欧州雑派

欧州各国の小説などの書評、映画評、音楽評、美術評、フランス旅行記など。

Wilhelm Kempff plays Beethoven's Moonlight Sonata mvt. 3 ~本日の一枚 No36

2016-10-16 | 本日の一枚

Wilhelm Kempff plays Beethoven's Moonlight Sonata mvt. 3



Wilhelm Kempffの演奏は魔術師のようだ。

仕事の資料や仕事本を読むとき、勉強するときのBGMに、いろいろ試してみたが、BeethovenのPiano sonatasが一番良い。

ただ、厄介なのは、いつの間にか、仕事や勉強を右に置き、聴きこんでしまうことが頻繁に起こることだ。10分とか、その程度だが、、、。面白く感じるのは、集中できないときの印象と仕事や学習が波に乗って充実しているときの印象がガラッと変わるところだ。

自分の精神状態が反映されるのである。充実しているときは狂うほどのエネルギーを体中に浴びているのが分かる。そんな感覚に支配されている自分を知って驚く。精神的なエネルギーを補給してもらえる。凄いことだ。

いろいろなピアニストのPiano sonatas(Beethoven)を比較していくと段々と自分の好みが分かってくる。そして、ピアニストによって、こうも演奏が変わるものかと、感慨にふけることが多い。

ジャズやロックでは味わえない深さがBeethovenのPiano sonatasには潜んでいる。そして、Beethovenの凄さに圧倒される。

Beethoven: The 32 Piano Sonatas
Beethoven,Wilhelm Kempff
Dg Imports
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボブ・ディランにノーベル文... | トップ | 「ザ・ウォーク」映画評 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。