神戸サンダーイーグルスの監督のブログ(ヤングリーグ)

兵庫県神戸市、三田市、宝塚市、西宮市、川西市、三木市を中心とする、ヤングリーグ所属チームの奮闘記です!

やればできる

2016年10月17日 | 日記




先週末は中学生は鈴鹿スーパージュニア大会(一年生大会)に出場し、小学生は尼崎大会の準決勝、決勝に逆転勝ちし、今シーズン二回目の優勝をはたしました。

結果よりも、小学生と中学一年生と中学二年生が三チームでそれぞれの目的に応じた活動を展開し、様々な成果を得られていることに価値を感じます。来年は小学生、中1、中2、中3の4チームを展開させるのが事務局としての大仕事。

この群雄割拠の硬式野球クラブを継続的に維持していくのは至難の技です。子供たちの選択肢も、野球、サッカー、バレー、バスケと多岐に渡ります。身近に選手がいなくなるので、広域に対応していかねばならないと考えます。一般的な発想かもしれませんが、受け皿となる方法をいくつか考えていますが、それはおいおい。

やればできる

野球を選んだ選手がいて、神戸サンダーイーグルスを選んでくれた選手がいます。

その選手やその球友のために自分ができることをやる。感謝の心をもって。

そんな理想と熱意をもって野球に取り組んできましたが、このメンバーで野球をすると、その時の初心に戻ることができます。



部員数の問題ではなく、一人の部員にどれだけ向き合って、上手くしたか?何を大事にしたか?やればできるを感じさせられたか?



秋季大会前にあえて一年生との時間をとって、じっくり試合の振り返りを兼ねて練習できたのは、私にとって貴重な時間になりました。

そして今一度、新一年生を迎え入れるにあたり、原点に戻って、何をすべきかを考えさせられました。

今週末は関西秋季大会です。中学部にとっては、「夜明け前の夜が一番暗い」タフな試合を覚悟した上で、夜明けも近い、最後の難関です。

小学部は、バファローズカップ代表権を獲得すべく、戦ってもらいます。

皆、体調を整えて、ベストな状態で試合に望みましょう。

神戸サンダーイーグルス
事務局兼中学部監督
安永 大輔
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/3 中学部体験会 | トップ | 三年生の厚い厚い厚い壁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。