欧州雑派

欧州各国の小説などの書評、映画評、音楽評、美術評、欧州旅行記など。

「終わりなき夜に生まれつく」、そして、「エティカ」

2017-05-03 | ※雑記

今日から「終わりなき夜に生まれつく」を、昨日から「エティカ」を読み始めた。2冊ともウエルベックの影響だ。

終りなき夜に生れつく (クリスティー文庫)
矢沢 聖子
早川書房

両方とも読書メモは書かないつもりだが、、、先のことはわからない。「終わりなき夜に生まれつく」は読みやすいし字が大きい。たぶん、数日で読み切るだろう。会話が多い。スラスラ読める。ジプシーが丘の秘密とは何だろう?p80/p347通過。

エティカ (中公クラシックス)
工藤 喜作,斎藤 博
中央公論新社

「エティカ」の意味は「倫理学」である。スピノザはスゴイかもしれない。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ある島の可能性」読書メモ ... | トップ | 「わたしはダニエルブレイク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

※雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。