欧州雑派

欧州各国の小説などの書評、映画評、音楽評、美術評、フランス旅行記など。

ボブ・ディランにノーベル文学賞、そして、”Hurricane(ハリケーン)”

2016-10-13 | 本日の一枚

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞した。驚き、と言えば驚きだが、2010年9月、僕は本ブログに、以下のように書いていた。

「英ラドブロークス社のリンク先の最後に、Bob Dylanのオッズが1/150とあった。うひゃあ。誰がディランに賭けるのだ??」

⇒■Nobel Literature Prize - Odds - Haruki Murakami 

当時は、ボブ・ディランも何か(小説を)書いていたのかな、、、と思い、調べてみたけど何も書いていなかった。どうして??訝しく思っていた。

Bob Dylan - Azkena Rock Festival 2010 2.jpg
しかし、2012年、(ノーベル文学賞)発表前に、再び、英ラドブロークス社のオッズを見てびっくりした。なんと、オッズが11で2位まで上昇していたのである。

その時、本ブログ(2012/9/12)に、「本命は、ひょっとしてボブ・ディランかもしれない!」と書いていた。

 

その後は、今年も含めて、メディアが「今年こそ、村上春樹か?」と馬鹿みたいに騒ぐので、興味が薄れてしまい、オッズをチェックしなくなっていた。

「英ラドブロークス社」のオッズの(数年の)変化率を分析すれば、だれが受賞するのか、案外、当たるかもしれない。

今回の受賞は、ボブ・ディランの詩が高く評価されたそうだ。なるほど。

しかし、僕は彼の詩よりも、彼の(だみ)声とメロディが好きで、、、聴けば聴くほど彼のだみ声に惹かれていく。ボブ・ディランには不思議な何かがある。 

欲望
Sony Music Direct
Sony Music Direct

上のYouTubeはアルバム「欲望」からの1曲目で”Hurricane(ハリケーン)”。このアルバム、好きだなぁー!(^^)!

ボブ・ディランは大好きだけど、、、、ノーベル文学賞は、やっぱり作家に!、、、と思うんだけどなぁー。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シェイクスピア&カンパニー... | トップ | Wilhelm Kempff plays Beetho... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。