欧州雑派

欧州各国の小説などの書評、映画評、音楽評、美術評、欧州旅行記など。

「ある島の可能性」の読書メモ 5 ~ ティヤール・ド・シャルダン

2017-04-03 | ウエルベック

ウエルベックは、セリーヌ、サルトル、ジュネを下衆連中と言っている。そうかなぁ。

花のノートルダム (光文社古典新訳文庫)
Jean Genet,中条 省平
光文社

また、ティヤール・ド・シャルダンを持ち出し、ショーペンハウアーの言葉を借りて、コケにしていく。シャルダンの思想を煮え切らない愚かな人生観と馬鹿にしている。

現象としての人間 [新版]
美田 稔
みすず書

そこで、ティヤール・ド・シャルダン(1881年~1955年没)の思想をネットで調べてみた。

  • テイヤールの思想は”キリスト教的進化論”と言われている。それは、テイヤールが古生物学上での人類の進化過程を研究した上での、人類の進化に関する壮大な仮説であるようだ。『現象としての人間』が彼の代表作。
  • ところが、進化論を承認していなかった当時のローマ教皇庁によって(テイヤールの思想は)否定され、危険思想・異端的との理由で著作は禁書となった。でありながら、『現象としての人間』は複写回覧されて、多数の人の読むところとなった。
  • 以下が、その”キリスト教的進化論”の概要。
  1. 宇宙は生命を生み出し、生物世界を誕生させることで、進化の第一の段階である「ビオスフェア(生物圏)」を確立した。
  2. ビオスフェアは、四十億年の歴史のなかで、より複雑で精緻な高等生物を進化させ、神経系の高度化は、結果として「知性」を持つ存在「人間」を生み出した。
  3. 人間は、意志と知性を持つことより、ビオスフェアを越えて、生物進化の新しいステージへと上昇した。それが「ヌースフェア(叡智圏」。
  4. 未だ人間は、叡智存在として未熟な段階にあるが、宇宙の進化の流れは、叡智世界の確立へと向かっており、人間は、叡智の究極点である「オメガ点」へと進化の道を進みつつある。
  5. 「オメガ」は未来に達成され出現するキリストである。
  6. 人間とすべての生物、宇宙全体は、オメガの実現において、完成され救済される。  
テイヤール・ド・シャルダン (聖母文庫)
竹田誠二
聖母の騎士社

まるで、SFや精神世界で泳ぐ一部の作家たちの思想に近い感じがする。宇宙精神と個々の人間の意識は統一される、、そのようなロジックが多い。自己啓発書の一部でもそのような思想を持つ者がいる。

 

しかし、ウエルベックも本作品では、宇宙人はもしかして未来人かもしれない、、というドキッとするようなことを登場人物に言わさせている。そういう視座からみると、ティヤール・ド・シャルダンの思想を案外馬鹿にしてはならない、、と思える。

 

本日、p98/537通過。続く。 

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ある島の可能性」の読書メ... | トップ | 「ある島の可能性」読書メモ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。