁ・・なぁんて思いながら、時間も都合よかったので観たんだけど、これがまた、ノーマークのわりにはいい!かなり良質な作品です。 舞台は5世紀...
「トリスタンとイゾルデ」 愛とは満たされる気持ちと不安な気持ち  (はらやんの映画徒然草)
トリスタン伝説はもともとはアーサー王伝説にも取り込まれたケルト民話の一つです。
トリスタンとイゾルデ (愛猫レオンとシネマな毎日)
この映画は製作総指揮を「グラディエイター」のリドリー・スコットが務め、監督を「モンテ・クリフト伯」などの文芸作品の名手として知られるケヴィン・レイノルトズを指名して完成させたもの。 舞台は暗黒時代のイギリス・・・ローマ帝国の崩壊のあと、イングランドの...
トリスタンとイゾルデ…の記事&オタク部屋を片付ける決意? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}部屋を片付けないといけません{/face_acha/} 数日前、息子の学校の家庭訪問が実施され、廊下の端に置かれていた私のオモチャ(ガンプラ・フィギュア)が嫁の手により撤去され私の部屋に{/face_ase1/} 今、かなり部屋がいや〜んなオタク部屋な様相を呈してお...
『トリスタンとイゾルデ』(2005) (【徒然なるままに・・・】)
随分と待たされたものである。 予定通りなら一昨年の秋にはお披露目の運びだったのが、手直しの追加撮影とやらで延期され、それでも昨年中には観られるかとも思っていたのに、結局日本へ入ってきたのは今年の秋。しかも公開劇場数はかなり少なく、その大半が僅か2週間程...
トリスタンとイゾルデ (to Heart)
ワーグナーの傑作オペラやシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の基にもなった悲恋の物語を映画化 製作年度 2006年 監督 ケヴィン・レイノルズ 出演 ジェームズ・フランコ/ソフィア・マイルズ/ルーファス・シーウェル/デヴィッド・パトリック・オハラ/ヘンリ...
トリスタンとイゾルデ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】コーンウォールの領主マーク(ルーファス・シーウェル)に育てられた騎士トリスタン(ジェームズ・フランコ)は、戦闘の末重傷を負い、敵国アイルランドに流れ着く。アイルランド王の娘イゾルデ(ソフィア・マイルズ)から献身的な介護を受けた...
トリスタンとイゾルデ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は死より切なく、そして尊い。』  コチラの「トリスタンとイゾルデ」は、10/21公開になったシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の原典になったイングランドの騎士トリスタンとアイルランド王女イゾルデの伝説を描いた映画なんですが、早速観てきちゃいま...
『トリスタンとイゾルデ』 (きぶんしだい)
           ジェームス・フランコ&ソフィア・マイルズ主演DVD『トリスタンとイゾルデ』を鑑賞 ●あらすじ● イングランドのコーンウォールの領主マーク(ルーファス・シーウェル)に育てられたトリスタン(ジェームス)は、敵国アイルラン...
トリスタンとイゾルデ (playt* cinema* art* )
トリスタンとイゾルデ監督 ケヴィン・レイノルズ出演 ジェームズ・フランコソフィア・マイルズルーファス・シーウェル製作 2006年 アメリカ時間 125分storyコーンウォールの領主マークに育てられた騎士トリスタンは戦闘で瀕死の重傷を負い、敵国アイルランドに流れ着...